アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「花」のブログ記事

みんなの「花」ブログ


彼岸花その3

2017/09/25 08:08
昨日に続き高島市桂浜からの彼岸版の様子です。
夕陽に照らされる彼岸花の様子捕えて見たかったのですが?今一ですね。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0


彼岸花その2

2017/09/24 07:38
秋の彼岸頃に咲くのでその名前がついたというヒガンバナ(別名:マンジュシャゲ)は、高島市内でも湖岸や田んぼのあぜ道など、いたるところで見られます。
中でも、広範囲にわたって群生しているのが今津町の桂浜園地です。
群生する様子は、まるで真っ赤なじゅうたんを敷いたようです。
桂浜には、春はハマダイコン、秋はヒガンバナが琵琶湖を背景に見事に群生することから、カメラを手に訪れる人たちが増えてきています。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


彼岸花その1

2017/09/23 08:14
滋賀県高島市桂浜の彼岸花群生ちに出かけてみました。
まだ、8部咲きと言ったところだったでしょうか。
一時のころに比べると、花の数随分少なくなった感じをします。
撮影する人たちの、マナーが悪く、踏み倒されているのも、多くみられました。
今日は、近くの田圃の稲穂と彼岸花から紹介はじめます。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


今朝の朝散歩から

2017/09/22 16:41
毎朝の散歩の中で、いろんな花が頑張ってるか・・?と声をかけてくれるかのように、綺麗な花咲かせて見せてくれます。
そんな姿見るだけで、病の後の身体作り頑張らねばと、元気つけられます。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


白い彼岸花

2017/09/19 08:23
近くの家で白い彼岸花育てておられました。
チョット珍しかったので、おことわりして撮らせてもらいました。
画像

画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0


彼岸花

2017/09/18 15:20
田圃の収穫も終盤を迎え、各地で、要約彼岸花が咲いてきました。
最近は田圃の収穫時期が早まり、稲作と彼岸花をとらえるのが難しくなってきましたが、田圃の畦道や道路わきに真っ赤な、彼岸花が目を和ませてくれます。
画像

画像

画像

画像

画像

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


大鬼ハス

2017/08/23 07:36
先日、草津水生植物園に訪れた時よりも、一回り、大きく育っていました。
テレビの報道で子供が葉に乗っている様子があり、どんなになって、いるのか楽しみでした。
20キロくらいなら、十分乗っても耐えられるそうですが、あくまでも、管理の方付添での話です。
先日、尋ねた時には、咲いていなかった花も沢山つぼみを付け、咲いていてくれました。
オオオニバス(大鬼蓮)は、スイレン科の水生植物であり、非常に大きな浮葉を水面に展開することで知られています。
直径3m以上になる大きな丸い葉をもち、水面にその葉を浮かべていて、属名の Victoria は、イギリスのビクトリア女王にちなんで命名されたとされています。
画像

画像

画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


水鏡に映る睡蓮

2017/08/22 07:32
暑い中、草津の水生植物園に再度出かけて見ました。ハス、睡蓮の状況確認もう、そろそろ、終わりかな?思いながらの訪問でしたが、さすがに、ハスはだめでした。丁寧に睡蓮池の中で手入れされている中、水面に映る花が印象的でした。
画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0


鬼百合

2017/08/15 07:10
夏に咲く花で、 花びらには黒い斑点が目立、花の色や形から 赤鬼を連想させることから 「鬼百合」の名があります。
鬼百合には、二種類あり、むかごのあるものと、ないものがあります。

・鬼百合(おにゆり)
  茎に「むかご」がある種類
  (むかごは、茎の中程から、下の方につき、茎の上の方の花が咲くところにはつかない)

 小鬼百合(こおにゆり)
  茎に「むかご」がなく、鬼百合よりも、葉の幅が少しせまいです

画像

画像

画像

画像

画像
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


友禅菊

2017/08/13 07:35
京都市の郊外 左京区久多の里で、花卉組合が茅葺民家の残る休耕田を利用して、友禅菊を栽培しておられます。
可憐な紫色の友禅菊をワイド画面一杯に入れ、茅葺屋根の民家を背景にして広角で撮ると良い構図になります。
見頃は 7月下旬から8月中旬ですが、後半になるとお盆用の切り花として刈り取られます。
10本200円で販売もされていました。
先月、7月17日に尋ねた時には、まだ、つぼみ状態でだめでしたが、今回は満開、でも、☂あがりだったので・・・・
でも、☂滴のついた、友禅菊も良いかも・・・・
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像
記事へかわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


タイトル 日 時
ゴクラクチョウの花
ゴクラクチョウの花 南アフリカ原産のバショウ科の多年草です。草丈1〜2mほどに生長し、春と秋に茎の先に鳥の口ばしのような花を咲かせます。 2週間ほど花を咲かせ、枯れては咲くを6〜8回ほど繰り返します。 1872年より前に日本へ渡来し、現在は高級な切り花として人気です。丈夫で乾燥に強く、5度あれば越冬できる植物です。 風水では、丸い葉っぱを上向きに咲かせることから、リビングなど人のいる部屋に飾ると運気を高めるといわれています。人間関係や仕事運があがるかもしれませんね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/07/28 07:12
タイタンビカス
タイタンビカス 生育旺盛で強健な宿根草で、赤塚植物園で開発されました。 草丈が約2メートルあまりに成長し開花時期は、6月中下旬ごろより9月末まで、一日花で毎日かわるがわる咲き続けます。 一シーズンで1株あたり200輪以上咲かせます。ブライトレッド、ピーチホワイト、ピンク、ローズの4色があり、加えてプレミアムタイタンビカスとしてさらに別の4種があります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/27 07:47
ハスの花その2
ハスの花その2 梅雨の晴れ間、かんかん照りの暑い中、再び、草津水生水の森植物園にでかけました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/26 06:44
草津水の森のハスその1
草津水の森のハスその1 草津水生植物園のチョット変わったハスの花を紹介します。 名前、品種はわかりませんが常連のハスとはチョットちがいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/25 08:00
なぎさ公園ひまわり
なぎさ公園ひまわり 第1なぎさ公園は、比良山系の対岸の琵琶湖沿いにある自然公園です。 約4,000平方mの園内では、7月中旬頃(開花は短期間のため要問合せ)に約12,000本ものひまわりが見られます。 http://www.moriyamayamamori.jp/flower 「日本の渚百選」にも選ばれた湖畔のビュースポットで、琵琶湖や比良山系の絶景とひまわりを満喫できます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/24 11:45
近江妙連のハス
近江妙連のハス 近江妙連のハスは,花びらの先が赤くなる通常のハス<常蓮>が八重化し,1本の茎に,花びらの数2,000〜5,000枚,花の数2〜12もの花が咲く特殊なハスです。 また,常蓮は開花を繰り返し4日で散るのに対し,この妙連は一旦開花すると閉じることはなく,外側の花弁を少しづつ散らしながら20日近く咲いています。その後は,頭を垂らすようにして,立ち枯れます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/23 09:04
アガパンサス
アガパンサス 花の形は先端の大きく開いたラッパ型で横向きに咲くものが多いですが、下向きや上向きに花が開くものもあります。草丈は30cmくらいのコンパクトなものから1mを越す大型種まであります。 ユリ科の植物とされていますが、分類体系によってはユリ科から分離されたネギ科に分類されたり、さらにさらにそこから独立したムラサキクンシラン(アガパンサス)科とすることもあります。分類的にはあやふやな点の多い植物です。 以上HPより 先日、草津水の森水生植物園にて撮影した写真です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/12 14:23
タチアオイ「アルセア」
タチアオイ「アルセア」 タチアオイという名前の通り、頑丈に直立した花茎に沿っ. てたくさんの花を咲かせ ます。花色も赤やピンク、黄、紫など. 多彩です。しかし、従来のアルセアは草丈が背丈 を越えるもの. もあり、露地植えでの栽培が一般的です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/10 08:03
睡蓮(カラースケッチ)
睡蓮(カラースケッチ) 先日の草津水生植物園、チョットお遊びしてカラースケッチ風に撮ってみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/08 09:49
大鬼ハス
大鬼ハス オオオニバス(大鬼蓮)は、スイレン科の水生植物であり、非常に大きな浮葉を水面に展開することで知られています。 直径3m以上になる大きな丸い葉をもち、水面にその葉を浮かべていて、属名の Victoria は、イギリスのビクトリア女王にちなんで命名されたとされています。 アマゾン川原産で、花は夕方から咲き始め、はじめは白色ですが、翌朝にはピンク色に変化します。 残念ながら、花のさいている様子を見ることはできませんでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/07 08:09
睡蓮その1
睡蓮その1 草津水生植物園の中から今、見ごろの睡蓮の花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/06 09:36
ハスの花
ハスの花 草津市の水の森水生植物園、ここは、ハスの花の群生で有名でしたが、今は、その姿見る事出来ません。残念です。 でも、園ないには、睡蓮、ハス、また、他にもたくさんの花たちが、目を楽しませてくれます。 その中から、まず最初にハスの花を紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/04 08:23
紫陽花の花と雨滴
紫陽花の花と雨滴 紫陽花の花と言えば、梅雨のシーズンぴったりの花ですね。ここしばらく、雨が続いていますが、雨、止んだ合間にパチット写したものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/07/01 06:34
雨しずく
雨しずく 梅雨も本格化して雨続きのまいにちですが、我が家の盆栽の中の一つ、小判サボテンが元気に新しい芽をだしてきました。 そんな葉っぱにたまった雨滴をチョット写してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/30 09:49
昨日の続きから
昨日の続きから ここしばらく、守山の芦刈園での撮影アップが続いていますが、もう少しお付き合いください。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/29 08:09
再び、守山芦刈園へ
再び、守山芦刈園へ 昨日、再び、守山市芦刈園へ、雨模様の天気予報、チョット期待してでかけたものの予報はずれ、暑い一日でした。管理のおじさんに、スプリンクラーの稼働お願いしたのですが、他のお客さんがいると、水かかるとわるいからと、言われたのですが、少し、稼働させてくれました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/28 08:50
もりやま芦刈園紫陽花その3
もりやま芦刈園紫陽花その3 昨日に続いて、芦刈園の紫陽花風景です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/26 08:16
もりやま芦刈園その2
もりやま芦刈園その2 昨日に続いて、守山市の芦刈園から紫陽花の花をどうぞ・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/25 09:41
もりやま芦刈園その1
もりやま芦刈園その1 もりやま芦刈園は、世界のあじさいの殿堂と言われ、西洋と日本のあじさい約50品種以上・1万本が植栽されています。水辺に親しめる憩いの場もあります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/24 10:09
あじさい
あじさい 梅雨に入りアジサイの花の季節になりました。 各地のあじさいはどんな感じかな?我が家の庭にさいているあじさいをチョコットアップしてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/23 07:37
野に咲く花
野に咲く花 畑の棚田撮影の合間に、見つけた野に咲く花です。 山藤もまだきれいに咲いていました。 帰りにブドウ畑のハウス風景も見つけました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/26 07:43
オオデマリ
オオデマリ 我が家の小さな花畑にさいているオオデマリです。 オオデマリは初夏の青い空を背景に、真っ白なボール状の花を咲かせる落葉低木です。オオデマリはヤブデマリ(Viburnum plicatum f. tomentosum)の花(ガク咲き)が、すべて装飾花(手まり咲き)になったもので、英名はジャパニーズ・スノーボール(Japanese snowball)です。 ヤブデマリは日本の本州以南から九州、また台湾から中国大陸に分布します。花序はガクアジサイに似て、中心部に小さな両性花(雌しべと雄しべをもち、普... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/12 14:10
朝の散歩から
朝の散歩から あったかくなって来て、朝の散歩の中でもいろんな花が沢山咲いているのを目にします。 その中から・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/10 12:17
大型連休も終わって
大型連休も終わって 今の、自分(年金暮らし)には関係ないかも・・・・ 大型連休も終わり、今日から、普段の生活が戻ってきました。孫たちも、朝早くから、準備にバタバタ・・・ 昨日の朝、散歩の中で見つけた、藤の花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/05/08 07:30
再び、大原の花尻へ
再び、大原の花尻へ 落ち椿の様子を見に先日、尋ねた時、あまりにも、無残な状態でいつもの落ち椿の様子、見ることが出来ず、今回は、どうかな?再度、尋ねて見ました。 やはり、今年の開花状況が悪いのか?昨年までのような、椿の花のジュウタン残念ながら・・・・・また、来年、尋ねて見ようかと思います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/17 07:02
神田神社の桜
神田神社の桜 今年の桜も、昨夜の雷雨でそろそろ終わりかな? 先日の取り置き写真から、なぞの神田神社?もともと、この、神田神社が本家本元です。あまり、多くないけれど、春は桜が一番ですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/16 07:19
普門神田神社
普門神田神社 なぜ、同じ、大津市真野に同じ名前の神田神社があるのだろうか?以前から、疑問の一つでありました。 昨年、秋も訪れ、紅葉した景色が池に写し出され、きれいでしたので、春はどうかな?・・・と再度訪ねてみました。 春も、桜満開で素敵な、心落ち着き、ホットさせてくれました。 しかし、先に述べた疑問点は、そのまま、そこで、もう一つの神田神社を訪ね、宮司に質問、やっと、なぞ、解決です。 昔、真野普門地区の皆さんが神田神社から、分社して現在の地に祭られたのが経緯で、他にも、分社して同じ名前の神社があるとの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/15 07:22
地元、里山の桜
地元、里山の桜 昨年より、約1週間遅れの桜、満開となった昨日、お天気も久しぶりにきれいな青空を見せてくれました。 地元、里山から眺める比良連邦の残雪と桜満開の風景は如何でしょうか? 例年、桜満開の時期には、比良連邦、雪の姿ありませんが、今年は、多かった雪がまだ、ビワコガレー付近で見る事できます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/14 06:52
奈良吉野の桜状況
奈良吉野の桜状況 4月3日現在の奈良吉野、中千本付近の桜はまだ、つぼみ固く、開花まで、後少しの様子でした。 満開は、随分、遅れている様子で12〜13日ごろかな? もう一度、尋ねてみたいなぁ・・・ 中千本展望台からの3日現在の様子です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/06 07:30
奈良吉野の梅の花
奈良吉野の梅の花 JR湖西線・近鉄奈良線(樫原神宮駅で吉野線に乗り換え)そして、ようやく吉野駅に到着、ここからが大変です、また、バスにのり15分あまり、ようやく中千木の駐車場に到着、ここまでで約3時間かかりました。ここからは徒歩です。歩く事、(登り坂で大変です)約1時間やっと、展望に到着、でも、今年の桜、開花遅く、4月3日現在でつぼみ状態、咲いているのは、梅の花が満開の状態でした。 例年ですと、満開の時期だそうですが・・・今回は別の目的で来たので、桜は、次の機会に楽しみを・・・・ まずは梅のはなの様子をどうぞ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/05 07:58
新年度の始まりと桜の季節
新年度の始まりと桜の季節 4月2日、今年も、早くも、新年度のスタートです。 雪の多かったこの冬、春の訪れも随分遅れているようです。 毎年、桜の季節待ち焦がれて、あちこち、撮影に出かけるのですが、我が家の前の桜、開花まで、まだまだ、かかりそうです。 ちなみに、昨年の4月2日の三井寺疎水のライトアップはもう、満開でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/04/02 07:43
京都大原花尻の落ち椿
京都大原花尻の落ち椿 毎年訪れるところで藪椿が群生していて、見事に落ち椿の姿を見せてくれる場所ですが、今年は、まだ、少し、早いのか?何時もの光景見る事できませんでした。 場所を紹介すると、高野川に架かる花尻橋のたもと花尻の森にある。花尻橋は、現在の地名では八瀬花尻町から大原戸寺町に架かった橋です。 この御旅所は藪椿が群生していて、春の落ち椿の名所としても知られる。また、「乙が森・おつう伝説」もこの辺りではよく知られた昔話しらしいです。(HPより) そこは、そのおつうが身投げしたと伝わる女郎淵が、花尻橋の架かる辺... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/26 07:48
あせび 「馬酔木」
あせび 「馬酔木」 春の訪れとともに、我が家の「あせび」の花が満開となっています。 ツツジ科の常緑の大形低木で1m〜4mになります。 関東以西の山野に自生し,庭木としても利用されます。 早春,壺形(つぼがた)の白い小花を枝先に総状に多数つけますが、有毒で,馬が食べると麻酔状態になるというので「馬酔木」と書きます。 葉は殺虫剤に,材は細工物に利用されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/23 06:50
ザゼンソウ
ザゼンソウ 今年の大雪で先日訪ねた時には沢山の雪の中、ザゼンソウの姿、見る事出来ず、残念、その後の、チャンス逃して、今年は、見る事出来ないかと思っていた、やさき、3月に入っての湖北、湖西地方に大雪警報発令・・・・これはチャンスと出かけてみましたが、現地では前の大雪の影もなく、おまけに、雨の中、雪のないザゼンソウを楽しんできました。現地の人の話では、少し、開花遅れたけれど今が、一番の見ごろだとか?降りしきる雨の中、なにも雨対策していなかったので、雨にカメラかばいつつ、撮影、でも、平日にもかかわらず、沢山の人人... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/11 07:39
京都北野天満宮その3
京都北野天満宮その3 昨日に続き、北野天満宮の様子から、今日は、梅の花の様子をどうぞ・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 07:44
京都北野天満宮その1
京都北野天満宮その1 そろそろ梅の花が満開近くかな?そんな思いで出かけてみました。 ちょうど、日曜日そして、大安、沢山の人、人でごったえしている中、じっくり、久しぶりに、梅の花たのしませてもらいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/01 07:36
梅の花(石山寺その3)
梅の花(石山寺その3) 大津市のなぎさ公園では早くも、河津桜が開花したとかそして連日の日替わりお天気、あったかくなったり、寒くなったり、もう、身体ついていかないですね。 でも、梅の花は、まだまだ、これからです。先日取り置きの石山寺から、チョットソフトに仕上げて見ましたが、仕上がりは、いまいちです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/22 07:19
石山寺その2
石山寺その2 ちらほら咲きの梅の花を見ようと沢山の人が訪れているなか、ゆっくり写せたらいいかな?・・・そんな思いに中やはり、三脚据えての撮影は、気をつけねば、ならないですね。昨日に続いて梅園の中から・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/21 07:20
石山寺
石山寺 大津市民の特権、毎月、第三日曜日は、市内の神社仏閣施設のフリーパス利用して石山寺へ梅の開花状況、見に出かけてみました。まだまだ、三分咲きといったところです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/20 07:03
守山なぎさ公園その2
守山なぎさ公園その2 昨日に続いて、なぎさ公園の残雪の比良連邦と菜の花風景です。 比良連邦の中腹にすじ雲が発生しているのが印象的でした。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/26 07:20
守山なぎさ公園
今、この場所はテレビ、新聞でも連日、報道され冬の風物詩として有名です。 ここの菜の花「寒咲き花菜」は残雪の比良山系をバックに沢山の人々が訪れ大にぎ逢いでもあります。 連日の雪でなかなか、カメラもって出かける事出来ない中少しの晴れ間の中出かけてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/25 07:44
スポットの中の秋
フイルター探ししている中で、チョット変わったフイルターを発見、値段も安価だったので早速購入・・・ 何枚か、試し撮りしてみました。使い方で面白い写真写せるかも? まだ、利用の仕方わかりませんが・・・・ ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/09 07:48
百日紅
毎朝の散歩中で良く見かける花があります。百日紅の花です。 「約100日間、  ピンクの花を咲かせる。」のが 名前の由来で、 約3ヶ月間、 夏から秋まで咲き続けます。  実際には、一度咲いた枝先から 再度芽が出てきて 花をつけるため、 咲き続けているように見えます。  花はしわしわの形で白い花もあります。 「猿滑」とも書き、 ”幹がスベスベで、猿も登れない”ところからの名前の由来です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/17 07:05
ひまわり
夏の花と言えば昨日の朝顔、そしてひまわりがあげられますね。 朝の散歩の途中、草原の中に自然にそだったのでしょうか?ひまわりの花をみつけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/15 07:11
朝顔の花
幼稚園に行っている、孫二人が育てて居る朝顔の花が毎朝たくさん花を咲かせてくれています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/14 07:04
鬼百合
朝の散歩途中にまだ、咲いていました。 古い時代に鱗茎を食用にするため渡来したものらしい。朝鮮南部が原産地と考えられている。古くから栽培され、北海道〜九州の人里近くにしばしば野生している。茎は高さ1〜2mになり、暗紫色の斑点がある。茎の上部にははじめ白い綿毛がある。葉は互生し、長さ5〜18cm、幅0.5〜1.5cmの披針形〜広披針形で先はとがる。葉には柄がなく、基部に黒紫色の珠芽(むかご)ができる。茎の上部に直径10〜12cmの花を4〜20個つけ、横向きまたは下向きに咲く。花被片は強く反り返... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/02 07:51
ネジバナ
我が家の鉢植えのネジバナが今、かわいい花を咲かせてくれています。 ネジバナは低地から亜高山帯までの、芝生や湿地帯の明るい場所に普通に見られる多年草です。葉は濃い緑色で根元に集まってつき、1〜8本の株立ちになります。地下には多肉質の太い根が10〜15cmほど伸びています。株の中心から高さ15〜40cmの花茎をまっすぐに伸ばして、らせん形に花をつけます。1つの花は5mm弱ですが、明るい桃色と独自の形で目立ちます。花後、タネを散らすと株は一時休眠して、その後、芽を出します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/19 07:10
今日も頑張って・・・・
いつもの様に熱くならない間に朝のリハビリ、散歩に出かけました。 まだ、15分が限度の回復状態、少しずつ、頑張りたいと思います。 途中、少し、終わり気味のねむの木の花がぎりぎり・・・・最後の姿見せてくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/07/18 07:25
時計草
我が家の鉢植えにしていた時計草が大きくなって垣根のようになってしまった だから、沢山、花をつけて楽しみ一杯です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/06/12 07:07
坂本、西教寺の新緑
以前、尋ねた時の参道のつつじがとても、印象的だったので、一年ぶりにたずねることにしたのですが・・・・今年は、非常に残念な結果になりました。 西教寺の参道は秋の紅葉、春先の桜、そして、この時期のつつじがとても楽しみにしているのですが、穴のつきぐわいがすくなく、手入れをしている方の話でも、今年は、花芽が少ないね・・・とのことでした。 でも、新緑はとてもすてきでしたよ。 まずは、参道のつつじから、ごらんください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/09 07:00
草津内湖のスイレン
三大神社の藤を見た、帰りに発見、スイレンの咲いているのをみつけました。 カモも住み着いているのかのんびり遊んでいましたよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/06 06:51
草津三大神社の藤その2
昨日に続いて、三大神社の藤です。 沢山、ミツバチが花に集まっていたので、藤の花とみつばちチャレンジしてみたのですが、むつかしいですね。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/03 07:04
草津三大神社の藤その1
草津の三大神社の藤、新聞での報道を見て、さっそく、出かけてみました。 沢山の人、人・・・お祭りがあるのか?祭礼の準備をする人たちも沢山みうけられました。 肝心の藤の花、ちょうど、盛りでよかったですよ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/05/02 10:54
我が家の八重桜
もう、すっかり、桜の話題はなくなって新緑のシーズンとなりました。 しかし、我が家の八重桜、今が満開一番の見ごろとなっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/24 07:29
日野のしゃくなげ
前日のテレビ報道で、すでに満開のニュースを見て早速出かけてみました。 鎌掛谷の南側のアカマツ林の間に生育しています。昭和6年(1931)に国の天然記念物に指定された、このシャクナゲはすべてホンシャクナゲという種類のもので、7弁7裂・14雄しべを持つ美しい淡紅色(たんこうしょく)の花を咲かせます。口の割谷から女木谷にかけて特に多く自生しており、斜面約4万平方メートルに約2万本の純木をなしています。本来が高山植物であり、鈴鹿山系でも標高800mから1000m付近の高所に見られるのが普通ですが、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/21 07:26
白い花のたんぽぽ
しろばなたんぽぽ(白花蒲公英) 多年草 【きく科たんぽぽ属】 沖縄 を除く関東以南. 4〜5月咲 道端や野原に生える 花径は4cm大程度 陽が沈むと花は 閉じる 種が風に飛んで繁殖し多数群生する そうです。 田んぼの土手にひっそり、咲いていた珍しい、白い花のたんぽぽです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/18 07:11
散り桜第2弾
ついに、桜シリーズも最後になりました。 何時もの散歩コースの中の散り桜、用水池の散り浮かぶ、桜の花びら、いろんな姿で楽しませてくれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/17 06:57
桜も散りはじめました
華やかに、私たちの目を楽しませてくれたあの桜ももう、すっかり葉桜となってしまいました。先日、京都、山科へ出かけた時に写したもので、京都、山科の疎水周辺の散り桜です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/16 07:08
新知恩院の桜
昨日に続き、取り置きの写真からです。 我が家の檀家寺、新知恩院の桜です。 いつも、尋ねる、お寺でありながら、今回、撮影頼まれ、じっくりお寺の回り、見せてもらって、初めて、檀家寺の良さを感じました。もう、まもなく、お世話になるかもしれないのに・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/15 07:17
琵琶湖バレーの桜
今日からは、今までの取り置きの写真からアップしていきたいと思います。 先日、二人の孫の子守をかねて琵琶湖バレーに出かけてみました。 山の上は桜、見る事できるかな?・・・と思いましたが、しかし、チョット、さすがに寒く、風も強く、最悪、それに、桜は、もう遅く見るのには、残念な景色でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/14 07:15
仰木の1本桜
大津市仰木の馬蹄形の棚田があります。そのそばに、昔からすばらしい桜の季節、綺麗に花咲かせてくれます。 しかし、最近、野生の獅子,鹿、サルなど農作物に影響が出るためすっかり、柵がはりめぐされ、せっかくの桜が残念です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/13 07:30
琵琶湖疎水と菜の花
琵琶湖疎水のそばに地元住民と近くの高校生がボランテイアでこの桜咲くシーズンに合わせて菜の花を育てています。今が見ごろの風景です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/12 07:26
伊香立の桜、そのA
桜をバックに比良の山です。 何時もの散歩の中で見る風景、一番、楽しみな場所です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/11 07:38
伊香立の桜その@
桜の開花から追っかけている、朝の散歩コースの桜が見ごろを迎えました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/10 07:32
濃霧の朝桜風景
何時ものように起床、祖と出てびっくり、すごい霧、視界50メートル・・・・? こんな日の桜、どのように映るかな?さっそく、カメラもって朝の散歩でかけました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/09 08:23
百瀬川上流のコヒガンサクラ
湖北から湖西へたどる途上には有名な桜の名所『海津大崎』がありますが,この奥琵琶湖、海津大崎を避けて、観光客の少ない地で桜を追いかけています. こは、初めて訪れた百瀬川上流の山腹を染めるコヒガンザクラ風景です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/08 07:18
琵琶湖疎水ライトアップ
2016年4月2日(土)から4月13日(水)  PM18:30からPM21:30 の間、近江八景の「三井の晩鐘」として、また関西屈指の桜の名所として名高い三井寺と琵琶湖疏水が境内に1000本以上の桜が咲き乱れる三井寺と琵琶湖疏水に揺らめく桜が鮮やかにライトアップされ、幻想的な夜桜の世界が広がります。早速、見学に出かけてみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/07 06:44
高島・酒波寺のエドヒガンサクラ
昔、周囲の谷川に村人を困らせる大蛇が棲んでおり、酒を呑ませて退治をしたことから、この地を酒波(さなみ)と呼ぶようになったといいます。寺名も同じ由来です。参道の長い山裾のお寺で、春になるとエドヒガン桜やソメイヨシノが見事に咲きみだれ、参拝する人々の目を和ませてくれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/06 07:34
竹生の桜
竹生島を遠望できる良地にあるので名付けられた。 びわ湖高島観光協会によれば、樹齢約250年のアズマヒガンザクラで、この桜の木のある場所から琵琶湖に浮かぶ竹生島が見えることから、竹生の桜(ちくぶのさくら)と名付けられたとあります。残念ながら竹生島見ることはできませんでしたが・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/05 07:56
「清水(しょうず)の桜(通称、夫婦桜)」
高島市今津町深清水に立っている二本のエドヒガンザクラ。 それぞれ濃紅色と淡紅色の紅白を呈し、まるで夫婦が長い年月ずっと寄り添うように並び立っていることから、地元では「夫婦桜」と称されて親しまれている。 樹下には墓地が点在する墓守の桜である。 推定樹齢は約300年。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/04 07:24
エドヒガンサクラ
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/lqok1ah4fiw5 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/03 14:11
花尻の森、落ち椿
毎年尋ねる、京都大原、花尻の森の落ち椿です。 いつ訪ねても、必ず数名のカメラマンと出会うほど、落ち椿では有名?な場所です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/02 07:05
開花2日目の桜
開花2日目の伊香立の桜・・・ 今朝は、小雨、でも、桜の花、確実に花びら広げています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/04/01 08:12
ようやく開花です
3月31日、ようやく、地元、伊香立の桜が開花です。 これから、各地の桜だよりも、活発化しそうです。 カメラかついで忙しくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/31 08:05
3月28日(月曜日)
今朝の朝は暖かい散歩でした。 東の空は厚い雲におおわれていましたが、遅くからいつものように朝日が顔を見せてくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/28 07:51
比良八荒
湖国に春の訪れを告げる恒例の法要「比良八講(ひらはっこう)」は、例年3月26日に大津市と周辺の琵琶湖で営まれ、僧りょや修験者らが、比良山系から取水した“法水”を湖面に注ぎ、物故者の供養や湖上安全を祈願する。  この法要は、比叡山僧が比良山中で行っていた修法。法華八講(ほっけはっこう)という天台宗の試験を兼ねた大切な法要で、戦後に復活された。  この法要のころに寒気がぶり返し、突風が吹いて琵琶湖が大荒れになる。これは琵琶湖と比良山の温度差で突風が起こるものであるが、これを人々は「比良八... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/26 07:39
散歩途中で見つけた春の花
散歩途中でいろんな春の花、目にするようになりました。 見つけた、いろんな花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/23 07:26
まもなく桜の開花
3月21日東京で平年より5日早く、桜の開花とか・・・ ここ、大津の桜もつぼみが、随分、大きく、膨らんできました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/22 07:44
3月10日(木)朝の内晴れのち曇り
4日ぶりに朝日、顔、見ることができました。 少し、寒い、風のきつい朝にはなりましたが、東の空には、綺麗な朝焼け、そして、6時27分朝日みることができました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/10 08:14
3月9日(水)曇り
すっきりしない、お天気続き、今日は寒さも、少しもとに戻ったよう・・・・ 椿の花が咲きだし、春の訪れが少しずつ、つかずいているようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/09 07:45
3月8日(火)曇り
今朝も暖かい、どんより曇り空散歩には歩きやすいけれど、時間過ぎると、少し汗ばむくらいでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2016/03/08 08:17
3月7日(月)曇り
どんより、曇り空、暖かい朝でした。 久しぶりに、朝の散歩で汗をかいてしまいました。 今日は、先日、3月に入っての積雪があった後、高島市のザゼンソウを見に行ってきました。 雪の中のザゼンソウを楽しみに出かけたのですが、意外と積雪少なく期待外れでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/07 07:42
3月6日(日)曇り
今朝の散歩はどんよりした曇り空でも、夜明けはずいぶん早くなったし、今日は暖かい朝でした。 でも、朝日はほんの少しの間、顔のぞかせてくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/06 08:40
3月5日(土)小雨のち曇り
今日は、雨模様の朝、なにも、ネタなく、昨日に続き北野天満宮の梅です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/05 08:21
北野天満宮その2
昨日に続き、北野天満宮の梅です。 ここでも、外国人(特に中国)の観光客が多いのにはびっくり、まるでよその国を観光しているみたいです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/04 08:34
北野天満宮
今年二度目の梅の花の撮影です。 先日、尋ねた時は、先はじまったころ、満開を楽しみにたずねてみたのですが、今日で五分から七分咲きといったところでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/03 08:07
2月24日(水)みぞれ  北野天満宮の梅
みぞれ交じりの雪の朝となりました。 まわりの景色も何も見えません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 08:24
2月14日(日曜日)
予報天気の通り大荒れの朝となりました。 最近、お天気、予報良くあたります。 今朝の散歩はおかげさまで、雨でずぶぬれとなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/14 08:23
洋らん展
草津水生植物園では洋ラン展が開催されています。 たまたま、出かけた会場で素晴らしい作品を見せていただく事できました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/13 09:27
守山「なぎさ公園」
今年の冬は暖冬・・?かんざき花菜もすでに満開すぎて、残念です。 例年ですとバックの比良連邦は白く雪化粧しているのに今年はわずかに琵琶湖バレーの人口雪が見える程度・・・・それでも駐車場は満車沢山の人・人・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/12 08:22
守山「芦刈園」
梅雨空にもっともよく合う花は、やはりあじさいですね。 先日の日曜日、孫たちをつれて守山「芦刈園」のあじさいを見に行ってきました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/18 07:13
琵琶湖大津館バラ園
今年の花は平均1週間早めの様ですね。 いつも、この時期訪れる大津館も少し早目の開花のようです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/07 10:34
平池のかきつばた
6月1日現在7〜8分咲きの平池。 AM5時すでに沢山のカメラマンでにぎわっていました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/06 15:59
海津大崎の桜
今年の桜撮影も雨、雨に悩まされ最後のチャンスを「日本のさくら名所100選」にも選ばれてい る海津大崎の桜を湖上からと出かけて見ました。樹齢70年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸延々約4kmにわたり桜のトンネルをつくります。例年、見頃は4月10日前後となり、近畿圏では遅咲きの桜名所として知られています。海津大崎は、琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」としても知られる景勝地で、びわ湖随一の岩礁と、湖の碧、遠くに望む竹生島、その景色のコントラストは美し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/16 16:04
野うるし
高島市新旭の針江の湿地に生え、大群落を形成しています。高さは30〜40センチになり、茎は太く、葉は狭長楕円形から披針形で互生します。4月から5月ごろ、茎の先に倒披針形の葉を5個輪生し、葉腋から枝をだして杯状花序をつけます。花序の下の苞葉は、黄色く着色します。また子房にはいぼ状の突起があります。和名は、切り口からでる乳汁に触ると、皮膚かぶれを起こすことからだそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/04/14 15:12
京都宝ヶ池
京都の宝ヶ池にて、小さな春の訪れ発見・・・でも、この花名前わかりません。 今の時期だと桃?梅?桜はまだまだ早いから・・・・・・ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/03/08 07:47
ざぜん草
http://ping.blogmura.com/xmlrpc/lqok1ah4fiw5 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/16 14:24
守山「なぎさ公園の菜の花」
毎年訪れる場所です。 今年は孫の子守がてら、訪ねてみました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/01/13 16:24
草津水生植物園温室から
植物園のハス撮影のついでに温室にも立ち寄ってみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/02 07:16
近江妙連のハス
近江妙連のハスは,花びらの先が赤くなる通常のハス<常蓮>が八重化し,1本の茎に,花びらの数2,000〜5,000枚,花の数2〜12もの花が咲く特殊なハスです。  また,常蓮(通常のハス)は開花を繰り返し4日で散るのに対し,この妙連は一旦開花すると閉じることはなく,外側の花弁を少しづつ散らしながら20日近く咲いています。その後は,頭を垂らすようにして,立ち枯れます。  しかし,おしべ・めしべが無く種子ができないため,地下茎(蓮根)でしか繁殖できません。 このことは,妙連が環境変化に弱... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/08/01 07:15
ひまわり
例年、訪ねるひまわり畑です。 琵琶湖大橋の東側守山にきれいに咲いています 今年は暑さ、厳しいためか、もうすでに花の盛りは済んでいる感じでした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/31 11:03
スイレン
草津志那中神社の御旅所にある、スイレン池にて。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/30 07:34
烏丸半島のハス
久しぶりに、草津の烏丸半島、水生植物園水の森へ出かけてみました。 夏休みでもありか、沢山の見物客でにぎわっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/07/29 14:51
みつばつつじ
北小松の山林(元気村周辺)にみつばつつじが沢山さいていました。 ミツバツツジ類は、4-5月頃に咲く紅紫色の花が美しい。花が終わってから葉が出てきて、枝先に三枚の葉がつくことからこの名前がついたとか? ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/16 07:33
落ち椿
京都大原の落ち椿、最近人気急上昇沢山のカメラマンの中での撮影となりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/15 07:35
酒波寺
 JR近江今津駅の北西約4.5km、山麓にある真言宗智山派の寺です。 奈良時代に行基によって開かれ、観音堂の素晴らしさは、遠く都の人々の噂になるくらいであったと伝えられています。  境内は、山腹を利用し、本堂・書院・庫裏・護摩堂・鐘楼などが、古寺らしいたたずまいを見せています。 参道の長い寺院で、春になると桜の花が見事に咲き乱れ、参拝する人の目をなごませます。 昔、周囲の谷川に村人を困らせる大蛇が棲んでおり、酒を呑ませて退治をしたことから、この土地を酒波(さなみ)と呼ぶようになった... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/14 07:33
徳勝寺(北小松)の枝垂桜
徳勝寺(大津市北小松)の境内に咲く枝垂桜が見事です。 エドヒガン桜の種類で樹齢は150年。このお寺は地元では北の寺(きたのてら)と親しまれています。 薬師堂があり、地元ではお薬師さんと呼ばれ、薬師如来が祭られています。 しだれ桜は少し、遅かったかも?でも、まだまだ、ソメイヨシノや椿など近くの元気村の桜など、楽しむ事できました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/13 07:30
京都岡崎公園から
もう、すっかり散り桜となった岡崎公園の満開時の風景です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/12 07:32
桜満開その3
山科疎水の桜一燈園周辺より ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/11 07:25
彼岸花
自然の力ってすごいですね。 今年の猛暑で彼岸花の開花もどうなるか?心配はしていましたが、やはり、予定どうり開花してくれました。 この花が咲くともう、秋の季節カメラ片手に出かけるのが楽しみになります、 すっかり、秋の取入れが済んだ、たんぼの土手に彼岸花が赤くならんで咲いています。 近くにこれも秋の花、ススキが穂を出してきました。 お月さんとススキも絵になりますが、彼岸花とススキもいいですね。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/23 06:30
カサブランカ
2013年8月1日(木曜日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/08/01 06:30
守山なぎさ公園より
2013年7月31日(水曜日) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/31 06:37
草津水生水の森のハス
ちょうど、見ごろだったのかな?水の森のハスです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/30 06:43
函館山ゆり園その3
ゆり園3回目魚眼編集でご覧ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/07/29 06:26
函館山ゆり園その2
2013年7月28日(日) 今年から、新しい乗り物「天空トレン」も登場してゆり園散策が楽しくなりました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/28 06:37
函館山ゆり園その1
2013年7月27日(土) 今、見ごろを迎えている、函館山ゆり園です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/07/27 06:59
雨上がりの花と風景
2013年6月27日(木曜日) 昨日の大雨も、上がり少し晴れ間が見えてきました。 散歩の途中で見つけた景色と花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/27 09:31
ねむの木
2013年6月24日(月曜日) 朝の散歩中きれいに「ねむの木」が花を咲かせていました。 辞書を引いてみると、開花時期は、 6/15 〜 9/ 5頃で7月後半頃は花が途絶えるが、 8月になると再び咲き始めて、・日当たりのよいところに生えているとのこと。 夏の夕方に、 かわった紅の花を咲かせ、花は化粧用の刷毛(はけ)に似ている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/24 09:03
芦刈園の「あじさい」その3
2013年6月22日(土曜日) やっと、雨もあがり、久しぶりの青空の朝をむかえました。 芦刈園の「あじさい」も、盛りをすぎましたが、三回目ごらんください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/22 06:49
芦刈園の「あじさい」その2
2013年6月21日 昨日に続いて守山、芦刈園の「あじさい」です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/21 06:43
芦刈園の「あじさい」その1
2013年6月20日 滋賀県守山市の「芦刈園」ここには世界の珍しい「あじさい」がそろっています。 あまりの数の多さになかなか、すべて紹介できませんが、数回に分けて紹介します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/20 06:43
あじさい
2013年6月18日(火曜日) 一向にふりそうにない今年の梅雨? 天気予報ではようやく、今日の午後あたりかr雨模様?我が家の畑も水不足・・・・・ 雨に良くにあう我が家のあじさいの花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/18 10:15
トケイソウ
見事に時計そっくりの花です。 我が家のちっちゃな、ちっちゃな花壇(雑草畑かな)に沢山のつぼみをつけてくれました。 はじめての開花です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/15 12:04
花しょうぶ
高島市安曇川の風車村ここに花しょうぶがあります。 今の時期、ルピナスが終わり花しょうぶの時期には少し早いですが、結構沢山の人でにぎわっていました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/11 06:51
平池カキツバタ(その2)
昨日に続きパート2です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/10 06:31
平池のカキツバタ(その1)
昨日、仲間と平池のカキツバタを撮りにでかけました。 満開まで、あと一息と言う所でしたが、遠くから平池フアンが訪れにぎわっていました。 なかには、朝6時に家を出たんだよ・・・と言う、尼崎からの人たちもいました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/06/09 06:52
琵琶湖大津館
旧琵琶湖ホテルで有名ですが、今は各種催しものが開催されています。 また、庭園ではバラ園としても知られていますが、残念にも「バラ」の盛りはすぎていました。 庭園、周辺の景色ご覧ください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/05 06:50
落ち椿
取り置きの写真の中から京都大原の落ち椿を紹介します。 例年春になると、多くのカメラマンが訪れることで有名です。 紹介の時期が、少しずれましたが地面を真っ赤な椿の花が埋め尽くしているのが見事です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/04 06:44
京都大原の「古知谷」その2
昨日に引き続き、京都大原の「古知谷」です。 お寺の中庭にはかわいい「九輪草」きれいに咲いていました。 座敷から、眺める「九輪草」心和らげてくれました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/06/03 06:55
ボタンの花と枯れハス
昨日のしゃくなげに続いて、同じ、日野のダリア園からボタンの花と枯れハスです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

2013/05/29 07:08
滋賀県日野の「しゃくなげ」
今日にも梅雨入りのニュースまた、うっとうしい毎日続きそうですね。 しばらく、お休みさえて頂いていたブログも少しずつ再開したいと思います。 写真は先日、仲間と写しに出かけた日野のしゃくなげです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/05/28 15:33
野に咲く「あざみ」
随分、久しぶりのブログ参加です。 今朝の散歩の途中、とってもきれいに「あざみ」がさいていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/02 10:47
ネコノヒゲ
10月13日(土曜日) 大安   インド〜マレー半島が原産の植物で、本来毎年花を咲かせる多年草なのですが、耐寒性がなく冬に枯れてしまうことが多いので、日本では一年草として扱われることもあります。 春から秋にかけて、白い花を咲かせます。 花びら自体はさほど目立ちませんが長く伸びた雄しべと雌しべがやや上向きにピンと反り、そのユニークかつ、特長的な姿がネコのひげを連想させる所からこの名前が付けられました。 花壇や鉢植えで観賞用として育てられることが多いですが、日本には当初、薬用植物として導... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/13 07:26
ハブソウ
10月12日(金曜日) 仏滅   マメ科の一年草です。 熱帯アジア原産で、熱帯では多年生となります。 日本への渡来は江戸時代で、茎は高さ70〜120センチ、葉は互生し、4〜7対の小葉からなる偶数羽状複葉です。 小葉は卵状披針形で先はとがり、葉柄の基部近くに1個の腺体があります。 夏に茎の先および上方の葉腋から短い円錐状花序を出し、数個の花を咲かせます。 花弁は5個で楕円形をなし、大きさは同一でなく深黄色を呈し、萼片は5個。雄蕊(雄しべ)は10個ですが、うち7個は完全で、雌蕊は1個... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/12 07:15
ニンニクカズラ
10月11日(木曜日) 先負   熱帯アメリカ原産のつる性の花木です。 熱帯地方では庭木として植えられていることもあり、つるは枝分かれしながら4〜5mの長さに達します。 花はラッパ状で先端が5つに分かれていて、咲きはじめは紅紫色ですが、徐々に色が抜けていくように白っぽくなります。 本来一年を通して開花しますが、日本では、挿し木によって開花する時期を調節したり、矮化剤を使いある程度コンパクトにまとめた鉢植えなどが秋に出回ります。 葉や花をもむとニンニクのような臭いがするのでこの名前が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/11 06:59
テンニンソウ
10月10日(水曜日) 友引   シソ科の多年草です。 茎は四角形で直立し、高さ0.5〜1メートルであまり分枝しません。 葉は対生し、長楕円形で先はとがり、鋸歯があります。 8〜9月ころ、茎の先端に細長い花穂をつくり、淡黄色花を密に開き、花序は初め尾状で広卵形の包葉に包まれるが、この包葉は花が開くと落ちてしまいます。 花は筒状で小さく、先はほぼ4裂し、雄しべは4本、雌しべは1本で、ともに花外に突き出ます。 山中の草地に群生し、北海道から九州に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/10 07:14
キンモクセイ
10月9日(火曜日) 先勝   中国原産の常緑性樹木で秋に小さなオレンジ色の小花をかたまって咲かせます。 キンモクセイの一番の特長は花の放つ心地よい芳香で、日本人には最も馴染みの深い花の香りのひとつではないかと思います。 葉は楕円形で先っちょが少しとんがっており、ややぶ厚く革のような質感があります。草丈は3〜6mで、自然な樹形のもの以外にも円筒形に刈り込まれたものなどもよく見ます。樹皮は全体が白っぽい灰褐色で黒っぽいぶつぶつや筋が入り、花が咲いてなくても判断しやすい木だと思います。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/09 10:15
ホトトギス
10月8日(月曜日) 赤口   ホトトギスは山野草として人気の高い植物で東アジア〜インドに約20種類(内、日本原産のものが10種類)が分布します。 名前の由来は花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ているところに由来します。 春の新芽にうす茶色の斑が入るものがありそこから油点草(斑が油のしみに見えるので)の別名で呼ばれることもあります。 品種ごとの花の個性が楽しく、色々な種類をコレクションするのもおもしろいかもしれまん。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/08 07:05
ダンギク
10月7日(日曜日) 大安   クマツヅラ科の多年草です。 全体に毛を密生し、灰緑色を帯び、茎は基部が木質化し、直立して堅く、高さ30〜60センチメートルで、葉は対生し、卵形で裏面は密に毛があります。 9〜11月おろ、上部の葉腋に香りのある紫色花を多数密生します。 花冠は5裂し、裂片の1枚は大形となり、縁辺は細かく裂け、雄しべと花柱が花外へ飛び出ます。 海岸の草地に生え、九州西部、および朝鮮半島、中国に分布し、観賞用に栽培もされています。 名前は、密集した花が段々をなして開くこと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/07 07:06
ツリフネソウ
10月6日(土曜日) 仏滅   ツリフネソウ科の一年草です。 茎は多汁質で軟弱、毛はなく高さ約80センチメートル、よく分枝し、柄とともに紅色を帯び、節が膨らみ、葉は有柄で互生し、菱状卵形または狭菱形で長さ5〜15センチメートルで、先端はとがり、基部はくさび形、縁に細かい鋸歯があり、側脈が多いです。 7〜9月ころ、茎の上部の葉腋から腺毛のある紅褐色の花柄を出し、紅色で紫斑のある径3センチメートルの花を咲かせます。 花弁は5枚、両側のものは2裂し、萼片は3枚、下方の1枚は大形で距があり、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/06 07:35
タムラソウ
10月5日(金曜日) 先負   キク科の多年草です。 根茎はやや太い木質で、茎は直立し、高さ1.5メートルになります。 葉は大形で羽状に切れ込み、質が薄く、刺はなく、8〜11月ころ、茎の上部に枝を分け、その先に大きな赤紫色の頭花をつけます。 頭花は中性の細い管状花と両性の太い管状花からなり、花柱の先は二分して開出します。 総包片は多数で密に重なり、花床には鱗片状の剛毛があります。 痩果は円柱形で無毛で、冠毛は羽毛状になりません。 アザミの類に似てますが、葉に刺がなく、花柱分枝が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/05 07:13
イワシャジン
10月4日(木曜日) 友引    キキョウ科の多年草です。 茎は長さ20〜40センチメートルで、。根出葉は卵形、茎葉は広線形です。 9〜10月ころ、日陰の岩場に垂れ下がって紫色の鐘形花を咲かせます。 関東西部、中部地方南東部に分布しています。 変種ホウオウシャジンは小形の高山型で赤石山脈の鳳凰山に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/04 07:06
ウメバチソウ
10月3日(水曜日) 先勝   ユキノシタ科の多年草です。 数枚の根出葉には長い柄があり、葉身は円心形で先がややとがり、掌状の脈があります。 夏から秋にかけて、高さ10〜45センチメートルの花茎が1本〜数本直立し、先端に1個の白い花をつけます。 花茎の中部には1枚の無柄の葉があり、葉身の基部は多少茎を抱き、花は径2〜2.5センチメートル、一見、梅の花に似ています。 緑色の萼裂片と白色の花弁は5枚、花弁には淡緑色の平行脈が数本あり、雄しべは10本で、そのうち花弁と向かい合う5本は仮雄... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/03 07:01
アキギリ
10月2日(火曜日) 赤口   シソ科の多年草で、山の木陰に生えています。 数個の太い根があり、茎は方形で高さ20〜50センチメートル、基部が横に倒れていることが多いです。 葉は対生して葉柄があり、葉身は三角状矛形で長さ5〜10センチメートルほどで、葉の形が、琴の弦を支える琴柱に似ているのでコトジソウの名前もあります。 秋、茎の先にまばらに、長さ3センチメートルくらいの紅紫色で二唇形の花をつけます。 分布は北陸から中国地方の東部までに限られ、黄色い花をつけるものをキバナアキギリとい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/02 07:18
サワギキョウ
10月1日(月曜日) 大安     キキョウ科の多年草です。 茎は直立して枝分れしません。 葉は多数互生し、披針形で縁に細かい鋸歯があり、葉柄はありません。 8月ころ、茎は1メートルほどに伸び、茎頂に10花以上からなる総状花序をつけます。 花は濃青紫色でよく目だち、唇形で上下に開き、上側は2裂し下側は3裂します。 日当りのよい湿原に生え、日本を中心に千島列島、朝鮮半島、中国東北部に広く分布し、季節感の著しい野草で、茶花などに人気があります。 初夏のころ、長く伸びた茎を切り、浅い... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/10/01 07:19
ゴジカ
9月30日(日曜日) 仏滅   アオギリ科の一年草です。 ミャンマー、インドの原産で、正午ごろ花を咲かせ、翌日の早朝にはしぼんで落ちるので午時花の名前がついたようです。 茎は直立し、分枝して高さ0.6〜1.5メートルになり、葉は長披針形です。 花は夏、葉腋に2〜3個が横か下向きにつき、包葉、萼、花弁ともに5枚で、花は美しく平安時代から栽培されたといわれ、江戸時代には秋の七草に数えられました。 栽培は実生により、5月初めから下旬に種子を播き、日がよく当たる所で育て、挿芽で殖やすことも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/30 07:14
シュウカイドウ
9月29日(土曜日) 先負 シュウカイドウ科の多年草です。   中国からマレー原産の観賞用植物で、江戸初期の渡来したとされています。 地中の球茎が零下10℃に耐える唯一の耐寒性ベゴニアで、新茎の下端が秋末に肥大して新球茎となり、茎は直立し、高さ約50センチメートルで節が紅色をしています。 葉は互生し、扁心臓形で先はとがり、縁に鋸歯があり、晩夏から茎頂に集散花序をつけ、2センチメートルほどの桃色花を下垂します。 雌雄異花で、雄花は4弁、雌花は3弁で花の基部に三角翼のある子房をつけ、秋... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/29 07:17
ショウキズイセン
9月28日(金曜日) 友引   ヒガンバナ科の多年草です。 本種のほか、キツネノカミソリやシロバナヒガンバナなどはリコリスと称し、栽培されています。 ショウキランとも言いますが、腐生ランの1種に同じ名のものがあります。 鱗茎は卵球形で径5〜6センチメートル、黒褐色の外皮があり、葉は線形で長さ30〜60センチメートル、幅2〜2.5センチメートル、花茎が枯れたあと晩秋に出て越冬し翌年の夏には枯れます。 9〜10月ころ、高さ50〜60センチメートルの花茎を出し、横向きに咲く鮮黄色の花を5... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 1

2012/09/28 07:20
イブキコゴメグサ (伊吹小米草)
9月27日(木曜日) 先勝   種としてのミヤマコゴメグサのうち、低山に分布するものの一部は亜種レベルで分けられ、さらに形態的な特徴からいくつかの変種に分類されます。 イブキコゴメグサはこのうち、伊吹山と関ヶ原をはさんで南側にある霊仙山の2ヶ所に特産する種類で、いずれも石灰岩でできた山です。 葉の鋸歯や萼の先端があまりとがらないのが特徴ですが、伊吹山にはイブキコゴメグサしかないので迷うことはありません。 百花繚乱となった夏の伊吹山では、石灰岩が崩れてできた裸地などでひっそりと咲いてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/27 07:12
玉簾(たますだれ)
9月26日(水曜日) 赤口   別名 「ゼフィランサス」と言います。 彼岸花(ひがんばな)科のゼフィランサス属 です。 開花時期は、 8/ 5頃〜10/10頃で 白く美しい花を「玉」に、葉が集まっているようすを「簾」にたとえた。 6弁花で上向きに咲きます。 葉は細長く、ずらーっと並んで咲いていると壮観です。 黒い実がなり、実の形は 狐の剃刀 に似ている。 秋頃に咲く、よく似た黄色い花がありますが 、それは玉簾ではなく、「黄花玉簾(きばなたますだれ) と言います。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/26 07:21
オジギソウ
9月25日(火曜日) 大安   マメ科の小低木ですが、通常は春播一年草として扱われます。 原産地はブラジルで、ネムリグサ(眠草)といわれ、細かく茂る羽状複葉の葉は、夜になると葉を閉じて就眠運動をするほか、手などで触れると、その刺激で閉葉運動をするので有名です。 これは葉柄基部の葉枕内の細胞の膨圧が変化するためです。 小・中学校の教材としても使われ、漢名の含羞草は恥ずかしがる草、英名は敏感な草で、属名のミモーサはギリシア語で「まねをする」という意味であり、いずれもこの就眠運動に由来して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/25 07:12
フヨウ
9月24日(月曜日) 仏滅    日本、台湾、中国、済洲島などを原産とする、やや寒さに弱い半耐寒性の樹木です。 幹は直立してよく枝分かれし、夏から秋にかけてに最大直径15cmほどの花を咲かせます。花色は品種によって白〜ピンクまで色幅(濃淡)があります。 花は朝開いて夕方にはしぼむ一日花で、ひとつの花自体は短命ですが最盛期は暑さにめげず毎日新しい花を途切れなく咲かせてくれます。 花後には果実ができて晩秋から冬にかけて黄褐色に熟し、冬は落葉します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/24 07:07
エゾフウロ
9月23日(日曜日) 先負   フウロソウ科のフウロソウ属です。 低地〜山地の草地に生える多年草で、高さは30〜60センチになります。 茎、葉柄、萼片には開出毛があり、葉は掌状に5裂し、裂片はさらに中裂します。 花は紅紫色の5弁花で、直径3センチほど、花弁は重なり合います。 花期は6〜9月ころで、北海道〜本州中北部、伊吹山に分布します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/23 07:09
サラシナショウマ
9月22日(土曜日) 友引   キンポウゲ科の多年草です。 地下茎は太く横に這い、茎は高さ0.4〜1.5メートルで、根出葉は大形で3回3出複葉、小葉は卵形で鋭い鋸歯があり、先端は急にとがります。 8〜10月ころ、長さ約30センチメートルの細長い総状花序をつけ、白色で径約1センチメートルの花を咲かせます。 花弁、萼片は早い時期に落ち、白色の多数の雄しべが残ります。 温帯から亜寒帯の草原や林縁に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、東シベリア、カムチャツカ、樺太に分布しています。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/22 07:17
リュウノギク
9月21日(金曜日) 先勝   キク科のキク属です。 花期は9〜11月ごろで、茎や花が樟脳のような香りがあり、その香りが、東南アジア原料の竜脳の香りに似ていることからの生です。 日当たりの良い丘陵や山地に生える高さ40〜80センチの多年草で、茎は細く、毛が密生しています。 葉は長さ4〜8センチの卵型〜広卵型で3中裂し、ふちには鋸歯があり、頭花は直径2.5〜5センチの舌状花で、総苞は長さ7ミリの半球型です。 総苞片は3列に並び同じ長さです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/21 15:58
アキノキリンソウ
9月20日(木曜日) 赤口   キク科の多年草。茎は直立して高さ80センチメートル前後、上部は分枝して花序となる。基部の葉はスプーン形であるが、中部から上部になるにつれ、柄が短くなり、葉身が卵形から披針(ひしん)形となる。8〜10月、分枝した枝に多数の頭花をつけ開く。頭花は数個の舌状花と筒状花からなる。和名は、花の美しさをベンケイソウ科のキリンソウに例えたもので、秋に咲くところからいう。別名アワダチソウ(泡立草)は花の集まったようすを、酒をつくるときに出る泡に例えたもの。ユーラシアに広く分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/20 07:07
アキノノゲシ
9月19日(水曜日) 大安   キク科の一、二年草で、低地の草地に普通にみられます。 大形で、直立する茎は太く、高さ1〜2メートルになり、葉は黄褐色を帯び、多くは羽状に分裂します。 8〜10月ごろ径2センチメートルほどの淡黄色の頭花を多数つけ、頭花をつくる小花は舌状花のみです。 黒色の痩果には冠毛があり、風散布されます。 和名は、花がノゲシに似て秋に咲くことによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/19 07:08
イブキトリカブト
9月18日(火曜日) 仏滅   キンポウゲ科のトリカブト属です。 亜高山の草原に生える多年草で、草丈50〜150cmで茎は枝分れが少なく直立し、葉は互生して光沢のある革質の緑色で、3〜5深裂して長さ幅ともに約10cmほどです。 花は長さ約4cmの濃紫色で茎の上部に密集しますが、大株では葉脇にも花をつけます。 和名は伊吹鳥兜で舞楽で被る冠(鳥兜)に花の形が似ていることに因ります。 トリカブトの仲間は各地で少しづつ変化し多くの変種が生まれていますが全て猛毒植物です 本種はオクトリカブ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/18 07:19
白花曼珠沙華
9月17日(月曜日) 先負   この花は、9月中旬頃に咲くヒガンバナの改良種と、一般的には言われています。 改良品種説では、「黄色のショウキズイセンと赤花のヒガンバナとを交雑してできたもの」で、九州地方ではヒガンバナとともに見られるショウキズイセン。 この二つの自然交配の説もあるのですが、本州では花期がわずかにずれているため、考えにくいとされています。 さて、この花。何故、「シロヒガンバナ」とは言わないのでしょう? 交配種説から考えると「シロバナショウキズイセン」でもおかしくないわ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/17 07:17
ヒガンバナ
9月17日(日曜日) 友引   ヒガンバナ科の多年草です。 マンジュシャゲ(曼珠沙華)、シビトバナ(死人花)とも言います。 鱗茎は広卵形で径5〜6センチメートル、黒褐色の外皮があり、葉は線形で長さ30〜50センチメートル、幅6〜8ミリメートル、花茎が枯れたあとに出て越冬し、翌春に枯れてしまいます。 秋の彼岸のころに高さ30〜50センチメートルの花茎を出し、散状に緋紅色花を5、6個横向きに開き、花被裂片は倒披針形で長さ約4センチメートル、幅5〜6ミリメートル、強く反転し、基部に鱗片状の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/16 07:07
シオン
9月15日(土曜日) 大安   シオンはアスターの仲間で、寒さに強く、秋を知らせる花として生け花にもよく利用されます。 茎頂につく花は径約3cmほどで、まわりは青紫色、花芯は黄色になっています。 切り花として購入するときは、蕾が多く水がよくあがっている元気なものを選びましょう。 苗で入手する場合は、品種がはっきりしているものを選び、3月上旬〜4月上旬に植えつけます。 日当たりと水はけがよく、西日の当たらない場所が適地です。  シオンは「紫苑」という美しい日本名があり、その音読みが... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/15 07:04
オトコエシ
9月14日(金曜日) 仏滅   オミナエシ科の多年草です。 茎は直立し、高さ0.6〜1メートル、白色の毛が密にあります。 根元から長い走出枝を地表に伸ばし、先端に新芽をつくって増え、葉は羽状に分裂し、先端の裂片は大きく、側裂片は1、2対あります。 8〜10月ころ、散房花序をなし、白色の小さな5弁花を咲かせます。 果実は倒卵形で円い翼ができます。 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯から山地帯の草原や道端に生え、朝鮮、中国に分布しています。 名前は、オミナエシに対し、全体の感じが強壮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/14 07:15
ヒメノカリス
9月13日(木曜日) 先負   ヒガンバナ科の半耐寒性球根草です。 よく栽培されるササガニユリは西インド諸島原産で、英語名はスパイダーリリーです。 葉は12〜20枚で、長さ60センチになり、夏から秋に開花します。 花茎は葉より短く、頂部に9〜15花からなる散形花序をつけ、その直径は20センチになることもあります。 花は白色で、バニラ様の芳香があり、また、カラティナ種はアンデス原産で、葉は6〜8枚、長さ45〜60センチで、同じくヒガンバナ科のアマリリスに似ています。 一花茎に2〜4... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/13 07:11
スピードリオン
9月12日(水曜日) 友引   北アメリカ原産の耐寒性多年草です。 草丈は70〜90cm程になります。 葉は、緑色又は黒紫色で、卵形をして、先端がとがっています。 花期は7〜10月で茎の頂きに総状花序を作り、淡い藤紫色の2唇花をつけます。 下唇にひげ状の突起があります。 スピード・リオンは早生系の品種です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/12 07:10
ハブソウ
9月11日(火曜日) 先勝   マメ科の一年草ですが熱帯アジア原産で、熱帯では多年生となります。 日本への渡来は江戸時代です。 茎は高さ70〜120センチで、葉は互生し、4〜7対の小葉からなる偶数羽状複葉です。 小葉は卵状披針形で先はとがり、葉柄の基部近くに1個の腺体があります。 夏に茎の先および上方の葉腋から短い円錐状花序を出し、数個の花をつけます。 花弁は5個で楕円形をなし、大きさは同一でなく深黄色を呈し、萼片は5個で、雄蕊は10個ありますが、うち7個は完全です。 雌しべは... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/11 07:24
トロロアオイ
9月10日(月曜日) 赤口   アオイ科の一年草です。 中国原産で、草丈は本来2メートル近くになりますが、最近は0.5〜1メートルの丈の低い品種が多く栽培されています。 葉は互生し、葉柄が長く、掌状に深く裂け、夏から秋、淡黄色で中心部が濃赤紫色、径15〜20センチメートルの5弁花をつけます。 白花のものもあり、花は1日でしぼみますが、茎の下位から上位へと順に次々と咲かせます。 植物体全体、とくに根に粘質物を多く含み、これを和紙を漉(す)くときの糊として利用し、また、観賞用ともします... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/10 06:51
ゴジカ
9月9日(日曜日) 大安   アオギリ科ゴジカ属の唯一種。 ゴジカ(午時花)は熱帯アジア原産の多年草で、日本では春蒔き一年草として扱います。 葉は鋸歯があって細長く、互生します。 花は橙色で直径4cmほどの両性花で、夏から秋にかけて葉腋に咲かせます。 昼ごろ開いて1日でしぼむので、午時花と言い、果実は円いさく果でがくに包まれ、直径1mmほどの種子を多数含みます。 原産地では水田雑草としてよく見られ、日本には江戸時代中期以前に入り、古くは薬用にされたと言います。後に観賞用となりまし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/09 07:19
アサザ
9月8日(土曜日) 仏滅   ミツガシワ科の多年生の水草です。 葉は卵形または広楕円形で、縁辺は波状の鋸歯があり、葉柄はわずかに楯状につきます。 6〜8月ころ、水面より高く花柄を伸ばし、鮮黄色の花を日中咲かせます。 花冠は深く5裂し、裂片の縁に長毛があります。 種子は扁平で厚い翼ができ、縁辺に長い突起があります。 名前は、水の浅い所に生え、「浅浅菜」の転じたものといわれています。 ハナジュンサイの名もあり、本州、四国、九州の池や沼に生え、さらに、朝鮮半島、中国からユーラシア大陸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/08 07:20
ニラ
9月7日(金曜日) 先負   ユリ科の多年草です。 葉を食用とするため栽培されています。 地中に短い根茎があり、多数の鱗茎をつくって株状になり、葉は各鱗茎に数枚つき、長さ15〜20センチ、幅3〜10ミリ、扁平で背面に稜があり、先端は丸いです。 濃緑色で柔らかく、特有のにおいがあります。 葉鞘は3〜6センチで、夏、40〜70センチの茎を出し、茎頂に白色花を20〜40個咲かせます。 花は小さく六枚の花被片からなり、秋に結実し、種子は黒色、ゴマ粒大です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/07 07:23
ナンバンギセル
9月6日(木曜日) 友引   ハマウツボ科の一年草で、オモイグサ(思草)とも言います。 ススキのほかチガヤ、サトウキビ、ミョウガなどに寄生し、茎は短く地下にあり、花柄は高さ15〜30センチメートルです。 8〜9月ころ、淡紅紫色で筒形の花を1個横向きまたは下向きに開き、花冠は長さ約3センチメートルで先端は5裂し、裂片の縁は全縁で、萼は舟形で、先は鋭くとがります。 果実は卵形、多数の小さな種子があり、寄主の根に付着して発芽します。 丘陵から山地のススキ草原、畑、ときに疎林の中に生え、日... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/06 07:06
クルクマ
9月5日(水曜日) 先勝   ショウガ科のクルクマ属です。 原産地は熱帯アジアを中心に約50種類ほどあります。 健康食品として有名なウコンの仲間です。 花はヨーロッパやアメリカでも人気があり海外では定番の植物で、様々な品種が交配、開発されていて花色は紫や緑、黄色などもあるようです。 花期は5月下旬〜10月上旬頃までです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/05 07:10
コガネタヌキマメ
9月4日(火曜日) 赤口   マメ科のタヌキマメ属です。 草丈1.5mになる1年草です。 茎は直立し、茶褐色の軟毛があり、葉は単葉で、倒狭卵形から狭楕円形で、長さ5〜15センチ、幅2〜4センチです。 下面に茶褐色の軟毛が密生しています。 花は茎頂に総状花序になり、15〜20花がつき、花弁は蝶形、黄色で長さ15〜20mm。 豆果は長楕円形で、長さ4〜6cm、幅1.5〜2cmで、無毛です。 サンヘンプに似ていますが、葉が幅広く、豆果が無毛であることが異なります ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/04 07:17
サギソウ
9月3日(月曜日) 大安   ラン科の多年草です。 地中に球根をつくって冬を越し、春に発芽します。 葉は細く、茎を抱くようにして5〜7枚互生し、7〜8月ころ、花茎を20〜30センチメートルに伸ばし、径約3センチメートルの花を2、3個咲かせます。 萼片3枚は緑色で小さいですが、花弁3枚は白色で目だち、ことに唇弁は大形で周辺が細かく裂け、後方には長い距があります。 この花形がサギの飛び立つ姿にみえるとして、サギソウの名前がつけられています。 日当りのよい湿原の草間に生え、群生すること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/03 07:11
フジバカマ
9月2日(日曜日) 仏滅   キク科の多年草です。 茎は直立し、大きいものは2メートルに達します。 葉は対生し、下部のものは3裂し、裏面に腺点がありません。 8〜10月ころ、茎上部に散房状花序をつくり、頭花を多数つけます。 頭花は普通、淡紫色の管状花5個からなります。 古く中国から帰化したという説もありますが、中国から日本に分布する自然野草の一種とする考えもあります。 秋の七草の一つとしてよく知られていますが、最近ではほとんどみかけなくなりました。 一つにはフジバカマが生育す... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/09/02 07:13
ミズアオイ
9月1日(土曜日) 先負      ミズアオイ科の一年草です。 古名をナギと言います。 根出葉は数枚、葉身は心形で長さ、幅ともに5〜10センチメートル、長い柄があります。 茎は高さ20〜40センチメートル、根出葉より長く抽出し、中部に葉を1枚、頂部に多数の花を総状につけます。 花期は9〜10月ころで、花は青紫色、左右相称で径1.5〜3センチメートル、1日でしおれてしまいます。 水田や池沼に群生し、北海道から九州、およびロシア連邦沿海州、朝鮮半島、中国北部に分布していて、茎や葉は柔... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/09/01 07:16
ボタンクサギ
8月31日(金曜日) 友引   クマツヅラ科のクサギ属です。 原産地は中国で夏から秋にかけて開花します。 枝葉に強い臭気あり、クサギ(臭木)とは葉や茎が独特の異臭を発するところに由来します。 落葉低木で、葉は単葉で対生し、広卵形です。 枝先に集散花序を出し、淡い紫色の花を多数つけ、花にはかすかに芳香があります。 草丈は1m〜2mほどあり、一部野生化している丈夫な花です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/31 07:13
ミズカンナ
8月30日(木曜日) 先勝   北アメリカ南部が原産です。 わが国へは、昭和時代の初めに渡来しました。 湿地や沼沢地に生え、高さは1〜3メートルほどになります。 6月から7月ごろ、茎頂に円錐状の穂状花序をだし、紫色の花を咲かせます。 名前は、葉が「カンナ」に似ていることから。 クズウコン科タリア属の常緑多年草です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/30 13:13
ダンゴギク
8月29日(水曜日) 赤口   径3〜5pほどの黄色や赤銅色などの花を咲かせる、北米原産の丈夫で育てやすい多年草です。 多数の種類がありますが、多年草として栽培されているのは主にヘレニウム・オータムナーレの交配種で、黄色の”ウインドレイ”、赤褐色の”クリムソンビューティー”などです。 日本ではあまり栽培されていませんが、最近の品種は草丈が1m前後と低くなり、花もちもよくなったので、もっと花壇や切り花向けに栽培されてもよい種類です。 花びらは、扇子を広げたよう形で端がスカラップ状に切れ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/08/30 13:01
ルリヤナギ
8月28日(火曜日) 大安   ナス科の常緑低木です。 名前は、葉がヤナギの葉に似ていて、淡紫色の花を咲かせることによります。 ブラジル南部、アルゼンチン北部、ウルグアイ原産で、江戸末期に琉球を経て渡来したのでリュウキュウヤナギとも言います。 葉は互生し、長楕円状披針形、長さ12〜15センチ、幅2〜4センチ、両端がとがり、縁に鋸歯はなく、両面とも白緑色です。 7〜8月ころ、茎の上部に円錐状の花序をつけ、多数の淡紫花を下向きに咲かせます。 花径約2.5センチ、花冠は杯状で深く五裂し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/28 07:24
イヌゴマ
8月28日(火曜日) 大安    シソ科の多年草で、湿地に生えています。 白くて細長い地下茎ですが、茎は方形で逆向きの刺があり、高さ40〜70センチメートルになります。 葉は対生し短柄があり、長さ4〜8センチメートル、幅1〜2センチメートルで、夏、茎の先に花穂をつくり、淡紅紫色で唇形の花を咲かせます。 下唇は3裂し紅色の斑点があり、北海道から九州まで分布しています。 分果がゴマに似ていますが、役にたたないことからイヌゴマと言います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/08/27 15:04
高砂ゆり
8月27日(月曜日) 仏滅   タカサゴユリはテッポウユリに似ていますが、茎が比較的太く丈夫で、丈が 1.5m ほどに生長します。 花期は7 - 9月ころ、花長は 15-20cm、直径は 5cm より大きめと、テッポウユリよりも大型になります。 また葉が細く、花は白を基調とするものの薄い紫色の筋が入り、花被片は6枚で(やはり根元がつながっている)、外側の花被片は橙褐色になり、花は横向きですが少し下に傾くことが多いです。 ただし、本種はテッポウユリとの交雑種が多くまた変異も起きやすいと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/27 07:09
ストケシア
8月26日(日曜日) 先負   ストケシアは北アメリカの南西部に一種が分布する多年生の植物です。 日本に渡来してきたのは大正の初めで、昭和に初期に人気が出て広く普及したと言われています。 花はヤグルマギクを大きくしたような感じで、青、紫、白、黄色、ピンクなど花色は豊富で、園芸品種も存在します。 別名のルリギクはブルー系の花色から来ているのでしょう。 主に初夏を彩る花ですが、原産地の一部暖地では冬でも休まず花を咲かせ続けるそうです。 生育旺盛で繁殖力も強く、切れた根からも芽を出して... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/26 06:57
センニンソウ
8月25日(土曜日) 友引   キンポウゲ科の藤本です。 葉は対生し、羽状複葉、小葉は鋸歯がなく、8〜9月ころ、大形の円錐花序をつくり、径約3センチメートルの白色花を多数上向きに咲かせます。 花弁はなく、4枚の萼片が平開し、果実は痩果で、長さ約3センチメートルの長い羽毛状の花柱が残ります。 生の葉をもまないでそのまま手首の内側にあて、扁桃腺炎の痛みをとる一方、有毒植物でもあります。 山野の日当りのよい林縁に普通に生え、北海道から九州に分布しています。 名前の由来は不明です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/25 07:15
チューベローズ
8月24日(金曜日) 先勝   リュウゼツラン科の球根性多年草です。 原産地はメキシコとされています。 地下に塊茎があり、長さ30〜50センチで、線形の葉を束生します。 秋に1メートルほどの花茎を立て、穂状花序をつけ、花は乳白色の六弁花で各節に2個ずつつけ、下方から順に上へ咲き上ります。 夕刻から咲き始め、花に香りがあるのでゲッカコウ(月下香)の名があります。 また中国語読みで、イエライシャン(夜来香)の名でよばれることもありますが、中国名で夜来香と記される植物は中国南部からイン... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/24 06:39
スターチス
8月23日(木曜日) 赤口   スターチスは一年で枯れるタイプのものと毎年花を咲かせるタイプのものがありますが、日本ではたいがいの品種が花を咲かせたあとに枯れてしまいますので園芸上ではあらかた一年草として扱います。 花は紫、青、ピンク、白、黄色などがありかさかさとした手触りで美しい花色が色あせないことから、ドライフラワーとして広く利用されます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/23 07:18
ユリズイセン
8月22日(水曜日) 大安   ブラジル北部原産の多年草です。 葉は超楕円形からへら形で、茎の頂部に短い花柄をもつ散形花序をつけます。 6個の花被片は半開きの筒状で同長。花色は赤いですが基部と花被片の縁は緑色です。 花被片の内側には黒色の条斑があり、塊根はアルストロメリア・リグツの様に深い位置になく、地表から浅い部分にでき良く分球します。 開花は春と秋の2回で、葉等は、春秋等の様に気温が低い時期はよく茂りますが、夏には弱こともあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/22 07:26
ユウゼンギク
8月21日(火曜日) 仏滅   キク科アスター属の耐寒性多年草です。 北アメリカ原産で、茎は高さ約1.3メートルに達します。 葉は細長い線状披針形、無柄で葉腋に耳状片があります。 8〜9月ころ、茎頂に一重の頭状花を多数咲かせます。 花弁は一般に濃青紫色ですが、白色種もあり、耐寒性が強く、性質も強健でつくりやすいです。 宿根草ですが、栽培上は春播きまたは秋播きとし、切り花、花壇用に栽培され、栽培は一度定植すれば2〜3年は据え置いてもよいですが、連作すると下葉が早く枯れ上がり、茎も伸... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/21 07:23
ヤマモモソウ
8月20日(月曜日) 先負   別名はハクチョウソウ(白蝶草)、又はガウラ 北米原産の多年草です。 草丈は1mほどにもなり、細く長く伸びた茎に径2〜3Cmほどの4弁花をつけます。 白または淡桃色で、花期は5〜10月と長いです。 名前は花の色(淡桃色)に由来すると言われています。しかし、桃色がバラ科の「桃」の花の色を起源とするのに対し、「山桃」は「桃」とは科も異なり(ヤマモモ科)、花は雌雄異株で色、形、共に本種との共通点は感じられません。 山にあって桃色の花を咲かせる草程度の意味か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/20 07:05
シュクシャ(縮砂)
8月19日(日曜日) 友引     ショウガ科・シュクシャ属 です。 原生地はインド・ヒマラヤ〜東南アジア 別名はハナシュクシャ又はジンジャーと言います。 花期は9月〜11月ころです。 ジンジャー(生姜)、確かに根が生姜のような塊になっています。 強い芳香があり、高く伸びて真っ白い花は良く目立ちます。 他にも薄いオレンジ・黄色があります。 分かりにくいかもしれませんが、花びらが蝶のように見えます。 花は一日で萎れますが、次から次へと蕾が出てきて、一週間位楽しめます。 一... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/19 10:15
ソープワート
8月18日(土曜日) 先勝   ヨーロッパでは昔、この植物を煮出して作られた液体が洗剤として利用されていたところからソープ(石鹸)ワートという名前が付けられたようです。 和名はシャボンソウといいます。 シャボンとはポルトガル語で石鹸の意味で、夏にフルーティーな香りのするかわいらしいピンクの花を咲かせます。 草丈は90cmほどになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/18 07:06
モミジアオイ
8月17日(金曜日) 大安   アオイ科ヒビスカス属の耐寒性多年草です。 コウショッキ(紅蜀葵)とも言います。 高さ約2メートルに達し、葉は大形で、モミジ状の切れ込みがあります。 8〜9月ころ、径約20センチメートルでアメリカフヨウに似た赤色の5弁花を咲かせます。 朝開いて夕方閉じる一日花で、毎日新しい花を咲かせます。 アメリカのジョージア、フロリダ地方原産で、花壇などに植えられ、非常にじょうぶで耐暑性、耐寒性もあり、日当り、風通しのよい所なら放任しても毎年開花します。 大株に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/17 07:12
なつずいせん
8月16日(木曜日) 仏滅   ヒガンバナ科の多年草です。 中国から古く渡来して各地に自生化しています。 地下の鱗茎は円く黒色の皮を持ち、葉はヒガンバナに似て線形で幅広く、夏には枯れてしまいます。 夏から初秋、長い花茎を出し、淡紅紫色の漏斗状の花を数個集めて咲かせます。 観賞用で、属名のリコリスで呼ばれる園芸品種もあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/16 07:18
サルスベリ
8月14日(火曜日) 友引    ミソハギ科の落葉高木で高さ5〜10メートルです。 中国南部原産で、中国名は紫薇。 樹皮は赤褐色、滑らかで薄くはげ、跡が帯褐白色の雲紋状になり、小枝は無毛で4稜があります。 葉は対生または互生し、コクサギ形の葉序になり、倒卵状楕円形、長さ3〜6センチメートルで縁に鋸歯がありません。 7〜9月ころ、枝先の円錐花序に紅紫色、径3〜4センチメートルの6弁の花を咲かせます。 花が白色のシロサルスベリ、淡紫色のウスムラサキサルスベリもあります。 花弁は円く... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/15 07:15
アガパンサス
8月14日(火曜日) 友引    ユリ科の1属名で、アフリカに4種分布する多年草です。 そのうちで庭園や花壇、切り花用として広く栽培されているのは、南アフリカ原産のムラサキクンシランで、これは別名アフリカンリリーと言います。 本種は茎元より太い多肉質の根が多数密生し、葉は細長い根出葉で幅3〜4センチメートル、長さ40〜50センチメートルで、7月ごろ0.7〜1メートルの花茎を伸ばし、先端にユリ状の花を20〜30個、散形状につけ、八重(やえ)咲きもあります。 花色は青のほかに白、紫などが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/14 07:24
サギソウ
8月13日(月曜日) 先勝    ラン科の多年草です。 地中に球根をつくって冬を越し、春に発芽し、葉は細く、茎を抱くようにして5〜7枚互生します。 7〜8月ころ、花茎を20〜30センチメートルに伸ばし、径約3センチメートルの花を2、3個咲かせます。 萼片3枚は緑色で小さいですが、花弁3枚は白色で目だち、ことに唇弁は大形で周辺が細かく裂け、後方には長い距があります。 この花形がサギの飛び立つ姿にみえるとして、サギソウの名前がついています。 日当りのよい湿原の草間に生え、群生すること... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/13 06:39
カリガネソウ
8月12日(日曜日) 赤口   クマツヅラ科の多年草です。 茎は高さ0.8〜1.2メートルで、全草に強い香りがあります。 葉は対生し、広卵形で先は鋭くとがり、縁辺に鈍い鋸歯があります。 8〜9月ころ、葉腋に花茎を伸ばし、集散花序をなして青紫色の花を咲かせます。 花冠の基部は筒状、先は唇形状に大きく開き、4本の雄しべと花柱が湾曲して花冠外へ長く飛び出ます。 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯や山地帯の渓流の岸や日陰の林縁に生え、朝鮮、中国にも分布しています。 名前は、花の形をカリ(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/12 07:04
キンシバイ
8月11日(土曜日) 大安    オトギリソウ科の半常緑低木です。 高さ約1メートルの株立ちになり、樹皮は褐色で縦に裂けてはげ、葉は無柄で対生し、卵状長楕円形、長さ2〜4センチメートルで両面に毛がなく、全縁です。 冬でも葉の一部が残り、葉には透明な油を含んだ点がまばらにあります。 6〜7月ごろ、やや垂れた小枝の先に径約3センチメートルの黄色花が2、3個、集散花序になって開き、花弁はほぼ円形で5枚あり、雄しべは多数で5群に分かれ、花糸は黄色で花弁より短く、花柱は5本あります。 果実は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/11 07:08
フウリンソウ
8月10日(金曜日) 仏滅    一番広く親しまれているのは南ヨーロッパ原産のカンパニュラ”メディウム”という品種です。釣り鐘状の花を咲かせて日本でも庭植えや鉢植え、切り花など幅広く人気の高い植物です。 園芸品種として八重咲きになる”カップアンドソーサ”などが有名です。 花色は主に青紫、白、ピンクなどがあります。 同じ仲間で日本に自生しているホタルブクロやヤツシロソウなどがあります。 ほとんどの品種は毎年花を咲かせる多年草ですが、メディウムは一,二年草に分類されます 。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/10 07:11
ひまわり
8月9日(木曜日) 先負   ヒマワリ(向日葵)はキク科の一年草です。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)と呼ばれることもあります。 原産地は北アメリカで高さ3mくらいまで生長し、夏にかなり大きな黄色の花を咲かせます。 大きな1つの花のように見えますが、頭状花序と呼ばれ、多数の花が集まって1つの花の形を作っています。 これは、キク科の植物に見られる特徴です。外輪に黄色い花びらをつけた花を舌状花、内側の花びらがない花を筒状花と区別して呼ぶ場合があります。 和... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/09 16:19
トキソウ
8月8日(水曜日) 友引    ラン科の多年草です。 根茎は横走し、茎は高さ15〜30センチメートルで、葉は茎の中部近くに1枚がやや直立してつき、狭長楕円形で長さ5〜10センチメートルです。 6〜7月ごろ、茎の先端に径約2センチメートルの淡紅紫色花を1個開き、唇弁は3裂し、中裂片は倒卵形で大きく、毛状突起が密生し、距はなく、萼片はやや平開します。 温帯から亜寒帯の湿原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布してます。 名前は、花色がトキ色であることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/08 07:16
シモツケソウ
8月7日(火曜日) 先勝    バラ科の多年草です。 クサシモツケとも言います。 高さは0.6〜1メートルで、まばらに分枝し、頂葉は大きな掌状に5〜7裂した羽状複葉となります。 7〜8月ごろ、茎頂に集散花序をつくり、4〜5ミリメートルの紅色花を密につけます。 花弁は4〜5枚、卵円形、萼は4〜5枚で反り返ります。 本州の中南部、九州の山地に生育しています。 名前は、花が同じバラ科の落葉低木のシモツケに似た草の意味です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/07 07:24
フヨウ
8月6日(月曜日) 赤口   原産地は中国で、台湾、沖縄、日本の九州・四国に自生しています。 日本では関東地方以南で観賞用に栽培され、7〜10月始めにかけてピンクや白で直径10〜15cm程度の花をつけます。 幹は高さ1.5〜3mで、朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、長期間にわたって毎日次々と開花します。 同属のムクゲと同時期に良く似た花をつけますが、直線的な枝を上方に伸ばすムクゲの樹形に対し、本種は多く枝分かれして横にこんもりと広がること、葉がムクゲより大きいこと、めしべの先端が曲がっ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/06 07:03
近江妙連
8月5日(日曜日) 大安 滋賀県守山市に在る近江妙連公園の大日池と瑞蓮池では,この時期,全国的にも珍しいハスの1種である近江妙連が咲いています。 このハスは,インドを源とするハスの突然変異種で,600年以上も前から,田中家代々によって受け継がれて来ました。 明治時代以降,68年間開花しない時期もありましたが,世界的に有名なハス博士・故大賀一郎氏によって蘇り,今日に至っています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/05 07:03
ギボウシ
8月4日(土曜日) 仏滅 日本、中国が原産の多年性の草花です。 初夏から秋にかけて白、ピンクなどの花を咲かせますが、花の寿命は短く一日でしぼんでしまうために「デイリリー」という英名があります。 花だけでなく葉にもきれいな白や黄色の斑が入り鑑賞価値が高いのも魅力です。 山菜として若い芽を食用にする品種もあります。地方によって呼び名はまちまちですが「うるい」と呼ばれる山菜はこのギボウシのことです ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/04 07:16
ハスの花満開「草津水生植物園」
8月3日(金曜日) 先負   滋賀県草津市の草津水生植物園には年々増え続けるハスが見事に琵琶湖の湖面を綺麗なハスの花で飾っています。 7月30日も平日にもかかわらず沢山の観光客。駐車場も臨時の第4駐車場まで一杯でした。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/03 07:07
リュウキンカ
8月2日(木曜日) 友引    キンポウゲ科の多年草です。 茎は直立し、高さ15〜50センチメートルで、葉は腎円形で、小さな鋸歯があります。 4〜7月ごろ、茎先に径約2センチメートルでやや光沢のある黄金色花を1個ずつ咲かせます。 湿地や流れのそばに生え、本州、九州、および朝鮮半島、中国に分布しています。 茎が立ち、花が黄金色のため、この名前があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/08/02 07:01
琵琶湖箱館山ゆり園
8月1日(水曜日) 先勝    滋賀県の北部高島市にスキー場で知られる場所があります。 そのスキー場を利用して200万球の「ゆり」が植えられ見事に花を咲かせています。 沢山の観光客でにぎわっています。 園内は今早先の色とりどりのゆりの花から遅咲きのゆりな花へとうつりかけています。 園内はゆりのほのかな匂いにつつまれ、赤、白、黄色いろとりどり見事な風景です。 山頂にあるため、涼しく、長い蒸し暑い梅雨で悩まされているときすがすがしい気持ちになれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/08/01 06:57
ホタルブクロ
7月31日(火曜日) 赤口    キキョウ科の多年草です。 梅雨期に開花するので、アメフリバナとも言います。 茎は高さ40〜80センチで、根出葉は卵状心形で長い柄があり、茎葉は互生し、長卵形で先はとがっています。 6〜7月ごろ、淡紅紫色または白色の花を下向きに咲かせ、花冠は鐘形で先は五裂し、萼片の間に反曲する付属片があります。 丘陵から山地の畦、道端、野原に生え、北海道南西部から九州、および朝鮮半島、中国に分布しています。 名前は、花冠の袋に子供がホタルを入れて遊んだことによりま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/31 07:05
アカバナ
7月30日(月曜日) 大安    アカバナ科の多年草です。 山野の水湿地に生えていて、茎は高さ15〜90センチメートル、稜線はなく、腺毛があり、茎の基部から葉をつけた長い走出枝を出します。 葉は対生し卵形または卵状披針形で、長さ2〜6センチメートル、幅0.5〜3センチメートル、基部は幅広くわずかに茎を抱きます。 花期は7〜9月ごろ、茎上部の葉腋に紅紫色で長さ5〜10ミリメートルの花を咲かせます。 萼片、花弁とも4枚、雄しべは8本、雌しべ1本で花柱の先端は棍棒状です。 果実は長さ3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/30 07:02
ヤマブキソウ
7月29日(日曜日) 仏滅    ケシ科クサノオウ属の多年草です。 クサヤマブキとも言い、茎は高さ約30センチメートルで、植物体全体に黄色い汁が含まれます。 根出葉は羽状複葉、長い柄があり、茎葉は2、3枚で、3〜5小葉からなる複葉で、葉形は変異が大きいです。 4〜5月ごろ、上部の葉腋に花を1、2個咲かせ、萼片は2枚、開花するとすぐに落下してしまいます。 花弁は4枚で黄色。雄しべは多数あり、雌しべは1本です。 果実は細長い果で、中に小さな種子が2列に並びます。 山地内に生え、宮城... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/29 07:01
ユウスゲ
7月28日(土曜日)  先負   ユウスゲはキスゲとも呼ばれ、本州から九州に分布する多年草です。 図鑑にはやや乾いた草地に生育すると記載されていますが、湿原の周辺草地にも生育しています。自然性の高い草地に生育しますが、そのような草地が湿原周辺に残っているからであろうと思われます。 葉は30〜70cm、幅は5〜15mmで生育地によって変異が大きいです。 葉はW型に脈があり、軟らかく、夏、高さ30〜150cm程度の花茎を出し、夕方から黄色の花を咲かせます。 花の長さは7cm前後で、夕方... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/28 07:06
ボダイジュ
7月27日(金曜日) 友引   シナノキ科の落葉高木です。 幹は灰褐色で、小枝は細毛が密生しています。 葉は互生し、ゆがんだ三角状卵形で、長さ5〜10センチメートルほど、先はとがり、基部は斜めの切形または浅い心臓形で、縁には鋭い鋸歯があり、裏面と葉柄に灰白色の細星毛が密生しています。 6〜7月ごろ、葉腋から下向きに長い柄のある散房状の集散花序を出し、柄には狭いへら形の包葉が1枚あります。 花は小さく淡黄色で香りが高く、シナノキの香りに似ていて、養蜂の蜜源植物としてよく知られています... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/27 06:59
ウコンウツギ
7月26日(木曜日) 先勝   スイカズラ科の落葉低木です。 名前は花が黄緑色なのでいうそうです。 高さ1〜2メートルで、7〜8月ごろ、枝の先端に1、2個の花を咲かせます。 雄しべは5本あり、キク科のように葯は花柱の周りに集まって密接しています。 子房は下位、2室で、紡錘形。果実には萼が宿存し、細長い翼のある種子を多数つけます。 青森県、岩手県と北海道の亜高山帯の低木林中に生え、樺太、南千島、東シベリアに分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/26 07:23
カンボク
7月25日(水曜日) 赤口   スイカズラ科の落葉低木です。 高さ3〜6メートルで、葉は三つに中裂します。 花序は散房形、周辺部の花は花冠が大きく、雄しべや雌しべが退化した装飾花で、中央部に両性花があり、花序全体が装飾花となった品種をテマリカンボクとよび、栽培されています。 花期は5〜7月ごろで、果実は液果で球形、8〜9月に赤く熟しますが、苦くて食べられません。 材は白くてじょうぶなので楊枝とし、道具類の柄ともし、また枝葉の煎汁は切り傷や擦り傷の薬として使われます。 肝木の意味は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/25 07:10
ガウラ
7月24日(火曜日)  大安   北アメリカのテキサス、ルイジアナ原産の草花で、毎年花を咲かせる多年草です。 長く伸ばした茎の先端に少しピンク色がかった白花を春から秋の長期間絶え間なく次々と咲かせます。 花の大きさは1.5cm、細長い花茎が風に揺れ小さな蝶が舞っているように見え、その花のかたちから、「ハクチョウソウ(白蝶草)」の別名があります。 ヤマモモソウ(山桃草)という別名は淡いピンク色の花を咲かせるところから名付けられました。 次々と花を咲かせますが、ひとつひとつの花の寿命は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/24 07:16
ポリジ
7月23日(月曜日) 仏滅 原産地は地中海沿岸原産です。 名前は株全体が粗い毛で覆われている事から、ラテン語で「剛毛」に由来しています。 非耐寒性の1年草です。 ハーブの一種で、草丈は70〜100cm、星型をした5弁の花です。 青紫の花弁の真ん中に黒い雄しべがあり神秘的です。 全体が白い毛で覆われていて、葉には芳香があります。 カルシウムやリン、ミネラル成分を含み、 葉と花は食用や観賞用に、種は薬用に利用されるようです。 繁殖力が強く、こぼれ種でよく殖えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/23 07:08
ヒヨクソウ
7月22日(日曜日) 先負   ゴマノハグサ科の多年草です。 茎は株立ちとなって直立し、高さ30〜70センチで、葉は対生し、卵形で上部のものでは長さ約4センチ、両面に毛があります。 6〜7月ごろ、葉腋から対になって、長さ5〜20センチの花序を出し、淡紫色花をまばらに開きます。 花冠は四裂し、径6〜8ミリ。果は倒心形で平たいです。 日当りのよい草原に生え、日本および中国、ヒマラヤに分布しています。 名前は、対になる花序を比翼に見立てたものです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/22 07:16
グラジオラス
7月21日(土曜日)  友引   アフリカ、南ヨーロッパ、西アジアなどに200種前後が分布する球根植物です。その中でも大半の種が南アフリカにあり、さらにその半分以上がケープ地方に集中しています。 球根植物ですが、その大きさや形は種により様々です。一般的に園芸品種は上から軽く押しつぶしたような平たい球形や単なる球形で光沢のある繊維質や紙のような膜質の皮に覆われています。グラジオラスの球根は正確には「球茎(きゅうけい)」と言って、茎が栄養を蓄えられるように肥大したものです。身近な球茎として、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/21 07:08
ヒナギキョウ
7月20日(金曜日)  先勝   キキョウ科の多年草えす。 茎は高さ20〜40センチメートルで、葉は互生し、披針形またはへら形です。 5〜7月ごろ、枝先に青紫色花を1個上向きに咲かせます。 花冠は鐘形で、先は5裂します。 名前は、全体がキキョウに似ていますが、小形であることによります。 丘陵の野原や道端に生え、本州から沖縄、および朝鮮半島、中国、東南アジアに分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/20 07:09
ムクゲ
7月19日(木曜日)  赤口   中国原産でシリア、インドなど東南アジアまで自生している高さ3〜4mになる低木です。 日本には朝鮮半島経由でずいぶん古い時代に渡来したと言われています。 栽培の歴史が古いゆえ、今までに数多くの園芸品種が生まれましたが、古くからのものは名前の付けられていない品種も多数あり、すべてを把握するのは難しいでしょう。また、近年では海外で育成された品種も多く導入されているのでそれも加えると実に多彩な数になります。  花は一重咲き、半八重咲き、八重咲きのものがあり花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/19 07:02
ハマゴウ
7月18日(水曜日) 先負   クマツヅラ科の海岸生の低木です。 幹は地下茎となって砂中または表面を長く横走し、枝は直立して高さ20〜50センチメートルになります。 葉は異臭があり、卵形から楕円形で長さ2〜6センチメートル、全縁で先は丸いか、または鈍くとがります。 表面は灰緑色、裏面は細毛を密生して灰白色で、7〜9月ごろ、長さ2〜10センチメートルの円錐花序を頂生し、漏斗状で長さ1〜1.5センチメートルの青紫色花を咲かせます。 果実は球形で径5〜7ミリメートル、下半部は宿存萼で包ま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/18 07:19
ノウゼンカズラ
7月17日(火曜日)  友引   ノウゼンカズラ科の落葉藤本です。つるは長く伸び、短い気根を出して他物をよじ登ります。 葉は対生し、奇数羽状複葉で長さ10〜20センチメートルで、小葉は5〜9枚、卵形で長さ3〜7センチメートル、縁に粗い鋸歯があります。 7〜8月ごろ、枝先に円錐花序をつくり、美しい黄赤色花を咲かせます。 花冠は広い漏斗形で径6〜7センチメートル、先は5裂して丸く、雄しべは4本で、うち2本は長いです。 結実はまれにあり、中国原産です。庭に植栽され、蜜が目に入ると失明する... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/17 06:57
ハナシノブ
7月16日(月曜日) 先勝   ハナシノブ科の多年草です。 茎は直立し、高さ60〜90センチで、葉は互生し、羽状複葉です。 小葉は広披針形で長さ1.5〜4センチ、幅0.3〜1.5センチ、先端はとがります。 夏、円錐花序をつくり、青紫色花を咲かせます。 花冠は高坏形で径1〜1.5センチで、果は球形で径4〜5ミリ、種子は長さ約2ミリです。 山地の草原に生え、九州北部に分布しています。 名前は、葉の形がシダ植物のシノブを思わせることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/16 07:04
グンナイフウロ
7月15日(日曜日) 赤口   フウロソウ科の多年草です。 根茎は太く、茎は直立し高さ50センチメートル、葉柄とともに開出する粗い毛と腺毛があります。 下方の葉は長い柄があり、裏面に開出毛が密に生え、円形で5〜7裂し、裂片には不ぞろいの大きな鋸歯があり、花は6〜8月ごろ、茎頂と分枝の先に数花ずつ散房花序につき、淡紅色で径2.5センチメートル、小花柄は果時も直立します。 萼片、花弁ともに5枚、花糸の下半に長い毛があり、花柱の合生部は離生部より長く、北海道、本州北中部の山地に生えています... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/15 07:08
タチギボウシ
7月14日(土曜日)  大安   ユリ科、ギボウシ属の多年草です。 北海道、本州中部地方以北の低山〜亜高山帯の日当たりの良い湿原や湿地に生えています。 茎は直立し、高さ30〜100cmになります。 葉は根生し、長柄があって、長さ15〜20cmの長楕円形で、先が尖り、脈が目立ちます。 花期は7〜8月ごろ、茎上部に総状に紫色の花が多数つきます。 花は横向き〜やや下向きに咲きます。 花冠は長さ約4cmで、6裂し、径は3〜4cmで、濃色の筋があります。 花柄は長さ6〜10mmで、花の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/14 07:04
チングルマ
7月13日(金曜日)  仏滅   バラ科の落葉小低木です。 マット状に群生し、茎の下部は分枝して地表をはい、上部は直立または斜め上に伸び、高さ約10センチメートルになります。 葉は7〜11枚の小葉からなる羽状複葉で、革質で表面は光沢があります。 6〜8月ごろ、約10センチメートルの花柄に、径2〜3センチメートルで白色の5弁花を1個開き、雄しべ、雌しべともに多数あります。 花期後、花柱は伸長して3センチメートルに達し、羽状の長い毛が生えて、果実は痩果です。 中部地方以北の本州、北海... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/13 07:05
タマスダレ
7月12日(木曜日) 先負   ヒガンバナ科、タマスダレ属の多年草です。 観賞用に栽培されていて、日当たりの良い空き地、土手、草地などに野生化しています。 花茎は高さ15〜30cmになります。 葉は長さ20〜40cmの細長い扁平な線形です。 花期は7〜10月ごろ、花茎の先に1個ずつ白い花を上向きにつけます。 花被片は6枚で、花の径は3〜5cmほどです。 雄しべは6本で、花柱は白で、柱頭は3裂します。 苞葉は淡紅褐色の膜質で、2枚です。 花は陰地で半開、陽地でほぼ平開し、夜は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/12 08:34
シコタンソウ
7月11日(水曜日) 友引   ユキノシタ科の多年草です。 根茎は細く横にはい、よく分枝して多数の枝を地上に出し、葉はへら形またはくさび形で、密につきます。 7〜8月ごろ、3〜13センチメートルの花茎に2〜10個の花を咲かせます。 花弁は5枚、白または淡黄色で、濃黄色と紅色の細点があります。 雄しべは10本で、子房は上位です。 高山の岩上に生え、中部地方以北の本州、北海道、および千島列島、樺太に分布しています。 名前は、色丹島で発見されたことによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/11 07:24
サンカヨウ
7月10日(火曜日) 先勝   メギ科の多年草です。 草丈30〜60センチメートルで、葉は単葉で盾状、茎に2枚つき、下の葉の葉柄は長いですが、上の葉の葉柄は極端に短いです。 5〜6月ごろ、上の葉のすぐ上に、3〜10個の花を集散花序につけます。 花は白色で、花弁、萼片ともに6枚で、雄しべは6本で葯は弁状に開き、雌しべは1本で子房は1室です。 果実は液果で黒い藍色を呈し、中に数個の種子があります。 落葉樹林の水分の多い林床に生え、広島県以北の本州のおもに日本海側、北海道、および樺太に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/10 06:59
キヌガサソウ
7月9日(月曜日) 赤口   ユリ科の多年草です。 根茎は太く、横走し、径1.5〜2センチメートルで、茎は太く、円柱形で直立し、高さ30〜60センチメートル、先端に8、9枚の葉を輪状につけます。 葉は広倒披針形または倒卵狭長楕円形、長さ20〜30センチメートル、幅3〜8センチメートルです。 6〜7月ごろ輪生する葉の中心から短い花柄を伸ばし、1個の白色花を開き、長楕円形の外花被片を7〜9枚、糸状の内花被片を7、8枚つけます。 花柱は5〜9本あり、外側に反曲します。 液果は卵球形で暗... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/09 07:07
ウバユリ
7月8日(日曜日) 大安   ユリ科の多年草です。 地下の鱗茎より直立して出る茎は、太く、丸く、径2〜3.5センチメートル、緑色で高さ約1メートルになります。 葉は茎の中ほどに数個集まってつき、基部には柄があり、長さ約20センチメートルで卵心形です。 上部の葉は小さく鱗片状で、7〜8月ごろ、茎頂に数個の花を横向きにつけます。 花は筒状で開かず、緑白色、長さ7〜12センチメートルで、果は楕円形、薄い翼のある種子を多数つくります。 関東地方以西の本州、四国、九州の常緑樹林の樹陰に生え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/08 07:17
ネムノキ
7月7日(土曜日) 仏滅   日本、朝鮮半島、中国などに分布する落葉性の樹木で大きくなると高さ10〜15mほどに生長する高木です。 河原など水のある場所によく自生しています。 非常に美しい花を咲かせますが、移植の難しさや開花まで年数がかかるなど多少扱いにくい点があり、庭木としてはさほど広くは利用されていないように感じます。 細長いほわほわの刷毛のような形をした淡紅色の花を梅雨頃に咲かせます。 ひとつの花に見えるものは実は小さな花が10〜20個集まったもので、淡紅色の糸のような部分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/07 07:14
カラマツソウ
7月6日(金曜日) 先負   キンポウゲ科の大形多年草です。 茎は直立し高さ0.5〜1.2メートルで中空です。 葉は3〜4回3出複葉、小葉は灰緑色で倒卵形。托葉と小托葉があります。 花は7〜9月ごろ、上部がやや平らな複散房花序に多数つき、細長い卵形の萼片がありますが早く落ち、花弁はなく、多数の雄しべが白いため、花は白くみえます。 果実は痩果、楕円形で先がとがっています。 北海道と本州に分布し、暖帯から亜寒帯の草原に生えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/07/06 07:15
ウスユキソウ
7月5日(木曜日) 友引   キク科の多年草です。 茎は叢生し、高さ25〜55センチメートルで、葉は長さ4〜6.5センチメートル、裏面には灰白色の綿毛があります。 根出葉は花期にはありませんが、茎葉が茎全体にわたり互生します。 花は7〜10月ごろ、茎頂につき開き、花の基部には星状に射出する数枚の包葉があります。 包葉はややまばらにつき、表面には汚れた黄灰色の綿毛が密生します。 山地から高山に至るやや乾いた礫地や岩の割れ目に生え、日本から中国大陸中央部の温帯にかけて分布しています。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/05 07:04
ウツギ
7月4日(水曜日) 先勝   ユキノシタ科、ウツギ属の落葉低木です。 野山の日当たりの良いところに生えています。 幹は主幹が発達せず、株立ちになり、高さ1.5〜3mになり、樹皮は灰褐色です。 若枝は赤褐色で星状毛が密生しています。 葉は対生し、長さ5〜10cmの楕円形〜卵状楕円形で、先は尖り、細鋸歯があります。 葉の両面に星状毛があり、葉柄は数mmで、星状毛が密生しています。 花期は5〜7月ごろで、枝先に円錐花序を出し、白い花を多数下向きにつけます。 花弁は5(〜6)枚で、長... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/04 07:14
イワイチョウ
7月3日(火曜日) 赤口   ミツガシワ科の多年草です。 別名はミズイチョウと言います。 太い地下茎が横にはい、葉は長柄があって、根際につき、腎臓形で厚く、光沢があり、先はへこみます。 花茎は高さ15〜40センチメートルで、7〜8月ごろ、花茎の先に枝を分け白色の花が上向きに咲きます。 花冠は深く5裂し、裂片の縁は波打ち、長雄蕊花と短雄蕊花があって株が異なります。 本州の中部地方以北、北海道の亜高山帯の湿地に群生し、北アメリカ北西部にも分布しています。 名前は葉の形がイチョウを思... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/03 07:15
アマニュウ
7月2日(月曜日) 大安   セリ科の大形多年草で、高さ2メートルにもなります。 山地の草原に生えていて、葉は1〜2回3出羽状複葉、質が薄く毛がありません。 小葉は大きく広卵形でさらに三つに切れ込み、鋸歯があります。 葉柄の基部は膨れて鞘状となり、花は8月、径20センチメートルに達する大形の複散形花序に多数つき、白色です。 花柄の基部に細い小総包葉があり、果実は楕円形で約7ミリメートル、左右に狭い翼があります。 北海道、本州(中部地方以北と鳥取県大山)、四国(石鎚山)に分布してい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/02 07:00
ツユクサ
7月1日(日曜日) 仏滅   別名をボウシバナと言います。 ツユクサ科、ツユクサ属の一年草です。 野山、道端などに生えています。 茎の下部は地を這い、よく分枝し、上部は斜上または直立し、高さ30〜50cmになります。 葉は互生し、長さ5〜8cmの卵状披針形で、基部は膜質の鞘状になります。 花期は6〜9月ごろで、葉に対生し、苞に包まれた花序を出し、花の径は1.5〜2cmです。 花は1個ずつ(ときに2個)苞の外に出て、開き、半日ほどで萎みます。 花弁は3枚で、2枚が大きく、青色で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/07/01 07:21
トケイソウ
6月30日(土曜日) 先負   トケイソウ科の常緑つる草です。 葉は掌状に5裂し、夏から秋、径7〜8センチメートルの花を咲かせます。 花弁と萼片は淡紅色を帯び、副花冠は紫色が蛇の目状に入ります。 糸状の副花冠と花弁と萼片を時計の文字盤に見立てて名前がつきました。 ブラジル、アルゼンチン原産で、1723年(享保8年)にオランダから渡来したといわれています。 耐寒性が強く、関東地方以西では露地で越冬することが出来ます。 他種との交雑も可能です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/30 07:06
ムシャリンドウ
6月29日(金曜日) 友引   シソ科、ムシャリンドウ属の多年草です。 北海道、本州中部地方以北の日当たりの良い草地に生えています。 茎は鈍い4稜があり、白い毛が多く、直立または倒れぎみで高さ15〜50cmになります。 葉は対生し、無柄または短柄で、長さ2〜5cmの広線形で、両端は徐々に狭くなります。 花期は6〜7月ごろ、茎頂に短い花穂を出し、数個の青紫色の花がつきます。 花冠は長さ3〜3.5cmで、筒部は基部が急に細くなり、先は唇形を呈します。 上唇は2浅裂し、下唇は3裂し、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/29 07:20
フサフジウツギ
6月28日(木曜日) 先勝  別名をチチブフジウツギ、ニシキフジウツギ、ブッドレアとも言います。     フジウツギ科、フジウツギ属の落葉低木です。 高さは2〜3mくらいになります。 多くの園芸品種がありますが、石垣などに自生しているものも見られます。 葉は対生し、長さ7〜20cmの長楕円形、裏面は白色を帯びます。 花期は6月下旬から9月ごろ枝先から10〜20cmの長い円錐花序を出します。 花は香りが良く、花冠は長さ約1cmの筒状で、曲がらず、先が4裂、平開します。 花の色は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/28 07:12
ヒイラギソウ
6月27日(水曜日) 赤口   シソ科の多年草です。 茎は四角形で直立し、高さ30〜50センチ、短毛があります。 葉は対生し、卵形で長さ5〜10センチ、粗い歯牙があり、ヒイラギの葉を思わせるところから名前がついたようです。 5〜6月ごろ、茎の上部の葉腋に長さ約2センチの青紫色花を咲かせます。 花冠は二唇形、上唇は短く二裂し、下唇は大きく開出して三裂します。 萼は筒状で長さ約7ミリ、先は五裂し、とがります。 山地の木陰に生え、関東地方から中部地方に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/27 07:23
ナミキソウ
6月26日(火曜日) 大安   シソ科の多年草です。 海岸の砂地に生え、砂中に細長い地下茎を引き、茎は高さ20〜40センチ、稜上に上向きの毛があります。 葉は対生し、長卵形で長さ2〜4センチ、質はやや厚く、短い柄があります。 夏から秋、茎の上部の葉腋に紫色花を1個ずつ、一方向に向けて開きます。 花冠は長さ約2センチ、基部からほぼ直角に曲がって立ち上がり、先は二唇形となります。 分果は長さ約1.5ミリ、熟すと萼の上側とともに外れて落ちます。 日本全土、および朝鮮半島、千島、樺太に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/26 07:18
カラフトハナシノブ
6月25日(月曜日)  仏滅   ハナシノブ科、ハナシノブ属の多年草です。 北海道(礼文島と崕山)に生えています。 茎は毛が多く、直立し、高さ30〜60cmになります。 葉は羽状複葉で、小葉は19〜25枚あり、広披針形です。 花期は6〜7月ごろで、花は径約2cmで、花冠は花弁状に5深裂し、花序に腺毛があります。 萼は長さ8〜10mmで、5中裂し、腺毛と細毛が密生します。 礼文島の風衝地には花序が短く、花が密生するレブンハナシノブ(品種)があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/25 07:19
エゾムラサキ
6月24日(日曜日) 先負   ムラサキ科、ワスレナグサ属の多年草です。 北海道、本州中部地方の低地〜深山の林内に生えています。 全体に粗い毛が多く、茎はやや開出する粗い毛があり、基部から直立し、高さ20〜40cmになります。 根生葉は長さ2〜6cmの線状披針形です。 茎葉は互生し、長さ2〜4cmの長楕円形で、鈍頭で、上部のものは茎を抱きます。 花期は5〜7月ごろ、花冠は淡青紫色で、5裂し平開し、径は5〜8mm。苞は花序の基部以外はありません。 花序は花後に伸びて、長さ10〜2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/24 07:18
ウツボグサ
6月23日(土曜日) 友引   シソ科の多年草です。 茎は直立して高さ10〜30センチメートル、基部から横たわるように若枝を出します。 葉は対生し、茎の下部につくものは柄があり、卵状長楕円形で長さ2〜5センチメートル、切れ込みの浅い鋸歯が少数あります。 6〜8月ごろ、茎の先に短い花穂をつくり、密に花をつけます。 包葉は扁心形、萼は上が平らな二唇形で、花冠は紫色で筒部は上向きとなり、上唇は兜状です。 下唇は大きく3裂し、前に突き出て鋸歯があり、側片は小さく、外に曲がります。 花穂... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/23 07:16
ハマフウロ
6月22日(金曜日) 先勝   フウロソウ科、フウロソウ属の多年草です。 北海道と本州北部の主に日本海側の海岸の草地に生えています。 茎は下向きに伏した毛があり、高さ30〜70cmになります。 葉は5中裂し、最終裂片は披針形です。 エゾフウロより切れ込みが浅いとされていますが、連続変異と思われ、区別が困難なものもあります。 花期は6〜9月ごろに花は上向きに咲き、淡紅紫色で、花の径は約3cmほどで萼片は5個で、開出毛はありますが、エゾフウロほど密生していません。 花柄に下向きの伏... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/22 07:14
ハマナス
6月21日(木曜日) 赤口   別名はハマナシと言います。 バラ科、バラ属の落葉低木で、海岸の砂地に生えています。 幹は叢生し、よく分枝し、高さ1〜1.5mになります。 枝には短毛と長さ2〜9mmの刺が多く、刺にも短毛があります。 葉は互生し、長さ9〜11cmの奇数羽状複葉で、3〜4対の小葉があります。 小葉は長さ2〜3cm、幅1〜2cmの楕円形〜卵形で、鋸歯があり、表面にしわがあります。 托葉は膜質で、幅広く、葉柄に合着します。 花期は6〜8月ごろで、枝先に紅色の花を1〜3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/21 07:11
ザボンソウ
6月20日(水曜日) 大安   別名をシャボンソウと言います。 ナデシコ科、ザボンソウ属の多年草です。 観賞用に庭に栽培され、野生化し道端や空き地などに生えています。 茎は鈍い4稜があり、無毛で、直立し、高さ40〜70cmになります。 葉は対生し、無柄で、長さ3〜10cmの狭長楕円形で、3脈が目立ち、先が尖ります。 花期は6〜8月ごろで、茎頂および上部の葉腋に淡紅紫色の花が集散状につき、花の径は約3cmほどで花弁は普通5枚で、先が浅く裂け、基部に2個の小鱗片があります。 花柱は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/20 07:03
タチアオイ
6月19日(火曜日) 先負   アオイ科の多年草です。 園芸的には英名のホリホックの名前でよぶことが多いです。 全体に硬毛で覆われ、葉は心臓形で、花穂は高さ2〜3メートルに及び、花序は1メートルを超します。 径約10センチの花を腋生し、一重咲きと八重咲きがあり、花色は赤、藤桃、桃、淡黄、白色などがあります。 性質はじょうぶで、農家の庭先などに普通にみられ、花壇植えにもされています。 一年生の新種マジョレット、シルバーパフなどは早春に播種すると、高さ1〜1.5メートルになり、その年... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/19 07:21
シラネアオイ
シラネアオイ科の多年草です。 1属1種のみからなり、代表的な日本の特産植物です。 地下茎は太く横にはい、茎は高さ20〜50センチメートル、基部には鱗片状に退化した葉があります。 葉は円腎形で、5〜11中裂し、先は鋭くとがっています。 5〜8月ごろ、淡紫色で径約10センチメートルの大きな花を開き、花弁はなく、花弁状の萼片が4枚あります。 果実は扁平でやや四角形の袋果で、広い翼をもつ種子が多数あります。 山地の林縁や草原に生え、中部地方以北の本州から北海道の日本海側多雪地に分布し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/18 07:10
シャジクソウ
6月17日(日曜日) 先勝   マメ科の多年草です。 茎は叢生して斜上し、高さ15〜50センチメートルで、葉は3〜5まれに6小葉からなる掌状複葉です。 葉柄は短く、托葉は膜質で上部まで葉柄に合着します。そのため小葉が節に輪生しているように見え、この名前に由来したと思われます。 小葉は倒披針形で長さ2〜5センチメートル、側脈は縁に達して鋸歯に入ります。 6〜8月ごろ、葉腋に花柄を出し、先端に10〜20個の花を密につけ、頭状花序をなします。 花は淡紅ないし紅紫色の蝶形花で、長さ1.2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/17 07:26
コマツナギ
6月16日(土曜日) 赤口   マメ科の草状小低木です。 茎は多数分枝し、高さ60〜90センチメートルで、葉は奇数羽状複葉で7〜11枚の小葉からなります。 小葉は長楕円形、長さ1〜2.5センチメートルで、7〜9月ごろ、葉腋の総状花序に淡紅色の小さな蝶形花をやや密につけます。 豆果は3〜8個の種子を含み、細い円筒形で、長さ約3センチメートル、茶褐色に熟します。 本州から九州の山野のやや乾いた日当りのよい所に生え、朝鮮の済州島、中国にも分布しています。 名前は、茎がじょうぶで馬(駒)... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/16 07:07
シチダンカ
6月15日(金曜日) 大安   ユキノシタ科(アジサイ科)、アジサイ属の落葉低木です。 ヤマアジサイの変種です。 兵庫県六甲山の林縁に生えていて、または観賞用に栽培されています。 茎は直立し、高さ1〜1.5mになります。 葉は対生し、有柄で、長さ10〜15cmの長楕円形で、先が尖り、鋸歯があります。 花期は6〜7月ごろ、枝先にに集散花序を出し、中央に小さな両性花が多数あり、その周囲に装飾花があります。 装飾花は八重で、径は約2cmほどです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/15 07:13
イナモリソウ
6月14日(木曜日) 仏滅   アカネ科の柔らかい多年草です。 地下茎は細く、地中をはい、地上茎は高さ1.5〜10センチメートルで、花は5〜6月ごろに開き、白または淡紫、紅色で美しいです。 子房は5室、各室に1個の胚珠が各室の基部から上向きにつきます。 果実は乾果で、5個の核をもちます。 関東地方以西の本州、四国、九州の山地の木陰に生えています。 名前は、江戸時代に名古屋の花屋が三重県稲森山からとり、イナモリソウと名づけて売り出したことによると言います。 イナモリソウ属は日本特... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/14 07:17
ハナショウブ
6月13日水曜日) 先負   ハナショウブはノハナショウブの園芸種です。 6月ごろに花を咲かせます。花の色は、白、ピンク、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれています。大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類でき、古典園芸植物でもありますが、昨今の改良で系統色が薄まっています。他にも原種の特徴を強く残す山形県長井市で伝えられてきた長井古種や、海外、特にアメリカでも育種が進んでいる外国系があります。 近年の考察では、おそらく東... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/13 07:26
カキツバタ
6月12日(火曜日) 友引   アヤメ科の多年草で、根茎は堅く、枯れた葉の繊維に覆われます。 葉は剣状、長さ30〜70センチメートル、幅2〜3センチメートル、先は少し垂れ、中央脈は不明、光沢はなく、花茎は高さ50〜70センチメートル、分枝せず、5〜6月、先に2、3花を咲かせます。 花は青紫色、径約12センチメートル、外花被片の弦部は広倒卵形で垂れ、長さ5〜7センチメートル、中央より下に中央脈に沿って白色または淡黄色の斑紋があります。 内花被片は矛形で直立し、白色花品種はシロカキツバ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/12 07:08
ナツツバキ  「夏椿」
6月11日(月曜日) 先勝   ツバキ科の落葉高木です。 シャラノキ(沙羅樹)ともいいますが、サラソウジュ(沙羅双樹)の名前で利用されることがあり、真正のサラソウジュ(フタバガキ科)と混同されることが多いです。 樹皮は赤褐色で滑らかで、葉は互生して枝先につき、楕円形で長さ約10センチメートルで、夏、新枝の葉腋に径約5センチメートルでツバキに似た白色花を1個ずつ咲かせます。 萼片、花弁ともに5枚で、雄しべは多数あり、花糸の基部は花弁に合着します。 雌しべは1本で、花柱は5裂し、子房は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/11 07:04
ツマトリソウ  「褄取草」
6月10日(日曜日) 赤口   サクラソウ科の多年草です。 細い地下茎を伸ばして繁殖し、多くは群生します。 茎は高さ10〜15センチメートルで、葉は細長く長さ約5センチメートル、茎の上部に数枚接するように互生し、下方の葉はやや小形です。 初夏、上方の葉腋に細い柄を出し、径約2センチメートルの花を1個上向きに開きます。 1株に2、3個つき、花冠は白色で深く7裂し、先端の周辺がやや淡紅色に縁どられることがあるので、ツマトリソウの名がついたそうです。 雄しべは7本、雌しべは1本、萼は7... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/06/10 07:11
オオカサモチ
6月9日(土曜日) 大安   セリ科の大形の多年草です。 茎は高さ2メートルに達し、中空で隔壁がありません。 葉は大形で質が薄く2回3出羽状複葉、小葉は細く切れ込みます。 花は7〜8月ごろで、半球状の複散形花序につき、白色です。 果実は卵形で狭い翼があり、山地の草原に生え、中部地方以北の本州、北海道、朝鮮、中国、シベリアなどに分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/09 07:17
オオアマナ
6月8日(金曜日)  仏滅     別名をオーニソガラムまたはウンベラータムと言います。 ユリ科、オオアマナ属です。 観賞用に庭などで栽培され、北海道、本州の空き地や川原などに野生化しています。 花茎は直立し、上部で分枝し、高さ15〜30cmになります。 葉は8本ほどが地際で束生し、長さ約30cmの扁平な線形です。 花期は4〜6月ごろで花は日中に開きますが夕方には閉じてしまいます。 花の径は3〜4cmで、花被片は6枚で、内側は白で、外側は緑色の幅広いすじがあります。 果実は6... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/08 07:10
ウメガサソウ  「梅笠草」
6月7日(木曜日)  先負   イチヤクソウ科の草本状の半低木です。 葉は常緑、広披針形で3〜5枚が輪生状に集まって2、3段につきます。 花茎は高さ5〜15センチメートルで、6〜7月ごろにウメに似た白色の5弁花が1〜3個下向きに開き、果期は上向きます。 丘陵帯から山地帯の林内に生え、北海道、本州、四国、九州からアジア東部に広く分布しています。 ウメガサソウ属は地上茎に細長い葉をつけ、半低木で花は散形状につき、世界に4種、そのうち日本に2種が分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/07 07:08
イチヤクソウ  「一薬草」
6月6日(水曜日)  友引   イチヤクソウ科の多年草です。 地下に横走する長い根茎があります。 葉は常緑で根際につき、広楕円形で、質が厚く、縁辺に細鋸歯があります。 花茎は高さ15〜30センチメートル、5〜7月ごろに白色でウメに似た5弁花が斜め下向きに開きます。 萼裂片は広披針形で、先はとがり、花柱は長く花から抜き出ます。 丘陵帯から山岳帯の腐葉土が多い林内に生え、北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/06/06 07:10
イヌタデ  「犬蓼」
6月5日(火曜日) 先勝   タデ科の一年草です。 茎は直立または斜上し、高さ20〜50センチメートル、円柱形で普通は紅紫色を帯びます。 葉は互生し、広披針形または披針形で先端がとがり、縁と裏面脈上に毛があります。 葉鞘は筒状で等長の縁毛があり、花期は6〜10月で、枝の先に長さ2〜5センチメートルの穂状花穂をつくり、紅紫色、まれに白色の小花をつけす。 花被は5枚で倒卵形、長さ約1.5ミリメートルで、雄しべは普通8本、花柱は3本、痩果は暗褐色の三稜形で長さ約1.5ミリメートル、光沢が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/05 07:09
イワウメ  「岩梅」
6月4日(月曜日) 赤口   イワウメ科の草状の小低木です。 茎は多くの枝に分かれて地をはい、常緑の革質でへら形の葉が密生してマット状の株をつくります。 夏、枝先に短い花茎を出し、上向きの1花を開きます。 花は白色、鐘形で5裂し、ウメの花に似ています。 雄しべは5本で、高山の岩地に生え、本州の中部地方以北、北海道、千島、樺太、カムチャツカ、アラスカに分布しています。 基本種はヨーロッパにあり、イワウメより葉が細いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/04 07:16
ギンリョウソウ  「銀竜草」
6月3日(日曜日) 大安   イチヤクソウ科の多年生の腐生植物です。 別名ユウレイタケ、マルミノギンリョウソウの名前もあります。 全体が純白色ですが、桃色を帯びるものもあり、乾くと黒くなります。 茎は高さ5〜20センチメートル、太く直立し、多数の鱗片葉が上向きにつきます。 4〜7月ごろ、茎頂に白い花が1個下向きに開き、包葉に包まれます。 花柱は先が開出し、柱頭は暗紫色に染まります。 丘陵帯から亜高山帯の腐植土の多い林床に生え、日本全土、樺太、南千島、朝鮮、中国、ヒマラヤに分布し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/03 07:08
ギンバイカ
6月2日(土曜日) 仏滅   別名;ギンコウバイ、イワイノキ。 フトモモ科、ギンバイカ属の常緑低木です。 観賞用に栽培されています。 幹は直立し、よく分枝し、高さ2〜4mになります。 葉は密に対生し、長さ2〜4cmの卵状楕円形〜楕円形で、全縁で、光沢があります。 花期は5〜6月ごろ、葉腋から柄を出し、白い花をつけ、花の径は約2cmほどです。 花弁は5枚で、白(〜淡紅色)。雄しべは多数で、花弁よりやや長く、雌しべは1本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/02 07:17
オオデマリ  「大手鞠」
6月1日(金曜日) 先負   スイカズラ科の落葉低木です。 高さ2〜3メートルになり、若枝や葉に星状毛があります。 葉は対生し、広卵形ないし広楕円形、長さ5〜7センチメートルで先が短くとがり、縁に鋸歯があります。 葉質はやや厚く、表面は側脈がへこみ、しわが寄ったようにみえます。 4〜5月ごろ、枝先にアジサイに似た球形の集散花序をつけ、帯緑白色から白色になって開きます。 ヤブデマリの花序が全部装飾花(中性花)になった園芸品種であって、花弁が大きくなった花冠は不ぞろいに5裂し、裂片は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/06/01 07:31
コキンバイ
5月31日(木曜日) 友引   バラ科、コキンバイ属の多年草です。 北海道、本州中部地方以北の山の林内に生えています。 根茎は細く、地を這って広がり、花茎は直立し、高さ5〜15cmで、毛が多いです。 葉は根生し、長柄があり、3小葉からなり、毛が多少あり、葉柄は長さ5〜10cmほどです。 小葉は長さ2〜3cmの倒卵形で、上半分に欠刻状の鋸歯があります。 花期は4〜6月ごろ、茎上部に黄色の花を1〜3個つけ、花の径は約2cmほどで、花弁は5枚で、ほぼ円形です。 雄しべは多数あり、目立... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/31 07:02
キンラン  「金蘭」
5月30日(水曜日) 先勝   ラン科の多年草で、根茎は短いです。 茎は高さ30〜60センチメートルで、葉は5、6枚、茎上に互生し、楕円形ないし披針形、長さ7〜12センチメートル、顕著な縦じわがあります。 5〜6月ごろ、頂生の花序に黄色の花を数個ないし十数個つけ、包葉は子房よりも短いです。 花は径約1センチメートルで、あまり開きません。 唇弁にはごく短い距があります。 低山の疎林下に生え、本州、四国、九州および朝鮮半島、中国に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/30 07:10
ユキノシタ  「雪下」
5月29日(火曜日) 赤口   ユキノシタ科の半常緑多年草です。 春、細い走出枝を多数広げ、節や先に小苗をつけて繁殖します。 葉は腎円形多肉質で柔らかく、長短の白毛があり、裏面は赤色を帯びます。 表面は白雲状の斑のあるものもあり、乾期や冬は、葉柄を地表に伏せます。 初夏、20センチメートル以上の花柄を出し、円錐状に花をつけ、花弁は細く5枚、上方3枚は小さく濃紅色の斑点があり、下方2枚は大形で大小不同、白色です。 薄暗い陰地に満開になるとみごとです。 日本、および中国原産で、湿っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2012/05/29 06:58
桐の花
5月28日(月曜日) 大安   初夏、淡い紫色の花を鈴なりに咲かせます。葉が出る前に咲くので遠くからでも目立ち、清楚な感じの花で、畑や庭、山地などに見られ、夏の訪れを感じさせる花です。   桐の木は、ノウゼンカズラ科キリ属の落葉高木で、畑などで栽培されるほか山地にも自生しています。 高さは十五メートルくらいになり、卵形の大きな葉は対生し、五月ころ枝先に円錐花序をのばし、紫色の筒状の花を多数つけます。 花が衰え始めると、長い柄を持った葉が出てきます。材は箪笥、下駄、建築材などに利用... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/28 06:50
ルピナス
5月27日(日曜日) 仏滅   北アメリカ西部を中心に、南アメリカ、南アフリカ、地中海沿岸に200種以上が分布しています。花後に枯れてしまう一年草もしくは二年草、毎年花を咲かせる多年草、低木になる種があります。 基本的に高温多湿に弱く、園芸では多年草タイプのものも一年草として扱うことが多いです。秋にタネをまいて翌年(もしくは翌々年)に花を楽しむ秋まき一年草(二年草)として栽培するのが一般的です。  中〜大型の植物で草丈は40cm〜1.2mになります。葉は手のひらのような形で、春〜初夏... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/27 07:16
キリンソウ  「麒麟草」
5月26日(土曜日) 先負   ベンケイソウ科の多年草です。 葉の形や大きさ、茎高などの変異性に富みます。 根茎があり、毎年高さ10〜50センチメートルになる花茎を多数束生します。 葉は普通は互生し、質が厚く、広倒披針形または倒卵形で長さ2〜5センチメートル、縁に鈍い鋸歯があります。 5〜7月ごろ、多数の黄色花を平面状に密生した集散花序を頂生します。 花は径約1センチメートル、5数性で雄しべは10本で、花弁は披針形です。 雌しべ5本、子房は熟して星形の果実となります。 山地の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/26 07:21
ワチガイソウ  「輪違草」
5月25日(金曜日) 友引   ナデシコ科の多年草です。 根は主根がダイコン状に肥厚します。 茎は直立し、高さ10〜15センチで、春、茎の先に小さな五数性の白色花を少数開き、茎の下部に閉鎖花をつけます。 落葉樹林下に生え、関東地方以西の本州から九州、および中国に分布しています。 本種によく似るヒゲネワチガイソウは根が肥厚せず、普通、花は茎頂に単生し、七数性となることが多いです。 落葉樹林下に生え、中部地方、および朝鮮半島に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/25 07:13
イボミキンポウゲ
5月24日(木曜日) 先勝   キンポウゲ科、キンポウゲ属の1〜2年草です。 畑などに生えています。 茎はまばらに長い開出毛があり、直立し、まばらに分枝し、高さ10〜60cmになります。 根生葉は長柄があり、1回3出複葉または単葉で3中裂し、裂片は狭卵形で、鋸歯があり、葉表は無毛で、葉裏は長い伏せ毛がまばらにあります。 茎中部〜上部の葉は互生し、深裂し、短い柄があります。 花期は4〜7月ごろで、枝先や葉腋に黄色い花をつけ、花の径は1〜1.5cmで、花弁は5枚で、光沢があります。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/24 07:21
エゾスカシユリ
5月23日(水曜日) 赤口   ユリ科、ユリ属の多年草です。 茎はやや角ばり、茎下部の乳頭状突起が少なく、直立し、高さ50〜90cmになります。 葉は互生し、長さ約10cmの披針形です。 花期は5〜7月ごろで、茎先に橙色〜橙黄色の花を1〜3個ほど上向きにつけ、花の径は9〜10cmぐらい、花被片は6枚で、濃色の斑点があり、基部が細く、隙間が開いています。 花被片外側に綿毛があり、蕾と花柄に綿毛が密生します。 雄しべは6本で、雌しべは1本です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/23 07:10
アポイキンバイ
5月22日(火曜日) 大安   バラ科、キジムシロ属の多年草です。 茎は縮れ毛が密生し、直立し、高さ約10cmになります。 根生葉は長柄があり、ほぼ無毛で、光沢があり、3小葉からなります。 根生葉の小葉は幅約1.5cmで、深く切れ込み、裂片は線形で先に赤い腺があります。 根生葉の柄は無毛で、赤みを帯びています。 茎葉は無柄で、3小葉からなります。 花期は5〜6月ごろで、花茎に1〜3個ずつ黄色い花がつき、花の径は約17mm、花弁は5枚で、先が凹みます。 萼片、副萼片は各5個で、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/22 07:11
シャリンバイ  「車輪梅」
5月21日(月曜日) 仏滅   バラ科の常緑低木です。 高さ1〜4メートルで、多くの枝に分かれます。 葉は単葉で枝の先に集まって互生し、倒卵形から楕円形で、有柄で縁にすこし鋸歯があるかまたは全縁です。 托葉は線形で早く落ちます。 5〜6月ごろ、枝先に円錐花序をつくり、白色の5弁花を開きます。 雄しべ20本で、雌しべは2本、子房は下位。果実はナシ状果、球形で径約1センチメートル、やや光沢があり、黒く熟します。 暖地の海岸に生え、本州から九州に分布しています。 形態的な変異が大き... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/21 07:02
アズマシロカネソウ
5月20日(日曜日) 友引   キンポウゲ科、シロカネソウ属の多年草です。 本州秋田県〜福井県の日本海側の山の林下に生えています。 全体に無毛で、草丈は10〜25cmになり、匐枝を出しません。 根生葉は無いか、または1個あります。 茎葉は対生し、複葉で、小葉は長さ2〜4cmの倒卵形で、欠刻状の鈍鋸歯があります。 花期は4〜6月ごろで、茎頂に1〜2個の花柄を出し、淡黄緑色の花を下向きにつけ、花は半開し、花の径は7〜10mmほどです。 花弁状の萼片は5枚で、外側は暗紫色を帯びます。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/20 07:17
サバノオ  「鯖尾」
5月19日(土曜日) 先勝   キンポウゲ科の多年草です。 シロカネソウ属に属し、似たものが多いですが、サバノオは花が緑白色で全開せず、茎や葉に毛があるので区別されます。 茎は高さ10〜20センチメートルで、葉は1回3出複葉で鈍い鋸歯があり、葉柄の基部は著しく拡大して鞘状となります。 5〜6月ごろ、茎頂に数個の花を下向きに開きます。 緑白色の萼片の内側に黄色い花弁があります。 袋果は2個で平開し、サバの尾びれのようにみえるのでこの名前がつきました。 温帯林内に生え、九州に分布し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/19 07:22
ゼニアオイ
5月18日(金曜日) 赤口   アオイ科、ゼニアオイ属の2年草です。 観賞用に栽培され、または道端や空き地などに野生化しています。 茎はほぼ無毛で、緑色の円柱形で、直立し、高さ60〜120cmになります。 葉は互生し、長柄があり、腎円形で、浅く5〜9裂し、鈍鋸歯があります。 花期は5〜8月ごろで、葉腋に紅紫色の花を数個つけ、花弁は5枚で、濃色のすじがあり、花の径は3〜4cmぐらいです。 雄しべは多数あり、花糸の下部は合着し筒状で雌しべを包みこみます。 萼は緑色で、5裂し、裂片は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/18 07:14
ショウジョウバカマ  「猩々袴」
5月17日(木曜日) 大安   ユリ科の常緑多年草です。 地下茎は太くて短く、葉は倒披針形で先は鋭くとがり、両面は無毛でやや光沢があり、冬に多数開出します。 3月〜7月、10〜30センチメートルの花茎の頂に3〜5個の紅紫色の花を総状につけます。 花茎は結実期に伸長して60センチメートルに達するものもあります。 北海道から九州にかけての低地から低山帯の森林の林床および高山帯下部の湿潤なお花畑や高層湿原に生育します。 名前は、赤い花を猩々の顔に、下に広がった葉を袴に見立てたのだろうと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/17 07:17
クロカミラン
5月16日(水曜日)  仏滅   ラン科、ハクサンチドリ属の多年草です。 ウチョウランの変種です。 茎は無毛で、斜上し、高さ約10cmになります。 葉は2枚が互生し、長さ5〜8cmの広線形で、基部は鞘状になり茎を抱きます。 花期は5〜6月ごろで、茎上部に紅紫色の花を一方に偏ってつけ、花の径は約15mmほどで、唇弁は3裂し、濃色の細かい斑点が多数あります。 距は長さ約6mmで、短く細く、側萼片は水平に開出します。 苞は披針形です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/16 07:47
イカリソウ  「錨草」
5月15日(火曜日) 先負   メギ科の多年草です。 根茎は太く短く横にはい、じょうぶな細い根を出します。 根出葉は長い柄があり、2〜3回3出複葉になり、小葉は卵形で先はとがり、基部は心臓形または矢じり形、縁に刺毛状の鋸歯が多いです。 葉の毛は両面とも多いものから、ほとんどないものまで、さまざまです。 4〜5月の開花で、30〜50センチメートルほどの花茎に根出葉とよく似た葉を1枚つけ、上には総状花序に4〜7花をつけます。 花は下向きに開き、径3センチメートル、白ないし紅紫色です。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/15 07:10
フデリンドウ  「筆竜胆」
5月14日(月曜日) 友引   リンドウ科の越年草です。 茎は高さ5〜10センチで、茎葉は密接して対生し、広卵形で質は厚く、縁は白色で微突起があります。 根出葉は花期にはありません。 3〜5月、茎上部に花を1〜8個、日を受けて上向きに開きます。 花冠は青紫色、裂片の間に副片があります。 丘陵から山地の雑木林や野原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、南千島に分布しています。 名前は、花の閉じた形が筆の穂先に似ることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/14 07:30
ハナシノブ  「花忍」
5月13日(日曜日) 先勝   ハナシノブ科の多年草です。 茎は直立し、高さ60〜90センチ、葉は互生し、羽状複葉です。 小葉は広披針形で長さ1.5〜4センチ、幅0.3〜1.5センチ、先端はとがります。 夏、円錐花序をつくり、青紫色花を開き、花冠は高坏形で径1〜1.5センチほどです。 果は球形で径4〜5ミリ、種子は長さ約2ミリほどで、山地の草原に生え、九州北部に分布しています。 名前は、葉の形がシダ植物のシノブを思わせることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/13 07:22
アメリカフウロ
5月12日(土曜日) 赤口   高さ20cmにも満たない小さな一年生草本です。北アメリカ原産でおよそ100年弱前の昭和に入ってから渡来した外来種です。   葉には深くて細かい切れ込みが入っていて切れ込みの幅が広いのが特徴です。 春から夏に径5〜7mm程度の小さな淡紫色の花をつけます。 繁殖力が旺盛で、現在では市街地のちょっとした緑地から多摩丘陵に残された里山にも普通に進出しています。 名前の由来はフウロソウの仲間(同属)でアメリカからの外来種なので、アメリカフウロです。「風... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/12 07:17
オドリコソウ
5月11日(金曜日) 大安   オドリコソウは,人里や草地の林縁に多い多年草だが,生育する環境は幅広く,山地の林のなかで見られることもある。 花の形を扇子を持って菅笠をかぶった踊り子に見立ててこの名前があります。 花の色は淡紅紫色と白色があり,地域によってだいたいどちらかに決まっており,両方が混生することは多くありません。 九州や四国,そして東北北部などで紅紫色が多く,その他の地域では白花をよく見かけられます。 同じ属で同じ頃に花が咲くものは,ヒメオドリコソウやホトケノザがあります... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/11 07:26
ジャーマンアイリス
5月10日(木曜日) 仏滅   地中海沿岸〜中近東原産のゲルマニカ種といくつかの原種アイリスとの交配により人為的に作られた園芸品種群です。とても高貴で豪華な花を咲かせる宿根アイリスであり、古くからヨーロッパで愛されてきました。 ジャーマンアイリスの名前からドイツ原産と思われていますが、実は違います。ゲルマニカというドイツアヤメが母体となっているため、このように呼ばれるようになったようです。 20世紀初頭からヨーロッパで生まれたジャーマンアイリスは、1920年ごろにアメリカに渡り人気が爆... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/10 07:18
トキワハゼ  「常盤爆」
5月9日(水曜日)  先負   ゴマノハグサ科の一年草です。 葉は根際に集まり、倒卵形で先は丸く、浅い鋸歯があります。 春から秋、5〜20センチメートルの花茎を出し、数個の淡紅紫色の花を咲かせます。 花冠は唇形で下唇は大きく、上唇は小さくて先が2裂します。 畑や道端に生える雑草で、日本全土、および東アジアの温帯に広く分布します。 名前は、春から秋まで、いつでも花がみられることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/09 07:20
草津・・三大神社の砂擦りの藤
5月8日(火曜日)  友引   JR草津駅の北約3.5km、条里集落の遺構地吉田の中心にあります。祭神は志那津彦命(しなつひこのみこと)、志那津姫命(しなつひめのみこと)です。  本殿の傍らにある高さ2m、六角柱の石燈龍は鎌倉時代の石造美術を代表するもので、正応四年の刻銘があり、国指定の重要文化財になっています。  この神社は、毎年4月下旬から5月上旬にかけて、穂が地面に擦るほど長くなることから「砂擦りの藤」と呼ばれる見事な古藤が開花することで知られ、毎年近畿一円からも多くの見学者が訪... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/05/08 07:25
チョウジソウ 「丁子草・丁字草」
5月7日(月曜日)  先勝   キョウチクトウ科の多年草です。 茎は直立し、高さ40〜80センチメートルで、葉は披針形で普通は互生しますが、対生するものもあります。 初夏、茎頂に十数個の青紫色花を集散状につけます。 花は高坏状で細い筒の先が5裂し、径約1.3センチメートルほどです。 果実は円柱状の袋果で多くは角状に2本に分かれ、長さ約5センチメートル。 本州、九州のやや湿った草地に生え、朝鮮半島、中国に分布します。 名前は、花形が香料植物のチョウジに似ることによります。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/07 07:23
オランダミミナグサ 「和蘭耳菜草」
5月6日(日曜日) 赤口   ナデシコ科の越年草です。 茎は株立ちとなり高さ約20センチメートルほどで、葉は柄がなく対生し、楕円形で長さ約1.5センチメートル、両面とも毛に覆われます。 4月から5月にかけて、茎の先の集散花序に多くの花をつけます。 花弁は5枚、長さ5ミリメートルほどで白色、先は浅く二つに切れ込みます。 果実は、萼よりも長く突き出て、先が10裂します。 ヨーロッパ原産の帰化植物で、日本全土の畑や道端の雑草となっています。 全体が黄色がかった緑色で、毛が多く、花柄が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/05/06 07:19
イブキシモツケ
5月5日(土曜日) 大安   バラ科、シモツケ属の落葉低木です。 本州近畿地方以西、四国、九州の山の日当たりの良い岩礫地に生えています。 幹はよく分枝し、高さ1〜1.5mになります。 葉は互生し、有柄で、長さ約4cmの卵形〜菱形状長楕円形で、鋸歯があり、しばしば3浅裂します。 葉の脈は網目状に葉裏へ隆起し、葉表はしわが目立ちます。 花期は4〜6月ごろで、短枝の先に径約3cmの散房花序を出し、白い小さな花を多数つけ、花の径は約7mm。 花弁は5枚で、円形で、平開します。 雄しべ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/05 07:16
ハナミズキ
5月4日(金曜日) 仏滅   ミズキ科の落葉高木です。北アメリカ原産で、花が同属のヤマボウシに似るので、アメリカヤマボウシとも言います。アメリカヤマボウシとハナミズキの名前を混ぜ合わせてアメリカハナミズキという場合がありますが、アメリカの名前を冠する呼称は適切ではありません。高さ5〜12メートルで、樹皮は灰黒色で縦に溝があり、小枝は緑白色または紫褐色です。葉は短い柄があって対生し、楕円形または卵形で長さ8〜15センチメートル、先は短くとがり、縁に鋸歯はありません。葉裏は白色を帯び、脈上に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/04 07:16
エビネ
5月3日(木曜日) 先負  ラン科カランセ(エビネ)属の植物は日本や中国、台湾、東南アジア〜マレーシア、ヒマラヤなどに150種以上が分布します。  そのすべてを総称して「エビネ」と呼ぶ場合もあれば、日本原産のカランセ属のみを「エビネ」と言うこともあります。また日本原産のものの中でも夏や秋に咲くものは区別されることもあります。  主に東南アジア原産の落葉性冬咲き種のことを属名の「カランセ」と呼ぶこともあります。 以上のように「エビネ」と言っても広くとらえるか限定するか、分類学上な... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/03 07:23
ハナカイドウ
5月2日(水曜日) 友引   中国原産の落葉樹で、庭木や鉢花として親しまれています。リンゴの仲間で日本には江戸時代に入って来ました。漢字で書くと『海棠』です。棠は梨のことで、海棠とは海外から来た梨という意味です。中国では古く牡丹と並び称されて人気の高い花で美人を表す言葉でもありました。   ソメイヨシノが咲き終わる頃に紅色の可憐な花を枝いっぱいに咲かせます。花びらは雄しべと雌しべを軽く包むような半開状態になり、完全に開きません。大きさは径4cm前後で一重から半八重です。長めの花茎を伸ばし... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/02 07:17
アマミセイシカ
5月1日(火曜日) 先勝   ツツジ科、ツツジ属の常緑小高木です。 奄美大島の川岸や林内に生えています。 幹は高さ6〜7mになり、樹皮は暗褐色です。 葉は枝先に密に互生し、長さ6〜12cmの狭長楕円形で、両端が尖り、両面とも無毛です。 花期は3〜5月ごろで、枝先に白〜淡紅紫色の花を数個つけます。 花冠は径6〜7cmの漏斗形で、5深裂し、上側の裂片に黄緑色の斑点があります。 雄しべは10本で花糸、子房、花柱は無毛です。 萼は小さく、5裂し、花柄は無毛です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/05/01 07:22
リキュウバイ  「利休梅」
4月30日(月曜日) 赤口   バラ科の落葉低木です。 別名をウメザキウツギ、マルバヤナギザクラとも言います。 高さ2〜4メートルで全体に毛はありません。 葉は互生し、長楕円形で、長さ3〜7センチ、先はやや丸く、上部の縁に少数の鈍い鋸歯があり、裏面は粉白色を帯びます。 4月、総状花序に白色一重、径3〜4センチの花を数個開きます。 花弁は広倒卵形で基部は急に狭くなり、雄しべは15〜25本あってよく目だちますが、花弁よりは短いです。 雌しべの花柱は5本で、果実は五稜があり、長さ約1... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/30 07:16
ノアザミ 「野薊」
4月29日(日曜日) 大安   キク科の多年草です。 茎はやや花茎状で直立し、高さ0.5〜1メートルになります。 葉は羽状に中裂し、縁の鋸歯は先が鋭い刺になります。 根出葉は花時にも残り、花期は4〜8月ごろ。 数多いアザミのなかで、春に咲くのは本種のみです。 頭花は紅紫色で径約3センチ、管状花のみからなります。 総包片は直立して先端は刺になり、背部に粘着質を分泌し、粘り付きます。 山野にごく普通に生え、本州から九州に分布しています。 古くから野草の代表として、絵の対象にされ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/29 07:45
ノゲシ 「野芥子」
4月28日(土曜日) 仏滅   キク科の一年草または越年草で、ハルノノゲシ(春野芥子)とも言います。 全体に粉白を帯び、切ると乳液が出ます。 名前は、これらの点が葉形とともにケシに似ることによります。 茎は柔らかく中空で、高さ0.3〜1メートルで、葉は羽状に切れ込み、縁に鋭い鋸歯がありますが、触っても痛くはありません。 茎葉の基部は矢じり形に茎を抱き、春から秋、舌状花のみからなる黄色で径約2センチの頭花をつけます。 痩果は縦と横の条があり、冠毛は白色で柔らかく、道端や空き地にごく... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/28 07:21
シロツメクサ
4月27日(金曜日) 先負   別名;クローバー。 マメ科、シャジクソウ属の多年草です。 野山の日当たりの良い草地に生えています。 普通全体に無毛で、茎は地を這って長く伸び、葉と花序が立ち上がり、草丈は約15cmになります。 葉は互生し、長柄があり、3小葉からなります。 小葉は長さ1〜3cmの広倒卵形で、表に淡色のV字の斑紋があります。 花期は4〜8月ごろで、葉腋から長い柄を出し、先に球形の花序をつけ、白い花が多数咲きます。 花は短い花柄があり、長さ約1cmの蝶形です。 萼... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/27 07:29
シャガ「著我・莎我」
4月26日(木曜日) 友引   アヤメ科の多年草です。 日本のアヤメ科のなかでは唯一の常緑種です。 葉は2列に互生して袴状に並び、長さ30〜60センチメートル、幅2〜3センチメートルで光沢があります。 花期は4〜5月ごろで、花茎は高さ30〜70センチメートル、上方で分枝し、径約5センチメートルの花をつけます。 花被片は6枚で白色から淡紫色、外花被片の内面中央部に橙黄色の斑紋があり、毛状の突起が並んでとさか状になります。 人里近くの日陰に野生し、本州から九州に分布しています。 す... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/26 07:26
アミガサユリ「別名貝母(ばいも)」
4月25日(水曜日) 先勝   中国原産の多年生の草木で、草丈は15〜55cm程度であります。茎の下部の葉は対生し、狭被針形ないし線形で6〜17cmほどの長さがあります。中・上部から出る葉は3〜5個が輪生し、特に上部の葉はひげ状になり、3〜4月頃に先端の葉の脇に6弁のつりがね状の淡黄色の花がつきます。花の外面は緑色の筋があり、内面には紫色の網状の紋様があります。この内面の紋様が編み笠に似ていることからアミガサユリの名前が付けられたそうです。 5〜6月頃に地上部が枯れた頃に鱗茎を掘り出し、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/25 07:25
シジミ花
4月24日(火曜日) 赤口   シジミ花はユキヤナギに似ていますが八重咲きでユキヤナギより遅く(4〜5月)花が咲きます。育て方もユキヤナギと同様で地植えできます。 樹高 1〜2m 耐寒 耐署性が強い落葉低木で、陽当たりを好みますが耐陰性もあります。 元肥として完熟堆肥を入れて植え付けます。 1月、花後すぐ、9月に、固形肥料の置き肥をしますが、丈夫な木なのであまり肥料を与えなくても花は咲きます。 花が終わった後に剪定して樹形を整えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/24 07:22
シラン
4月23日(月曜日) 大安   ラン科、シラン属の多年草です。 日当たりの良い湿った草地に生えていて、または観賞用にも栽培されるています。 茎は高さ30〜60cmになります。 葉は互生し、5〜6枚あり、長さ20〜30cmの長楕円形で、先が尖り、基部は鞘状になります。 花期は4〜6月ごろで、茎先に紅紫色(または白)の花を数個つけ、横向きに咲き、花の径は約3cmほどで、萼片3枚と側花弁2枚は長楕円形で、先が尖ります。 唇弁は卵形で、3浅裂し、縦のひだが数本あります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/23 07:23
オダマキ
4月22日(日曜日) 仏滅   オダマキはキンポウゲ科の耐寒性多年草です。 ヨーロッパ原産の西洋オダマキ、日本が原産地のミヤマオダマキと大きく2つに分けられます。 西洋オダマキの草丈は約70cm、ミヤマオダマキは20〜30cmで、花は初夏に咲きます。 オダマキの名前は花が苧環(おだまき、糸巻きのこと)に似ていることからつけられました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/22 07:18
君子欄
4月21日(土曜日) 先負   南アフリカ・ナタールに分布していて、毎年花を咲かせる多年草です。 主に森林内や岩陰など、強い日射しを避けた、湿り気のある場所に自生します。 日本には明治時代に入ってきました。日本では花だけでなく葉も同等の鑑賞対象となり、独自の園芸分野を築かれ、古典植物として扱われます。 株元から光沢のある細長い葉を左右交互に出し、葉の長さは30cm〜70cmになります。葉の幅が狭くて長くなり、全体的にすらっとした株姿になるものを高性系、幅短く幅広でコンパクトな姿のもの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/21 07:23
やまぶき
4月20日(金曜日) 友引   低山の明るい林の木陰などに群生しています。 樹木ではありますが、茎は細く、柔らかく、背丈は1mから、せいぜい2mで、立ち上がり、先端はやや傾き、往々にして山腹では麓側に垂れます。 地下に茎を横に伸ばし、群生し、葉は鋸歯がはっきりしていて、薄いです。 晩春に明るい黄色の花を多数つけ、多数の雄蕊と5〜8個の離生心皮があります。心皮は熟して分果になります。 北海道から九州まで分布し、古くから親しまれた花で、庭に栽培されています。 花は一重のものと八重のも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/04/20 07:14
ゲンゲ「レンゲソウ(蓮華草)」
4月19日(木曜日) 先勝   ゲンゲはマメ科ゲンゲ属に分類される越年草です。 中国原産で、レンゲソウ(蓮華草)、レンゲ、とも呼ばれ、春の季語にもなっています。 かつて水田に緑肥として栽培され、現在でもその周辺に散見されます。 茎の高さ10〜25cmで、根本で枝分かれして、暖かい地方では水平方向に匍匐し、60〜150センチまで伸びる場合もあります。 茎の先端は上を向き、また、根本から一回り細い匍匐茎を伸ばすこともあります。 葉は一回羽状複葉、小葉は円形に近い楕円形、先端は丸いか、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/19 07:15
イワカガミ「岩鏡」
4月18日(水曜日) 赤口   イワウメ科の草状の小低木です。 葉は根際に群がり、革質、円形で先がとがり、多くのとがった鋸歯があります。 初夏、茎の先に花茎を伸ばし3個から十数個の花をつけます。 花は淡紅色、漏斗形で5裂し、裂片は細い多数の片に裂けます。 山地の林中や高山の草原に生え、北海道、本州、四国、九州に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/18 07:15
イワウチワ「岩団扇」
4月17日(火曜日) 大安   イワウメ科の草状の小低木です。 地をはう細い茎の先に群生する葉は革質、広円形または円形で先がへこみます。 春、葉の腋から花柄を伸ばし紅紫色の花をつけます。 花は鐘形で5裂し、裂片はさらに細かく裂けます。 5本の雄しべと5個の仮雄蕊(かゆうずい)があります。 山地の暗い所に生え、本州にのみ分布します。 近縁のリュウキュウイワウチワは奄美大島以南、台湾に分布し、花が白色です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/17 07:15
アケビ
4月16日(月曜日) 仏滅   アケビ科の落葉藤本です。 葉は互生し掌状複葉、小葉は5枚で、春、総状花序に淡紫色の花をつけます。 花序の先のほうには雄花、基部には雌花がつきます。 花被は3枚で、雄花には6本の肉質の雄しべと、退化した心皮があり、雌花には6〜9枚の心皮があり、雄しべは退化して小さくなっています。 心皮は熟すと大きな液果になり、液果は楕円形ないし長楕円形で長さ6〜8センチメートル、果柄の先に1個ないし数個つき淡紫色で、晩秋に熟すると肉質で厚い果壁は縦に裂けます。 アケ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/16 07:15
ボケの花
4月15日(日曜日) 先負   バラ科の落葉低木です。 高さ1〜2メートルで、小枝は刺になります。 葉は互生し、楕円形または長楕円形で長さ3〜9センチメートル、先はとがり、縁に細かい鋸歯があり、托葉は大きく、雌雄同株です。 3〜4月ごろ、赤色で径約3センチメートルの5弁花を開きます。 花弁は倒卵形または円形で、萼片は直立して先は丸く、萼筒は鐘形です。 雄しべは30〜50本で、雌花では、花柱5本の子房が発達します。 果実は楕円状球形で長さ4〜5センチメートル、7〜8月に黄色に熟し... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/15 07:27
アカヤシオ
4月14日(土曜日) 友引   別名をアカギツツジと言います。 ツツジ科、ツツジ属の落葉低木です。 本州(福島県〜三重県)の太平洋側の山に生えています。 幹はよく分枝し、高さ2〜6mになり、樹皮は灰褐色です。 葉は枝先に5枚、輪生し、長さ2〜5cmの広楕円形で、両端は尖り、縁に長い毛があります。 花期は4〜5月ごろに、葉が展開する前に開花し、枝先に花が1〜2個つきます。 花冠は淡紅紫色で、径5〜6cmの浅い漏斗形で、先が5深裂します。 花冠の裂片は倒卵形で、先が少し凹みます。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/14 07:14
ワスレナグサ
4月13日(金曜日) 先勝   ムラサキ科で、ワスレナグサ属の多年草です。 やや湿った草地に生えています。 茎は毛が密生し、分枝し、高さ20〜40cmになります。 葉は軟毛があり、茎下部の葉は柄があり、倒披針形〜へら形で、上部の葉は無柄で長楕円形です。 花期は4〜7月ごろで、枝先にサソリの尾状に巻いた穂状花序を出し、径約8mmの花が互生してつきます。 花序は花が開くにつれ、伸びて真直ぐになっていきます 花冠は5裂し、平開し、淡青紫色で、萼は5深裂し、毛が密生しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/13 07:18
マツバゼリ
4月12日(木曜日) 赤口   セリ科のオランダミツバ属の一年草です。 畦や道端に良く見られます。 全体に無毛で、セロリーに似た臭いがあり、茎は多く分岐し、高さ15〜70cmくらいになります。 葉は互生し、糸状に細裂します。 花期は4〜9月ごろで、葉と対生する複散形花序をだし、極小さいピンク色を帯びた花を多数付けます。 花の径は1〜2mmで、花弁は5枚。雄しべ5本あります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/12 07:13
チョウジソウ「丁子草・丁字草」
4月11日(水曜日) 大安   キョウチクトウ科の多年草です。 茎は直立し、高さ40〜80センチメートルになります。 葉は披針形で普通は互生しますが、対生するものもあります。 初夏、茎頂に十数個の青紫色花を集散状につけます。 花は高坏状で細い筒の先が5裂し、径約1.3センチメートルほどで、果実は円柱状の袋果で多くは角状に2本に分かれ、長さ約5センチメートルほどです。 本州、九州のやや湿った草地に生え、朝鮮半島、中国に分布しています。 名前は、花形が香料植物のチョウジに似ることに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/11 07:22
フデリンドウ「筆竜胆」
4月10日(火曜日) 仏滅   リンドウ科の越年草です。 茎は高さ5〜10センチほどで、茎葉は密接して対生し、広卵形で質は厚く、縁は白色で微突起があります。 根出葉は花期にはなく、3〜5月、茎上部に花を1〜8個、日を受けて上向きに開きます。 花冠は青紫色、裂片の間に副片があります。 丘陵から山地の雑木林や野原に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国、樺太、南千島に分布しています。 名前は、花の閉じた形が筆の穂先に似ることによります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/10 07:18
オウギカズラ「扇蔓」
4月9日(月曜日) 先負   シソ科の多年草で、山中の木陰に生えています。 茎は高さ8〜20センチメートル、基部から長い走出枝を出します。 葉は2〜5センチメートルの柄があって対生し、葉身は五角状心臓形で浅い欠刻があり、長さ2〜5センチメートルで、扇の形を思わせます。 花は4〜5月ごろで上部の葉腋に数個つき、花冠は約2センチの筒があって、先は5裂します。 下唇は大きくて3裂し、さらに中央裂片は2裂します。 本州、四国、九州に分布しています。 近縁のヒイラギソウは葉が大きく、鋸歯... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/09 07:34
ウラシマソウ
4月8日(日曜日) 友引   サトイモ科、テンナンショウ属の多年草です。 野山の木陰に生えています。 葉は1(〜2)個根生し、11〜17枚の小葉からなる鳥足状複葉です。 葉柄は高さ40〜50cmで太いです。 花期は3〜5月ごろで、花茎の先に紫褐色の仏炎苞に包まれた肉穂花序をつけます。 花序の先に長さ約60cmの長い付属体が出ます。 雌雄異株あるいは同じ花序に雄花雌花が一緒にあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/08 08:48
コバノミツバツツジ「小葉三葉躑躅」
4月7日(土曜日) 先勝   ツツジ科の落葉低木で高さ2〜3メートルになります。 葉は枝先に輪生状に3枚つき、ミツバツツジよりやや小形で、菱状卵形、長さ3〜5センチメートルで先がとがり、両面に褐色の毛があります。 4〜5月、葉の開く前に紅紫色の花が枝先に1〜3個開きます。 花冠は漏斗状で5裂し、径約3センチメートル、雄しべは10本で長短があり、子房に白毛を密生します。 果実は曲がった卵形で長さ約1センチメートルで褐色毛があり、熟すと5片に裂開します。 静岡県西部以西の本州、四国、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/07 07:23
ローズマリー
4月6日(金曜日) 赤口   シソ科の低木で、和名をマンネンロウと言います。 地中海沿岸原産で、古くからこの葉をハーブ(香草)として親しんでいて、高さは0.6〜1.2メートル、葉は長さ3センチの細い革質で、両縁が裏側に巻き込んでいます。 葉の裏面は綿状に毛が密生し、灰色にみえ、4〜5月に葉腋に淡紫色花をつけ、香りがいいです。 この花からとれた蜂蜜は最上品質とされ、南フランスの名産でもあります。葉には甘い香りがあり、迷迭香とよばれる香油をとり、せっけんや香水を作ります。香りの成分はピネ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/06 07:25
セイシカ
4月5日(木曜日) 大安   ツツジ科、ツツジ属の常緑低木〜小高木です。 幹は主に上部で分枝し、高さ2〜8mになり、樹皮は暗褐色〜灰黒色です。 葉は枝先に集まり互生し、有柄で、長さ6〜10cmの長楕円形で、両端が尖り、両面とも無毛です。 花期は3〜5月ごろで、枝先に淡紅紫色を帯びた白っぽい花を数個つけます。 花冠は径6〜7cmの漏斗形で、5深裂し、上側の裂片に斑点があります。 雄しべは10本で、花糸の基部に白い毛が密生します。 子房、花柱は無毛です。 萼は小さく、5裂し、花柄... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/05 07:21
ショウジョウバカマ
4月4日(水曜日) 仏滅   ユリ科の常緑多年草です。 地下茎は太くて短く、葉は倒披針形で先は鋭くとがり、両面は無毛でやや光沢があり、冬に多数開出します。 3〜7月、10〜30センチメートルの花茎の頂に3〜5個の紅紫色の花を総状につけます。 花茎は結実期に伸長して60センチメートルに達するものもあり、北海道から九州にかけての低地から低山帯の森林の林床および高山帯下部の湿潤なお花畑や高層湿原に生育しています。 名前は、赤い花を猩々の顔に、下に広がった葉を袴に見立てたのだろうと言われて... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/04 07:21
ゲンカイツツジ「玄海躑躅」
4月3日(火曜日) 先負   ツツジ科の落葉低木です。 全株に円い腺状の鱗片があり、葉は楕円形です。 3、4月、葉の出る前に桃紫色、径3〜4センチメートルの花が開き、雄しべは10本です。 枝や葉に毛のないものをカラムラサキツツジといいます。 エゾムラサキツツジに似ていますが、落葉するので異なります。 ゲンカツツジは漢字で書くと「玄界躑躅」です。 山陰から北九州と朝鮮半島南部にはさまれた海域に生育するツツジということになりますが、海に生育するはずはなく、朝鮮半島南部から中国・四... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/03 07:22
ドウダンツツジ「灯台躑躅」
4月2日(月曜日) 友引   ツツジ科の落葉低木です。 高さ2〜3メートルになります。 枝は細く、車輪状に分枝し、葉は枝先に輪生状に集まり、倒卵形で長さ3〜4センチ、両端はとがり、縁に細かい鋸歯があり、裏面の主脈下部に褐色の毛があります。 秋には美しく紅葉し、4月、新葉とともに小さな白色花を2〜4個、散状に下向きに開きます。 花冠は壺形で長さ7〜8ミリ、縁は五裂します。 雄しべは10本。果は狭長楕円形で長さ約7ミリ、上を向いてつきます。 山地に生え、静岡県以西の本州から九州に分... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/02 07:30
コヒガン
4月1日(日曜日) 先勝   別名;ヒガンザクラ。 バラ科、サクラ属の落葉小高木です。 幹は直立し、よく分枝し、高さ約5mになります。 葉は互生し、有柄で、長さ5〜10cmの倒披針形で、先は尖り、縁に重鋸歯があります。 花期は3月下旬から4月上旬。 葉の展開前に開花します。 花は径2〜2.5cmで、2〜3個ずつ、横向き〜やや下向きに咲きます。 花弁は5枚で、淡紅色〜淡紅白色です。 雄しべは多数、花柱は1本、子房とともに無毛です。 花柄に斜上する毛が密生し、萼は筒形で、基部... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/04/01 07:31
カタクリ(かたくり)
3月31日(土曜日) 赤口   ユリ科の球根性多年草です。球根は鱗茎で白色の長楕円形で、花茎は10〜20センチメートルほど、葉は普通2枚が花茎下部につき、長楕円形ないし楕円形で淡緑色です。暗紫色の斑紋のあるものが多く、早春に雪解けとともに開花します。   花は花茎の先に1、2個開き、花被は6枚で、紅紫色で内側基部近くにW字状の斑紋があります。まれに白色花もあります。果実は果で3稜のある円形です。   北海道から九州に生育していますが、四国、九州ではまれにしかみられず、カタクリ属は東アジ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/31 07:15
レンギョウ
3月30日(金曜日) 大安   レンギョウは落葉低木で、主に枝の先端が地面に付くとそこから根をだして増える「つる性」のタイプと、幹や枝が立ち上がる「直立性」タイプの2つがあります。  細長い枝を地際からたくさん伸ばして、枝を埋め尽くすほどたくさんの黄色い花を咲かせます。花びらは基部から深く4つに裂けてやや斜めに開きます。  丈夫な植物で日本なら地域を選ばずどこでも育てられ、庭木はもとより公園や垣根など用途が広いのも特徴です。鑑賞価値が高く、日本でもっとも栽培されているのは中国原産で枝が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/30 07:25
キジムシロ(きじむしろ)
3月29日(木曜日) 仏滅   バラ科の多年草です。根はやや太く、高さ10〜30センチメートルで、根出葉は羽状複葉、小葉は7〜11枚、頂小葉は最大で倒広卵形、裏面の葉脈上に毛があります。 花期前の葉は小さいですが、花期後に出る葉は大きく、3〜8月、枝の先端に、径1.5〜2センチメートルの黄色の5弁花を数個咲かせます。 果実は痩果(そうか)で、日本全土の山野の向陽地に生え、中国、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)にも分布しています。名前は、本種をキジが座る蓆(むしろ)に見立てたものと... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/29 07:23
ノゲシ(のげし)
3月28日(水曜日) 先負   キク科の一年草または越年草です。 ハルノノゲシ(春野芥子)とも言います。全体に粉白を帯び、切ると乳液が出ます。 名前は、これらの点が葉形とともにケシに似ることによります。茎は柔らかく中空で、高さ0.3〜1メートルで、葉は羽状に切れ込み、縁(へり)に鋭い鋸歯(きょし)がありますが、触っても痛くはありません。 茎葉の基部は矢じり形に茎を抱き、春から秋、舌状花のみからなる黄色で径約2センチメートルの頭花をつけます。痩果(そうか)は縦と横の条があり、冠毛は白色... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/28 08:01
アセビ
3月27日(火曜日) 友引   本州(東北より南)、四国、九州に分布する常緑性の低木・小高木です。 樹高は通常3m程度に収まりますが、山地に自生している齢を経たものは6mもの高さ達することもあります。葉は濃いグリーンで光沢があり、春にスズランのようなつぼ形の花を房状にたくさん付け、満開時期は花穂が樹を覆うように咲き誇ります。新芽はやわらかな光沢のある赤色で、花と同じくらい美しいです。 漢字で「馬酔木(あせび)」と書くのはアセボトキシンという有毒成分をもち、馬が食べると神経が麻痺し酔った... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/27 07:27
ケマンソウ(たいつりそう)
3月26日(月曜日) 先勝   開花時期には少し早いのですが、昨日紹介した「ムラサキケマソウ」によく似た名前の花として紹介します。 中国や朝鮮半島に分布していて、毎年花を咲かせる多年草です。 日本には15世紀の初め頃(室町時代)に入ってきたと言われています。ケマンソウの名前は花を寺院のお堂を飾る装飾品「華鬘(けまん)」に見立てて付けられました。 長くしなるような花茎を釣り竿に、ぶら下がるように付く花を鯛に見立てた「タイツリソウ(鯛釣草)」の別名でも親しまれています。 華鬘ではなかな... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/26 07:44
紫華鬘(ムラサキケマンソウ)
3月25日(日曜日) 赤口   開花時期は、 3/25頃〜 4/25頃です。 湿ったところに生えていて、花びらが互い違いになっているのがおもしろいです。 「華鬘(けまん)」とは、仏殿の垂れ下がった造花状の飾りのことで、花鳥や天女像をあしらったものが多く、この花はどうやらその華鬘と似ているところから に似ているところから名づけられたらしいです。 「黄華鬘(きけまん)」は紫華鬘と 同じような形の花で色が黄色です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/25 07:35
キクザキイチゲ「菊咲一華」
3月24日(土曜日) 大安   キンポウゲ科の多年草で、イチリンソウ属の早春植物です。 地下茎は横にはい、茎は高さ約15センチメートルほどで、茎葉は1回3出複葉です。 同属のアズマイチゲに似ていますが、キクザキイチゲは葉の小葉が羽毛状に切れ込み、先端が長くとがっており、葉柄の基部が広がるので区別できます。 花は直径約3センチメートル、白色または淡紫色で、4〜6月、茎の先に上向きに1個ずつ開きます。 萼片はイチリンソウよりも細長く、8〜13枚。痩果は卵形で、毛が密生します。 近畿地... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/24 07:32
フユシラズ
3月23日(金曜日) 仏滅   別名をカレンデュラといいます。 キンセンカ(金盞花)と同属で、キンセンカよりも小さな1〜2cmくらいの黄色い可愛い花をつけます。 耐寒性なので真冬でも花壇で霜にも負けないで次々と花をつけるので、このように名付けられています。 園芸品種は夜間は花を閉じます。 キク科のカレンデュラ属で1年草(強い花なので、こぼれ種で結構次の年も楽しめます。) 花期は11〜5月ごろで原産地は地中海沿岸です。 花色は黄色です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/23 07:34
スモモ
3月22日(木曜日) 先負   バラ科、サクラ属の落葉小高木です。 果樹として、または観賞用として栽培されています。 幹は直立し、よく分枝し、高さ5〜8mになり、樹皮は紫褐色で、横長の皮目があります。 葉は互生し、有柄で、長さ5〜10cmの倒卵状楕円形です。 花期は3〜5月ごろ、葉の展開前に開花します。 花は葉腋に数個つき、白で、径は1.5〜2cm、花弁は5枚で、平開すします。 雄しべは多数あり、萼片は5個で、平開します。 花柄は長さ約1.5cmで果実は核果で、径約4.5cm... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/22 07:26
コブシ
3月21日(水曜日) 赤口   モクレン科、モクレン属の落葉高木です。 幹は高さ5〜30mになり、樹皮は灰褐色で、皮目があります。 葉は互生し、有柄で、長さ6〜15cmの倒卵形で、先は短く尖り、全縁です。 花期は3〜4月ごろで葉が展開する前に白い花が咲き、花の径は6〜10cmほどで、芳香があります。 花被片は6枚で花弁状で、基部はやや紅色を帯びます。 外側の花被片は3個で、小さい扁平な線形で目立ちません。 雄しべ、雌しべは多数あり、花の下に葉が1(〜2)枚あります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/21 07:30
カリン
3月20日(火曜日) 大安   バラ科、ボケ属の落葉高木です。 果実をジャムや果実酒、または咳止めの薬などとして栽培されてます。 幹は高さ3〜10mになり、樹皮は灰褐色です。 葉は互生し、短い柄があり、長さ4〜7cmの楕円形〜倒卵形で、縁に腺状の鋸歯があります。 若い葉は軟毛があります。 花期は3〜5月ごろで葉の展開と同時に開花します。 短枝の先に淡紅色の花が1個ずつき、花の径は約3cmほど。 花は雄花と両性花があります。 雄花には雄しべが多数あり、長い雄しべと短い雄しべが... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/20 07:30
アンズ
3月19日(月曜日) 仏滅   別名はカラモモと言います。 バラ科でサクラ属、スモモ亜属の落葉小高木です。 果樹として、または観賞用として栽培されています。 幹はよく分枝し、高さ5〜15mになり、樹皮は赤みを帯びた褐色で、縦に割れ目があります。 葉は互生し、長さ2〜3cmの柄があり、長さ6〜10cmの卵円形〜広楕円形で、先は短く尖り、縁に細かい鋸歯があります。 花期は3〜4月ごろで葉が展開する前に開花します。 花は径2.5〜3cm、花弁は5枚で、淡紅色で、円形〜広卵形です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/19 07:20
タンチョウソウ
3月18日(日曜日) 先負   ユキノシタ科の多年草です。 岩壁に生え、葉がヤツデに似るのでイワヤツデ(岩八手)の名前があります。 朝鮮半島、中国東北部の原産で、根茎は太く、先から長さ約15センチメートルの葉柄を出し、その先に掌状葉をつけます。 葉は円心形で5〜11に深裂し、裂片は卵状披針形で縁に鋸歯があり、やや肉質で厚く、平滑です。 夏、高さ30センチメートルほどの花茎を伸ばし、その頂に白色5、6弁の小花を集散状に密集して開きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/18 07:24
スノーフレーク
3月17日(土曜日) 友引   ヒガンバナ科の秋植え球根草です。 オオマツユキソウ、スズランズイセンともいいます。 鱗茎は径2.5〜4センチで、葉は光沢のある緑色を呈して細長く、30〜40センチほど。 3月中旬〜5月上旬、30〜40センチの花茎に釣鐘状でスズランに似た径1〜2センチの白色花を4〜8個、下向きに咲かせます。 地中海沿岸原産。園芸品種のグレビディジャイアントは、花は大きくじょうぶです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/17 07:26
ノジスミレ「野路菫」
3月16日(金曜日) 先勝   スミレ科の多年草です。 全体はスミレによく似ていますが、全体が柔らかく、普通は短毛が生えていて、果実期には、やがて展開する若葉を除いてほとんど無毛で根は白いです。 花はスミレよりすこし早く、3〜4月に開き、紫色でスミレより淡いです。 側弁の内側は普通は無毛、唇弁の距は細長い円頭形で長さ5〜7ミリほど。 夏から秋に出る葉は大きくて、葉身が円心形や長三角形になり、コスミレやアカネスミレと似ていますが、コスミレは側萼片の付属体に刻みがあり、アカネスミレは果... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/16 08:46
ユキワリイチゲ「雪割一花」
3月15日(木曜日) 赤口   キンポウゲ科の多年草です。 地下茎はやや太く、長く横にはいます。 茎は高さ15〜30センチメートル、茎葉は無柄です。 2〜4月、茎の先に花を1個開きます。 花弁はなく、萼片は12〜15枚あって淡紫色です。 本州西部から九州に分布しています。 名前は、まだ雪のある早春に花を開くことにより、また、花色を瑠璃色に見立て、ルリイチゲ(瑠璃一花)ともいいます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/15 07:29
コスミレ
3月14日(水曜日) 大安   コスミレは人里近くの山地で普通に見られる多年草です。 春になると薄紫色〜紫色の花を咲かせます。 花の中央部には黄色のおしべがのぞいて見え、葉は柄が長く、長いものになると10cm近くにもなりますが、花よりも短いことが多く、春になると花を咲かせ、花弁は1〜1.5cmほどです。 近縁種にはアカネスミレやサクラスミレがあります。 これらとは花びらの1つである側弁に毛が無いことで区別できます。 スミレは小さいながらも葉や花びらの外部形態により1属に約50種が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/14 07:22
キランソウ
3月13日(火曜日) 仏滅   シソ科の多年草で、丘陵や山麓に多くみられます。 茎は四方に出て地表をはい、長さ5〜15センチメートルになりますが、節から根を出すことはありません。 葉は長楕円形で、くさび形に基部が細くなり、長さ1.5〜3センチメートルほどで、茎、葉とも全体に縮れ毛が多いです。 根出葉が四方に広がって地表を覆うので、別名ジゴクノカマノフタともいわれています。 花は3〜5月ごろ葉腋に数個ずつつき、濃紫色で1センチメートルくらいの筒があり、下唇は大きく、3裂して開出し、上... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/13 07:18
アツバスミレ
3月12日(月曜日) 先負   スミレ科のスミレ属、ミヤマスミレ類の多年草です。 本州房総半島以西、四国、九州の太平洋側の海岸近くに生えています。 花茎は高さ5〜15cmほどで葉は厚く、光沢があり、卵形〜へら形で、縁は鋸歯が極浅いです。 花期は3〜4月ごろ、花の径は1.5〜2cmで、花の紫色の濃淡に変異が多く、側弁も有毛または無毛です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/12 07:35
ハルトラノオ「春虎尾」
3月11日(日曜日) 友引   タデ科の多年草です。 地下茎は長くはって肥厚し、先に数枚の葉が束になってつきます。 葉は長柄があり、卵状長楕円形で長さ3〜8センチ、先端はとがり、基部はくさび形で柄に沿下します。 早春、7〜15センチの花茎を直立し、先端に長さ約3センチの穂状花序をつくり、多数の白色花を密生します。 痩果は広楕円形で褐色、山地の日陰に生え、本州から九州に分布しています。 名前は、花形をトラノオ(ゴマノハグサ科)に見立て、春に咲くトラノオの意味です。 また早春に開花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/11 07:35
サンシュユ
3月10日(土曜日) 先勝   別名はハルコガネバナ、アキサンゴと言います。 ミズキ科、ミズキ属の落葉小高木です。 公園などに植えられていて、高さは普通約3m、時に15mになります。 枝は斜め上へ伸び、樹皮は灰黒褐色で、不規則に剥がれ、淡褐色になります。 葉は対生し、枝先に集まってつき、長さ4〜12cm、幅2〜7cm広卵形で、全縁、側脈が4〜7対あります。 花期は3〜4月ごろで葉が出る前に開花します。 短枝の先に径2〜3cmの散形花序を出し、黄色の小さな花を20〜30個つけます... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/10 07:32
トサミズキ(土佐水木)
3月9日(金曜日) 赤口   マンサク科の落葉低木です。 高さ3メートルほどになり、幹は黄褐色、よく分枝します。 葉はやや厚く、卵円形、長さ5〜10センチ、下面に軟毛があり、波状の低い鋸歯があります。 花は淡黄色で葉よりも先に開き、3〜4月、下垂する穂状花序に7〜10個ほどつきます。 果実は長楕円形の果で、黒いつやのある二種子があります。 高知県に分布し、蛇紋岩地や石灰岩地に生えています。 葉がミズキに似ていて、土佐で発見されたのでこの名前があり、江戸時代から観賞用に栽培され、... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/09 07:27
クロッカス
3月8日(木曜日) 大安   花期は2月下旬から3月中ごろまでです。 ヨーロッパ中南部原産で、秋咲きクロッカスと春咲きクロッカスに分けられます。 2〜3月に開花するのは園芸品種の春咲きクロッカスで、色は、黄、紫、白、絞りなど多彩です。 日当たりの良いところを好み、日が陰ると花が閉じてしまいます。 ちなみに、秋咲きクロッカスで代表的な品種としてサフランがあります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/08 07:20
ミツマタ
3月7日(水曜日) 仏滅   樹高1m〜2mで冬に葉を落とす落葉性の樹木です。 中国原産で日本には1600年頃の慶長年間に紙をつくる材料として渡来したと言う記録が残っていますが、万葉集に「サキクサ(三枝)」の名前で詠まれているものがミツマタを指し、すでにその頃(8世紀後半)には日本で見ることができたという説もあります。 また、四国や九州の山野では半ば野生化したものもみられます。 枝が3本ずつ出て三つ叉に分かれるところから「ミツマタ」と言いますが、見た目そのままで非常に説得力があり覚え... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/07 07:29
クリスマスローズ
3月6日 火曜日 先負   キンポウゲ科の常緑多年草です。 ヨーロッパの原産で明治の初めに渡来しました。 根茎は太く短く、葉は根生し、15〜30センチメートル、掌状複葉で革質、暗緑色です。 小葉は7〜9片で先端部に鋸歯があります。 花茎はよく分岐して1〜3花をつけ、花の大きさは径5〜6センチメートルですが、花弁は小さく、筒状で、雄しべより短く目だちません。 萼の5片が大きく花弁状をなして美しく、咲き始めは白色で、のちに紫色を帯びます。 根にはサポニンが含まれていて強心剤、利尿剤... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/06 07:30
京都北野天満宮の梅園その2
3月5日(月曜日) 友引   天正17年(1589)に豊臣秀吉公が京洛の区域を定めその境界と水防の為、京都の四囲に築造した御土居(国指定史蹟)の一部が当宮の境内に残っており梅苑内で同時公開されています。。  梅苑には照水梅(しょうすいばい)・和魂梅(わこんばい)・黒梅(こくばい)・座論梅(ざろんばい)・緋の司(ひのつかさ)等の珍種も多く3月下句まで公開の予定です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/05 07:30
京都北野天満宮の梅園
3月4日(日曜日) 先勝   北野天満宮は全国各地に菅公をお祀りする天満宮や天神社の宗祀(中心的な神社)であり、約2万坪の境内に50種約2,000本(門内・梅苑各1,000本づつ)の縁の梅があります。 早咲きの梅は例年12月中旬頃からつぼみがふくらみ始め正月明けに冬至梅・照水梅・寒紅梅等が寒さの中、春を告げるかのように咲き始め境内一円馥郁な香りで包まれます。 梅苑は例年2月初旬に公開。 2月下旬から3月中旬までが最も美しい時期となります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/04 07:43
ヒマラヤユキノシタ
3月3日(土曜日) 赤口   ユキノシタ科のヒマラヤユキノシタ属です。 ヒマラヤユキノシタは中央アジアからアジア東部が原産地である常緑の多年生草本です。 花が咲いていないと、イワウチワの別名のほうがピッタリします。 葉はやや厚く、ウインターベゴニアとの英語名を持つことにも納得です。 成長速度は遅いですが、かなり暗い半日陰でもよく生育します。 多くの園芸品種があるそうで、3月から5月にかけて美しい花を咲かせます。 花を眺めていると、どこがユキノシタ科なのかわかりにくいですが、葉か... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/03 07:26
ユキワリソウ(雪割草)
3月2日(金曜日) 大安   サクラソウ科の多年草です。 葉は多数根生し、へら形で下方は細くなって葉柄との区別はつかず、周縁に丸みを帯びた鋸歯があり、表面は葉脈のしわがあり、裏面は白黄色の粉がつきます。 初夏から夏、約10センチメートルの花茎を出し、淡紅紫色の小花を多数かんざし状につけます。 高山の日当りのよい湿った岩地に生え、中部地方以北の本州、北海道に分布します。 雪解けとともに開花するので、この名前があります。 また、キンポウゲ科の早春の植物であるスハマソウやミスミソウもユ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/03/02 07:21
リュウキュウシロスミレ
3月1日(木曜日) 仏滅   草丈5〜25pの多年生草本で、葉は根元に群がって付き、卵状披針形〜長三角状披針形で、花時の葉身は2〜7p、幅1〜5pほどです。 葉柄は2〜20pで、葉の基部がやはず型になる型と張り出さない浅い心形型があります。 葉が異常に長くなり、基部がやはず状になる型もあります。 花は長い花柄の先に付き、通常、葉より上部で花を咲かせます。 花冠は直径1.6〜2.8p、白色〜淡紫色、赤紫色、オレンジ色、青紫色、濃紫色、二色咲きと変異が多く、側弁は有毛で、芳香のするもの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/03/01 07:30
イエイオン(ハナニラ)
2月29日(水曜日) 先負   秋植えの小球根で4cmくらいの星形の花を咲かせます。 葉や茎を折ったり、切ったりすると、ニラのようなちょっと強めの刺激臭があります。 だからなのか別名「花ニラ」とも呼ばれます。 寒さにも強く、5年くらい植えっぱなしにしておいても、毎年球根が増えていって満開の時期は見事です。 草丈は15cmくらいと低いので、鉢植えにしてもかわいく、たくさんを密に植えると見栄えがします。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2012/02/29 07:29
カラスノエンドウ(烏野豌豆)
2月28日(火曜日) 友引   別名はイブキノエンドウ。 マメ科の多年草です。 細い根茎があり、基部から走出枝を伸ばし、茎はつる性で、長さ1メートル、葉は8〜14枚の無柄の小葉をつけ、先端は2、3分する巻きひげとなって他物に絡みつきます。 小葉は狭卵形で長さ1〜3センチメートル、最下の1対がもっとも大きいです。 托葉は半円形で蜜腺があり、多くは深く2裂しています。 花は淡紫色で長さ1.5〜1.7センチメートル、葉腋の短柄に1〜4個ずつつきます。 豆果は6〜8個の種子を含み、線形... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/28 07:19
ジンチョウゲ(沈丁花)
2月27日(月曜日) 先勝   ジンチョウゲ科の常緑低木です。 中国原産で、室町時代にはすでに日本で栽培されていました。 中国名は瑞香。高さ約1メートルほど。 枝をよく分け、樹皮にじょうぶな靭皮繊維があって折れにくいです。 葉は厚い革質で互生し、倒披針形で長さ5〜10センチメートル、縁に鋸歯はなく、雌雄異株です。 2月末から3月ころ、枝先に20個ほどの香りのよい花が頭状に固まって開きます。 萼は長さ約1センチメートルの筒状で上部が4裂して花弁のようにみえ、外面は紅紫色、内面は淡... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/27 07:22
セリバオウレン
2月26日(日曜日) 赤口   キンポウゲ科 のオウレン属です。 山地の林下に生える多年草で薬用植物として有名なオウレンは葉の形により何種類かに分類されていますが本種は葉の形がセリに似ることによります。 高さ約10cmの花柄を伸ばし直径1cmほどの白い花を付けます。 花は両性花と雄性花があり、草丈は約15cm根生葉は2回3出複葉です。 萼片は5〜7個で披針形です。 花弁は5〜6個の線形で萼片よりも短いです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/26 07:22
サツマイナモリ「薩摩稲森」
2月25日(土曜日) 大安   アカネ科の多年草です。 高さ10〜25センチメートルで、茎の一部は木化します。 茎や葉は乾くと赤みを帯びます。 11〜4月、鎌形花序をつけ白色花を開きます。 果実は扁平で倒三角形、多数の小さい種子があります。 常緑樹林下に生え、関東地方南部以西の本州から沖縄、および中国に分布します。 名前は、薩摩産のイナモリソウの意味です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/25 07:18
ゴモジュ(ごもじゅ)
2月24日(金曜日) 仏滅   スイカズラ科の常緑低木です。 高さ1〜4メートルで、花序は円錐形で、下を向き、花冠は筒状で芳香があります。 果実は核果で、多数が房になってつきます。 沖縄の特産種で、低木林や林縁などに生えています。 名前は、沖縄の方言グムルやギムルと関係があると思われますが意味はわかっていません。 また、五毛樹(ごもじゅ)とする説もあります。 花や実が美しく常緑なので、庭木や生け垣とされてます。 近縁種は台湾に分布するタイトウガマズミですが、葉の質や形などから... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/24 07:23
ニシキマンサク
2月23日(木曜日) 先負   マンサク科のマンサク属です。 花弁の基部が赤色を帯びる品種をニシキマンサクといいます。 高さ5〜6mになる落葉低木です。 葉は互生し、長さ5〜11cm、幅3〜7cmほど。 菱形状円形または広卵形で基部は左右の形がちがいます。 ふちの上部に波状の鋸歯があり、下部は全縁です。 開花期 2〜3月ごろ。 花弁は4個あり、長さ1〜1.5cmほど。 サク果は直径1cmほどの卵状球形、熟すと2つに裂けて光沢のある黒い種子を2個はじきとばすします。 「満作... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/23 07:36
バイカオウレン[梅花黄蓮]
2月22日(水曜日) 友引   キンポウゲ科の常緑多年草です。 地下茎は細長く横にはい、茎は高さ約10センチほど、葉は硬く光沢があり、掌状に五全裂し、長さ、幅ともに約2センチ以下です。 花は3〜5月、茎頂に1個ずつつき、純白で径約1.5センチほど。 果実は袋果で側面に1本の脈があります。 名前は、花形がウメの花を思わせることによります。 また葉がウコギ(五加木)に似るのでゴカヨウオウレン(五加葉黄蓮)の名前もあります。 本州、四国の亜高山帯の針葉樹林内に生えています。 屋久(... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/22 07:36
ホトケノザ(ほとけのざ)
2月21日[火曜日) 赤口   シソ科の越年草です。 茎は下部で分枝して立ち上がり、高さ10〜30センチメートルほど。 葉は対生し、茎の下部のものは葉柄がありますが、上部ではなく、半円形で縁に浅い鋸歯状の切れ込みがあり、相対して茎を車座に抱きます。 名前は、この葉の状態を仏座に例えたもので、また、葉が数段になるのでサンガイグサ(三階草)の名前もあります。 春、葉腋に筒状唇形で長さ1.7〜2センチメートルの紅紫色花をつけますが、多くは閉鎖花となって、つぼみの状態のままで開かないで結実... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/21 07:28
リキュウバイ「利休梅」
2月20日(月曜日) 大安   バラ科の落葉低木です。 別名ウメザキウツギ、マルバヤナギザクラと言います。 高さ2〜4メートルで全体に毛がありません。 葉は互生し、長楕円(だえん)形で、長さ3〜7センチ、先はやや丸く、上部の縁に少数の鈍い鋸歯があり、裏面は粉白色を帯びます。 4月、総状花序に白色一重、径3〜4センチの花を数個開きます。 花弁は広倒卵形で基部は急に狭くなり、雄しべは15〜25本あってよく目だちますが、花弁よりは短いです。 雌しべの花柱は5本、果実は五稜(りよう)が... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/20 07:28
オウレン
2月19日(日曜日) 仏滅   オウレンは、山地樹林下の冷涼で湿った日陰に生える常緑のキンポウゲ科の多年草です。一般的にオウレンは、冬期降雪地域に多く、積雪により葉と花茎が保護されていると思われます。  雌雄異株で、早春に高さ10p程の花茎を出して、その先に2〜3個の互生の白い花を咲かせます。  花は直径が1.2pほどで、花弁は5〜6枚でさじ形をしています。  和名は、多数の黄色いひげ根を出して、伸びていくことから、黄色く連なるという意味で名付けられています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/19 07:24
ヒイラギナンテン(柊南天)
2月17日(金曜日) 友引    ヒイラギナンテン(柊南天) は、葉がヒイラギのようにトゲトゲして、ナンテンの木に似た常緑広葉低木です。 常緑樹ですが、冬の寒さで見事に紅葉します。 冬〜初春に房状花序に沿って黄色い小花を咲かせます。 秋に黒熟する果実の表面には白い粉状のものが付着します。 葉は奇数羽状複葉で互生して付き、厚く皮質で光沢があり、葉縁には深い鋸歯があります ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/17 07:13
長浜盆梅展その3
2月16日(木曜日) 先勝   昨日に続いて盆梅展を紹介します。 昇竜梅 命名の由来・・龍が天に向かって昇っている姿から・・・ 推定樹齢・・250年 品種名・・野梅性一重野梅 色・花の種類・・一重咲き白梅 大きさ・・高さ190センチ、幹回り100センチ、鉢75センチ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/16 07:18
長浜盆梅展その2
2月15日(水曜日) 赤口   昨日に続いて長浜盆梅展です。 花の咲き具合はもう少し先かも・・・ でも、鉢によって満開過ぎたものは、順次入れ替えされているので、いつも、最高の状態で見学することができます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/15 07:16
永浜盆梅展その1
2月14日(火曜日) 大安 滋賀県長浜市の慶雲館で盆梅展が開かれています。 平日にもかかわらず、たくさんの見学者で一杯でした。 今日から、順次、展示作品紹介します。 盆梅展いけない方は、ここで、見学してください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/14 07:16
ザゼンソウ 座禅草
2月13日(月曜日) 仏滅   湿地に生えるサトイモ科の多年草です。 花の頃の姿が色も形も達磨大師が座禅を組む姿にそっくりなことからこの名前がついたといわれています。 滋賀県高島市今津町のザゼンソウの花期は2月〜3月下旬ですが、今年は花の時期が早く終わりそうです。 ちなみに、濃い茶色をした花びらのように見えるものは花びらではなくて仏炎苞(ぶつえんほう=葉が変化したもの)と呼ばれるものです。 仏炎苞に包まれた黄色っぽい蕾のようなものが花穂です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/13 07:30
リキュウバイ「利休梅」
2月12日(日曜日) 先負   バラ科の落葉低木です。 別名ウメザキウツギ、マルバヤナギザクラ。 高さ2〜4メートルで全体に毛がないです。 葉は互生し、長楕円(だえん)形で、長さ3〜7センチ、先はやや丸く、上部の縁に少数の鈍い鋸歯があり、裏面は粉白色を帯びます。 総状花序に白色一重、径3〜4センチの花を数個開きます。 花弁は広倒卵形で基部は急に狭くなり、雄しべは15〜25本あってよく目だつが、花弁よりは短いです。 雌しべの花柱は5本、果実は五稜(りよう)があり、長さ約1センチの... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/12 07:31
ラケナリア
2月11日(土曜日) 友引   ユリ科の半耐寒性秋植え球根草です。 葉は細長く肉厚で、高さ20〜30センチメートルの花茎に、筒形の小花を多数、穂状または総状につけます。 南アフリカ原産で、原種だけで50種以上あります。 開花期は12〜4月と幅広く、花色も紅、橙(だいだい)、黄、緑、紫、茶色と多彩です。 ムタビリス種は紫色花を上向きに咲かせます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/11 07:33
シナマンサク
2月10日(金) 先勝   マンサク科のマンサク属です。 シナマンサクは中国中部原産の落葉小高木で庭木などに利用されるています。 葉は大きくて長さ8〜16cm。表面と葉柄に軟毛があり、裏面には灰色の綿毛が密生しており、ビロード状です。 花は1月から3月に咲き、長さ1.5〜2.3cmのリボン状花弁が伸び、黄金色であり、中心部は暗赤色です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/10 07:30
ハーデンベルギア
2月9日(木曜日) 赤口   オーストラリアとタスマニア島を原産とする植物で、茎はツル状になり他の植物の幹やフェンスなどにからまってのびていきます。 草花ではなく花木の部類に入り、花は毎年2〜5月に咲かせます。 チョウチョのような形をした小さな花を穂状に咲かせます。 コマチフジの別名があり花の色や姿がフジのミニ版のように感じられるところからその名前が付けられたのでしょう。 オーストラリア原産の植物は最近、1990年以降に人気が出て普及していったものが多いですが、これもその一つでしょ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/09 07:18
ハツコイソウ
2月8日(水曜日) 大安   主にオーストラリア西南部を原産とする植物で、一見草花のように見えますが常緑性の低木〜要するに花木〜に分類されます。 花は1cm〜2cmの大きさで、花びらは5枚、うち2枚は小さくあまり目立ちません。 花色は非常に豊富で黄色、オレンジ、白、青、空色などがあり、パステル調で非常に愛らしい姿が魅力的です。 その姿は羽を広げた蝶が舞うようにも見えます。 暖色系の花が多く3枚のおおきな花びらが上側に向くフォルモサとブルー系の花で3枚の大きな花びらが下側に向くバロー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/08 07:27
スノードロップ
2月7日(火曜日) 仏滅   ヒガンバナ科の耐寒性秋植え球根草です。 属名のガランサスよりスノードロップの名前で知られています。 ヨーロッパおよびカフカス地方原産で、球根は小形の鱗茎で、秋植え球根草のなかではもっとも早く開花します。 日当りのよい所なら、2月に長さ10センチくらいの線形の葉を2〜3枚出し、葉より長い花茎が中心から伸び、頂端に白色で下向きの花をつけます。 露地植え、鉢植え、ロック・ガーデンなどに適しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/07 07:28
はなかんざし
2月6日(月曜日) 先負   枝ごとに可愛い花がかんざしのように頂上に咲く きく科の一年草で、豪州原産です。 花は直径2.5〜5センチで、基部で多数分技した枝先に頭花を単生、光沢のある花には舌状花はなく、中心部は黄色い筒状花で、周りは光沢がある総苞片でかさかさと紙のような花弁の感じです。 葉は細く線状で、高さ30〜60センチほどです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/06 07:19
フキノトウ
2月5日(日曜日) 友引   キク科のフキ属です。 原産地は日本で、北海道〜本州、四国、九州の日本、朝鮮半島、中国、サハリンに分布しています。 草丈は30cmで2〜5月に開花、3〜10月(葉柄)で、雌雄異種です。 花色は白(雌株)、黄(雄株)で、葉柄色は薄緑、葉形はハート形(腎臓形)です。 初春、草丈が低く、黄色または黄緑色の花を咲かせるキク科フキ属の多年草で、花後に伸びる茎は日本原産の山菜となります。 花がフキノトウ(ふきのとう、蕗の董)で、葉柄がフキ(蕗)です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/05 07:52
オオイヌノフグリ
2月4日(土曜日) 先勝   ヨーロッパ原産の帰化植物で、1890年頃に東京に帰化したことがわかっている。 路傍や畑の畦道などによく見られ、早春からコバルト色の花を咲かせ、春の訪れを感じさせる植物の1つです。 花弁は4枚、雄しべは2本です。 名前の意味は、大きな「犬のフグリ」であり、フグリとは陰嚢の意味であり、果実の形が陰嚢を連想させるとの意味ですが、同じ属にイヌノフグリがなければ、この花のイメージからはもっと可憐な名前がついたに違いないでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/04 07:28
セツブンソウ
2月3日(金曜日) 赤口   キンポウゲ科の多年草です。 早春植物で、初夏には地上部が枯れてしまい、球状の塊茎があり、茎は高さ約10センチメートルで、葉は3全裂し、長い柄があります。 花は茎の先に一つずつ開き、径約2センチメートルで、萼片は白色で花弁状、花弁は小形で黄色、先が分岐してY字状の蜜腺となります。 温帯の林縁や草原に生え、関東地方以西の本州に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/02/03 07:32
オウバイ
2月2日(木曜日) 大安   モクセイ科の落葉低木です。 高さ1〜2メートルになり、茎は緑色で4稜があって角張り、ややつる状に細長く伸びて、先が地につくと発根します。 葉は3小葉からなる複葉で、小葉は長楕円形、長さ1〜3センチメートル、表面は深緑色で、縁に短剛毛があります。 2〜4月、葉の出る前に黄色の花が1個ずつ対生して開き、花は径2〜2.5センチメートルで上部が6裂して平らに開き、下部が細長い筒になった高坏形で、香りはありません。 雄しべは2本で花筒の内側につきます。 中国原... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/02 07:43
ギンヨウアカシア
2月1日(水曜日) 仏滅   アカシアの仲間は南半球の熱帯から亜熱帯に1200種が分布します。 ギンヨウアカシアはその中の1種で高さ6mほどに達する常緑性小高木です。 主な原産地はオーストラリア南東部で、日本に渡来したのは明治時代末期です。 寒さにはあまり強くありませんがやせ地でもよく育つので日本でも、温暖な地域で街路樹として古くから利用されてきました。 銀色がかった色の葉と、枝垂(しだ)れた枝いっぱいに咲かせる丸くて小さな小花が特長で、花の盛りの時期には樹全体が黄色に染まり、周囲... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/02/01 07:44
アケボノアセビ
1月31日(火曜) 先負   ツツジ科、アセビ属の常緑低木です。 栽培されていて、まれに自生しているのを見かけます。。 葉は枝先に集まってつき、倒披針形で、先は尖り、光沢があります。 花期は2〜5月ごろ。 枝先の葉腋から円錐花序を出し、淡紅色の壺形の花を多数つけます。 花の色は濃淡があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/31 07:35
ロウバイ
1月30日(月曜日) 友引   ロウバイ科の落葉低木です。 中国中部原産で、日本へは後水尾天皇(在位1611〜29)の時代に朝鮮半島を経て渡来した。 名前は、花色が蜜蝋に似ていて、ウメと同じころに花を開くからといわれています。 高さ2〜3メートルの株立ちになり、葉は対生し、長卵形、長さ8〜15センチメートル、先は鋭くとがり、縁に鋸歯がなく、薄い革質で表面がざらつきます。 12月から翌年の2月、芳香のある蝋質、半透明の黄色花を葉より先に咲かせます。 萼片と花弁の区別がなく、外層の花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/30 07:46
フクジュソウ
1月29日(日曜日)  先勝   キンポウゲ科の多年草です。 多数の堅い根をもつ短い根茎から数個の花茎を出し、花茎は初め短く、包葉状の葉に包まれて先端に一花をつけますが、やがて伸びて細裂した3回羽状複葉を互生し、30センチ以上になります。 花は光沢のある黄色で径3〜5センチ、花弁は多く、日が当たると開き、雄しべ、雌しべとも多数で、花期後、金平糖のような集合果ができます。 日本から朝鮮半島、シベリアに分布し、日本では本州中部以北、北海道に多く自生しています。 寒さに強く、自生地では山... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/29 07:41
スズランエリカ
1月28日(土曜日) 赤口   一般的にはスズランエリカと言われているこの花、正確には「エリカ・フォルモーサ」といいます。 よく分枝してこんもりとした姿になる高さ60cm程度の低性のエリカです。 葉は長楕円形で小さく、小枝の先端に3個づつ咲きますが、株全体としてはたくさんの花になります。 ドウダンツツジの花に似て、扁平な壺型で、花色は白色です。 スズランを思わせるためかこの名前があります。 清楚な雰囲気のある花です。 蛇の目エリカ属は開花期がたいへんに長くほぼ周年咲きに近いのに... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/28 07:42
マンサク
1月27日(金曜日) 大安   マンサク科の落葉小高木です。 高さ10メートルに達し、幹は灰褐色。葉は菱状倒卵形で、長さ5〜10センチほど。 葉の展開に先だち、2〜3月、葉腋から出た短枝に1〜2個の黄色花を咲かせます。 果実は果で、名前は、早春に花が枝いっぱいにつく状態を豊作に例えたものです。 山地に普通に生え、東北地方南部以西の本州の太平洋側、および四国、九州に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/27 07:45
ムッセンダ(コンロンカ)
1月26日(木曜日) 仏滅   ムッセンダは熱帯アフリカ、アジアを中心に約200種類が分布する常緑性の低木です。 高さは1mから2mになります。 花自体は小さくてあまり目立ちませんが、花のまわりの5枚のがく片の1枚だけ葉のように大きくなり、白や赤に色づきます。 中にはがく片が図部手大きくなり色づくものもあります。 特に白色に色づくものが美しいです。 「コンロンカ」「ヒロハコンロンカ」の2種が九州や沖縄に自生しています。 ムッセンダの名前はスリランカの現地での呼称に由来します。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/26 07:45
キンカチャ
1月25日(水) 先負   ツバキ科ツバキ属の常緑低木です。 中国南部の広西省とベトナムの限られた地域に分布しています。 わが国へは1980年に渡来したそうです。 高さは2〜3メートルになり、「ちゃのき」に似ています。 1月から3月ごろ、鮮やかな黄色の花を咲かせます。 花には芳香があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/25 07:47
パキスタキス・ルテア
1月24日(火曜日) 友引   寒さに弱い熱帯性の花木で主に鉢植えで栽培されます。 黄色く色づいた「ほう(葉の一種)」がローソク状に細長く立ち上がり、その間から白くて細長い花を咲かせます。 花は、あまり目立たずに「ほう」の部分を主に鑑賞します花自体の寿命は短いですが、ほうの部分は1ヶ月以上鑑賞できます。 パキスタキスはギリシア語のパキュス(太い)とスタキュス(穂)の合成語で花の咲く部分が穂状になることからこの名前が付けられました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/24 07:54
オニノゲシ
1月23日(月曜日) 先勝   キク科の一、二年草です。 ヨーロッパ原産の帰化植物で、都市の荒れ地や路傍に多く、高さ50センチメートルから1メートルになります。 在来種のノゲシに似ていますが、葉の鋸歯の先が刺となり、触ると痛いこと、葉面に光沢があること、葉の基部が円いことなどで区別できます。 春から秋にかけて径2センチメートルの黄色の頭花をつけます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/23 07:44
カンザキハナナ
1月22日(日曜日) 仏滅   滋賀県守山市今浜町の琵琶湖岸にある第一なぎさ公園で、早咲きの菜の花「カンザキハナナ」が見ごろを迎えた。黄色い花と白く冠雪した比良山系の対比をカメラに収めようと訪れた写真愛好家らでにぎわっています。 広さ4千平方メートルの菜の花畑には1万3千本が植えられており、同市から委託を受けた守山市シルバー人材センターの約20人が維持、管理しておられます。 昨年10月初旬に種をまいて、12月下旬に咲き始めた花は、現在見ごろとなっています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/22 07:49
カエンボク( 火焔木)
1月21日(土曜日) 先負   別名をアフリカン・チューリップツリーと言います。 科名はノウゼンカズラ科で原産地は 熱帯アフリカです。 カエンボクは、熱帯アフリカ原産の常緑高木で、凡そ20mくらいに育ちます。 まさに「南国の花」を、全身で表しているかのような「情熱の花姿」です。 この真っ赤な花が、「炎の冠」のように樹冠を覆って咲き誇ります。 現在では、世界各地の熱帯に属する地域で、本種を街路樹や庭公園樹として利用しています。 しかし、繁殖力がとても旺盛な為、既存の植生や生態系... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/21 07:47
ヤハズカズラ
1月20日(金曜日) 友引   キツネノマゴ科で別名はツンベルギアと言います。 別名のツンベルギアはスエーデンの植物学者ツンベリーにちなんだものです。 熱帯アフリカ原産のつる植物で、日本では小笠原諸島に野生しています。 艶のある綺麗な緑の葉に、黄色い花はすてきです。 更にその黄色い花の中心にある黒い花芯もくっきりしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/20 07:41
ギョウリュウバイ
1月19日(木曜日) 先勝 別名を「 ショウコウバイ」と言います。 フトモモ科のレプトスペルマム属 の常緑低木です。 原産地はマレー諸島・オーストラリア・ニュージーランド 線形の葉は互生し、長さ1.5pほどになり、1月から6月にかけて、白やピンク、赤などの花をつけます。 紅色系の濃淡が美しく、小花だけでなく葉にも赤みがあります。 ギョウリュウバイからは、ワックスフラワーに似た一重や八重咲き、花色違いのものなど、多くの園芸品種が生まれています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/19 08:11
アマゾンリリー
1月18日(水曜日) 赤口   一般名はアマゾンリリ-と言います   花茎の先端に芳香のある純白の花を数輪付けるヒガンバナ科ユーチャリス属の多年草(球根)です。 別名でユーチャリスとも呼ばれます。 花被片は6枚あり、卵形の葉が花に比べてとても大きいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/18 07:45
ドンベア
1月17日(火曜日) 大安   アフリカ・マダスカル諸島の原産です。 アオギリ科 ドンベア属の非耐寒性常緑低木です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/17 09:07
ニホンスイセン
1月16日(月曜日) 仏滅   地中海原産で日本へは中国から伝来したといわれています。  関東地方以西の本州〜九州の海岸近くに生えていて、大群生地として、静岡県爪木崎、福井県越前海岸などが有名です。 観賞用として庭に栽培されています。  冬に葉の間から花茎をのばし、高さ20〜40cmになり、葉は長さ20〜40cmの線形で、粉白を帯びます。  茎先に5〜8個のよい香りのする白色の花を横向きにつけ、黄色の副花冠が目立ちます。  花期は12〜4月ごろです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/16 07:48
カンザキアヤメ
1月15日(日曜日) 先負   地中海から西アジア原産の常緑多年草です。 乾燥した岩礫地の斜面に生え、夏に見られるアヤメより小柄で、高さは20〜30cmになります。 葉は非常に細く、幅は3ミリほどです。 色濃く、茎はほとんどありません。 晩秋から冬の終わりにかけて咲かせ、15pぐらいの長い花筒が特徴です。 花はふつうスミレ色ですが、まれにピンク色や白色もあります。 花披片の真ん中には、オレンジ色の筋があります。 冬に温暖な地中海地域の原産であるとわかれば、冬に咲く性質が理解で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/15 07:51
ジゴペタルム
1月14日(土曜日) 友引   南アメリカを原産地とする、ラン科の多年草です。 12月から3月にかけて、長く伸びた花梗に、5センチから7センチで紫色系の花がいくつも付き、気品のある芳香を放ちます。 栽培種で人気があるのは、ジゴペタルム・マッケイ、コラックス、ジゴコラックスなどがあります。 寒さには弱いですが、強健な性質で、育てやすいです。 冬期は5℃から10℃以上での管理が必要で、乾燥を嫌うので、水やりは多めが良いでしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/14 07:33
ソシンロウバイ
1月13日(金曜日) 先勝   ロウバイ科、ロウバイ属の落葉低木です。 庭木として植えられています。 幹は淡灰褐色で、小さな皮目が縦に断続的にならび、高さ2〜5mになります。 葉は対生し、長さ7〜15cm、幅4〜6cmの長楕円形で、全縁で、先が尖っています。 花期は1〜2月ごろ。 新しい葉が出る前に花が下または横向きに咲きます。 花は黄色で、径約2.5cmほど、花被片が多数ラセン状につきます。 内花被片は外花被片よりやや小さく、共に黄色です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/13 07:35
ノボロギク
1月12日(木曜日) 赤口   キク科の、キオン属です。 ヨーロッパ原産の1〜2年生草本で、明治始めに帰化し、畑などの他、道路のほとりや植栽枠の中などに普通に生育しています。 茎はやわらかく、やや肉質で高さ30cmほどになります。 普通、花は春から夏に開花しますが、花はほぼ一年中見ることができます。 頭花は腋生の散房花序状に着き、黄色の筒状花からなり、まれに少数の舌状花がついていることもあります。 葉はつやがあって柔らかく、シュンギクに似た形です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/12 07:34
マサキ
1月11日(水曜日) 大安   ニシキギ科ニシキギ属の常緑低木です。 北海道南部以南、九州までの海岸近くの森に生育しています。 刈り込みに強く、密生することから生け垣や庭木としてもよく用いられ、斑入りのものもあります。 葉は厚く、強いつやがあります。 葉先が尖らず、丸っこい葉に低い鋸歯があり、葉柄は短く、対生します。 若い茎は緑色で、花は黄緑色で小さく目立たないです。 秋に果実が熟すと裂開して橙赤色の仮種皮におおわれた種子があらわれ美しいです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/11 07:53
ヒヨドリバナ(ひよどりばな) 【鵯花】
1月10日(火曜日) 先負   キク科の多年草です。 地下茎は短くて太く、やや塊状に肥厚して多少木質化し、茎を1本から数本叢生します。 葉は対生し、長卵状楕円形または長楕円状披針形で長さ6〜18センチ、幅3〜8センチ、裏面全体に腺点があります。 多数の頭花を散房状につけます。 頭花は数個の管状花からなり、白色でときに淡紫色を帯び、痩果は五稜形、白色の冠毛があります。 山地の比較的明るい疎林の中や林縁、造林地などの草地に多く生え、日本、および朝鮮半島、揚子江以北の中国に分布していま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/10 07:30
ムラサキセンブリ
1月9日(月曜日)  先負   リンドウ科 センブリ属です ムラサキセンブリは関東以西の本州・四国・九州、朝鮮・中国などに分布する草本です。 図鑑に記載がありませんが、おそらく1年草(越年生か?)。高原の、粘土質土壌地であり、草丈の低い草地や路傍などに生育しています。 草丈は50cm程度になるものもあります。 センブリに比べて高くなりますが、周囲の草を超えて高くなるほどではありません。 葉は細く、長さ2〜4cmで対生しています。 花は9月頃から11月にかけて咲き、淡い紫色で、色... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/09 07:53
ゴモジュ
1月8日(日曜日) 友引   別名;タイトウガマズミ、コウルメ。 スイカズラ科、ガマズミ属の常緑低木です。 奄美大島〜沖縄の山の日当たりの良い斜面や林縁に生えています。 幹は直立し、よく分枝し、高さ2〜4mになります。 樹皮は灰褐色で、赤褐色の皮目が多いです。 葉は対生し、有柄で、長さ4〜8cmの倒卵形〜楕円形で、浅い鋸歯があり、ほぼ無毛です。 花期は12〜4月ごろで枝先に長さ2〜7cmの円錐花序をやや垂れて出し、白っぽい花を多数つけます。 花は長さ5〜7mmの筒形で、先は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/08 07:41
イチゴノキ
1月5日(木曜日) 大安   常緑性の低木で、南ヨーロッパなど地中海沿岸西部が主な原産地です。 花茎は下向きに垂れ下がって、その先に壺を逆さにしたような形の小さな白い花をたくさん付けます。 何となく花の雰囲気が同じツツジ科のドウダンツツジに似ています。 花は基本的に11月〜12月頃に咲きますが、やや不定期咲きのようです  開花と同じ頃、昨年の花の果実が熟します。 果実は直径1.5cmほどの球形で緑色→オレンジ色→赤色と徐々に色づいて変化していく様子がたのしいです。 赤く熟した果... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2012/01/05 07:37
なずな
1月4日(水曜日) 仏滅   ナズナ(薺)とは、アブラナ科ナズナ属の越年草です。 別名はペンペングサ(ぺんぺん草)。 田畑や荒れ地、道端など至るところに生えています。 高さは20〜40cmで、花期は1〜6月ごろ。 直径3mmほどで、花弁は4枚の小さな白い花を多数、花穂に付けます。 次々に花を咲かせる無限花序で、下の方は種子が形成されるが、先端部では次々とつぼみを形成して開花していきます。 こぼれ落ちた種子は秋に芽生え、ロゼットで冬を越すが、春に芽を出すこともあります、 越年草... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2012/01/04 07:24
サツマイナモリ(薩摩稲森)
12月31日(土曜日) 赤口   アカネ科の多年草です。 高さ10〜25センチメートルで、茎の一部は木化します。 茎や葉は乾くと赤みを帯びます。 11〜4月、鎌形(かまがた)花序をつけ白色花を開きます。 果実は扁平(へんぺい)で倒三角形、多数の小さい種子があります。 常緑樹林下に生え、関東地方南部以西の本州から沖縄、および中国に分布しています。 名前は、薩摩(さつま)産のイナモリソウの意味です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/12/31 07:36
かねのなるき
12月30日(金曜日) 大安   サボテンの仲間です。 金の生る木は、なかなか花が咲きません。 花を咲かせるのは、夏に水をひかえること。 肉厚の厚い葉がしおれる程度まで、水をあげないでいること、そして、たっぷりあげたりを繰り返すと、冬に可愛い花が咲きます。 雄しべの付け根には、たっぷりの蜜がでています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/30 07:43
ロウバイ
12月29日(木曜日) 仏滅   ロウバイ科、ロウバイ属の落葉低木です。 庭などに栽培されています。 よく分枝し、高さ2〜5mになります。 樹皮は淡灰褐色で、小さな皮目が縦に断続的に並びます。 葉は対生し、有柄で、長さ7〜15cm、幅4〜6cmの長楕円形で、先が尖っています。 花期は12〜2月ごろ。 葉が展開する前に花が下向き〜横向きに咲きます。 花は径約2cmで、外側の花被片は黄色で光沢があり、内側の花被片が暗赤褐色です。 雄しべは5〜6個で、雌しべは壺形の花托の中に多数... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/29 07:39
ニトベギク
12月28日(水曜日) 先負   中央〜北アメリカ原産の多年草です。 頑丈な植物で茎は木質化し、低木のようになることもあります。 高さは3m以上もあるので、植物園内では非常に目立ちます。 大きさだけなら好条件で育ったキクイモも同じくらいの高さになりますが、ニトベギクの方が大きな葉を持ち、花も一回り以上大きくなります。 ニトベギクの名は、旧五千円札でかつてはなじみ深かった新渡戸稲造氏が初めて日本に持ち込んだことに因むとされます。 ニトベギクの葉は長さ約20cmで根本は卵形、先端は3... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/28 07:28
オウコチョウ(黄胡蝶)
12月27日(火曜日) 友引   西インド諸島原産といわれてるマメ科の常緑樹です。  花は橙赤色で花びらの縁に黄色のひだがあり、多数の花が円錐状につきます。 紅色のおしべと花柱が長く突き出て、目を引き付けます。  世界各地の熱帯・亜熱帯で観賞用に植栽されており、日本でも西南部の暖地では戸外でも育ちますが、その他の地域では温室で栽培されます。  漢字の”黄胡蝶”は花の咲いている様子がまるで蝶が舞っているかのように見えることから付いたそうです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/27 07:33
リュウノギク
12月26日(月曜日) 先勝   互生する葉は、先がとがる卵形で3裂します。 洋紙質で裏にはT字状の毛が密生して灰白色をおび、ふちにはギザギザがあります。 茎はややまがり、すくっと立ことはありません。 花期は10〜11月で、茎の先につく花は3〜5cmで白い花びら状の舌状花は20枚ほどで、中央の黄色い筒状花は多数つき、半球形になっています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/26 07:31
ヤナギアザミ
12月25日(日曜日) 赤口   乾いた草地や林縁に生育する多年草です。 根は太くて紡錘状に肥厚し、茎は直立し高さ1mに達します。 葉は互生し、長さ6〜20m、幅5〜10mmと細長く、全縁か切れ込みがあり、ふちには短い刺があります。 9〜11月、茎の先に頭花をつけます。 総苞は球形で径1.5cmほどで、総苞片は線形で開出しません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/25 07:40
イソノギク
12月24日(土曜日) 仏滅   キク科シオン属に属しており、沖縄と奄美大島に分布しています。 海岸生の多年草植物です。 長さ15cm〜50cm程ある茎は、茎分かれしており、地上や地上から少し斜め上に向かって生えています。 普通の植物が生えないようなゴロタ石が積み重なったところに生息しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/24 07:28
ツリガネニンジン
12月23日(金曜日) 先負   キキョウ科の多年草です。 ツリガネソウとも言い、茎は高さ0.4〜1メートル、折ると白い液が出ます。 葉は長楕円形から卵状長楕円形で、4〜5枚が輪生し、8〜10月、茎の先に多数の淡紫色花を下向きに輪生します。 花冠は鐘形、花柱は抽出し、丘陵帯から山地帯の草原、畦などに生え、日本全土、および樺太、南千島に分布しています。 名は、花が釣鐘形で、根が太くチョウセンニンジンに似ていることによります。 また、花の形から地方によってフウリンソウ(風鈴草)、チョ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/23 07:44
ヨルソケイ
12月22日(木曜日) 友引   インド原産の落葉低木で、観賞用として熱帯アジア各地で公園や庭に栽植されています。 枝は四角形で、葉とともに表面がざらつくのが特徴です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/22 07:26
ヒマラヤ桜
12月21日(水曜日) 先勝   バラ科のサクラ属です。 別名・・宝塚チェリー 原産地はネパールで樹高10〜15mほどになります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/21 07:37
カンラン (寒蘭)
12月20日(火曜日) 赤口                        ラン科シュンラン属の多年草です。  東海地方以西から台湾にかけて自生するランの仲間。 12月から1月にかけての寒い時期に花を咲かせることからカンラン(寒蘭)の名前があります。 細長い花茎に5〜10花を咲かせ、細長い花弁が特徴的です。 花には微香があり、シュンランとは同じ属で洋ランとして有名なシンビジュームとも同じ仲間です。  シュンランとは自然交雑種があり、ハルカンランと呼ばれています。  カンランは昔よ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/20 07:35
ニホンスイセン
12月19日(月曜日) 大安   スイセン(水仙)は、冬〜春(12〜4月)に草丈15〜50cmの花径3〜8cmの黄や白い花を俯きかげんに咲かせる耐寒性球根です。 葉茎は緑色をしていて細長く厚みがありショウブに似ているような気がします。 品種が豊富で、原種、ラッパ、大・小杯、八重咲、房咲き、ジョンキル、トリアンドラス、シクラミネウス、ポエティクス、スプリットコロナなどの系統に分類されます。日本でよく見かけるニホンズイセンは2〜3月中旬、ラッパズイセンは4〜5月中旬に咲いています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/19 07:26
シロヤブツバキ
12月18日(日曜日) 仏滅   ツバキ科ツバキ属です。 沿海地に多く、山地にも生える常緑高木で、高さ10〜15mにもなります。 葉は互生し、長さ5〜12cmで、長卵形で厚く、表面に光沢があり、裏面は淡緑色で、縁に細い鋸歯があります。 木肌は灰白色です。 開花期は、12〜4月で、枝先に赤色の5弁の花が一つずつ咲き、半開きのものが多いです。サザンカと異なり、花びらが散る事はなく、花ごと落ちます。 種子からはツバキ油がとれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/18 07:46
オキザリス
12月17日(土曜日) 先負   カタバミ科の球根草です。 世界中に自生種があり、観賞用には熱帯アメリカ、アフリカ原産のものが十数種栽培されています。 球根は匍匐性の根茎もしくは鱗茎で、花は夜間や雨天、曇天でしぼむので、できるだけ日当りのよい所で栽培する方がいいようです。 寒さに弱い品種や秋咲き、冬咲き品種は温室やフレーム内で栽培しますが、夏咲き品種は花壇にも植えられます。 繁殖は分球によります、オキザリスという属名は、酸を意味するギリシア語に由来し、茎葉をかむと酸っぱい汁が出るこ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/17 07:39
ネコノヒゲ
12月16日(金曜日) 友引   インド〜マレー半島が原産の植物で、本来毎年花を咲かせる多年草なのですが、耐寒性がなく冬に枯れてしまうことが多いので、日本では一年草として扱われることもあります。  春から秋にかけて、白い花を咲かせます。 花びら自体はさほど目立ちませんが長く伸びた雄しべと雌しべがやや上向きにピンと反り、そのユニークかつ特長的な姿がネコのひげを連想させる所からこの名前が付けられました。  花壇や鉢植えで観賞用として育てられることが多いですが、日本には当初、薬用植物として... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/16 07:32
マユミ
12月15日(木曜日) 先勝   ニシキギ科の落葉小高木です。 大きいものは高さ10メートルに達し、枝は黄褐色を帯びます。 葉は普通長楕円形で長さ5〜15センチメートル、先端は短くとがり、裏面は毛はなく、雌雄異株です。 5〜6月、葉腋から長い柄のある集散花序を垂れ下げ、径約8ミリメートルで4数性の淡緑色花を咲かせます。 明瞭な花糸があって、葯より長く、葯は黒紫色で、果実は倒四角錐形です。 低山地に普通に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、樺太に分布しています。 葉の裏面主脈上... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/15 07:31
タイキンギク
12月14日(水曜日) 赤口   中国原産のキク科のツル性の植物です。 細いツル性の枝がよじ登り、晩秋、他のキクの花が終えてから、直径2〜3cmの黄色の小さな花が多数、見事に咲かせます。 つる自体には、巻きひげや吸盤のように自分で巻き付いて行く構造はなく、他の植物の枝の間をぬって登っていくタイプなので、上に登らせるためには、紐などで支柱に止める必要があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/14 07:47
パンジー
12月13日(火曜日) 大安 園芸品種として改良されたスミレ科の植物です。 現在何千種もあるといわれていますが、もとをたどれば、「ビオラ・トリコロール」という野生種から改良されたもので、品種改良の歴史は200年近く前(1813年)からあったとヨーロッパでは言われています。 自然界に「パンジー」という植物はありません。 パンジーの小型のものを特に「ビオラ」と区別して呼ぶことがありますが、特に見分け方などはないみたいです。 春花壇の主役としてよく利用されます。 花色もバラエティーも豊... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/13 07:41
ヒマラヤユキノシタ(ヒマヤラ雪の下)
12月12日(月曜日) 仏滅   別名:ベルゲニア、ウインター・ベゴニア ユキノシタ科ベルゲニア属 です。 原産地はヒマラヤ(アフガニスタン、チベット) 15〜30cmの草丈で花色は桃・赤・白です。 花径は約1cmくらい。 花期:12〜5月ごろ  ヒマラヤユキノシタ(ヒマヤラ雪の下) は、冬〜春にひょろりと長く伸びた褐色の柔らかそうな花茎の先端が幾つかに分かれ、数個づつまとまった小花を咲かせるユキノシタ科ベルゲニア属の耐寒性常緑多年草です。 葉は一年中、緑ミドリしており、花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/12 07:37
皇帝ダリア
12月11日(日曜日) 先負   キク科ダリア属の多年草です。 山地帯から亜高山帯にかけて岩礫地林の中などに生えています。 草丈は2〜6メートルくらいである。 草本ですが、茎が木質になります。 葉は2〜3回羽状複葉です。 枝分かれを2〜3回繰り返して、それぞれの先に羽状複葉をつけて1枚の葉となります。 小葉の形は披針形です。 開花時期は11〜12月ごろ。 淡い紫色をした大輪の花(頭花)をつけます。 花径は10〜15センチほど。 舌状花は8枚で、真ん中に黄色い筒状花があり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/11 08:02
ガウラ
12月10日(土曜日) 友引    北アメリカのテキサス、ルイジアナ原産の多年草です。 長く伸ばした茎の先端に少しピンク色がかった白花を春から秋の長期間絶え間なく次々と咲かせます。 花の大きさは1.5cm、細長い花茎が風に揺れ小さな蝶が舞っているように見え、その蝶に似た花のかたちから、「ハクチョウソウ(白蝶草)」の別名があります。 ヤマモモソウ(山桃草)という別名は淡いピンク色の花を咲かせるところから名付けられました。 また、ガウラという名前はギリシア語で「華麗な、堂々とした」とい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/10 07:38
フユシラズ
12月9日(金曜日) 先勝   別名をカレンデュラといいます。 キンセンカ(金盞花)と同属で、キンセンカよりも小さな1〜2cmくらいの黄色い可愛い花をつけます。 耐寒性なので真冬でも花壇で霜にも負けないで次々と花をつけるので、このように名付けられています。 園芸品種は夜間は花を閉じます。 キク科カレンデュラ属の1年草です 花期:11〜5月ころ ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/09 07:44
エリカ
12月8日(水曜日) 赤口    つつじ科.常緑低木.主に南アフリカ原産で、種類は500種位あります。 葉は小さく針状で輪生するものが多く、花は壺形、釣鐘形または球状で、散形花序をなします。 花の色は桃紅色、紫紅色または透き通った赤.花の大きさは5ミリ〜4センチ位のが2〜3個づつ付き、がくは4枚で、木の高さもさまざまで、30センチ〜3米にもなります。 日本で一般的なのは蛇の目エリカで、花はピンクで、葯は黒く花冠から飛び出て蛇の目模様に見えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/12/08 07:59
ヤナギハナガサ
12月7日(水曜日)  大安   別名;サンジャクバーベナ。 クマツヅラ科、クマツヅラ属の多年草です。 道端や空き地などに生えています。 茎は四角で、中空で、毛があり、直立し、束生し、高さ0.5〜1.5mになります。 葉は広線形で、縁に鋸歯があり、対生する葉の基部で茎を抱きます。 花期は6〜9月ごろ。 枝先にほとんど無柄の密な穂状花序が散房状に集まってつき、多数、同時に、紅紫色の花が咲きます。 花序は団塊状を、果時にも保ちます。 花冠は長さ約1cmの筒形で、先が5裂し径が約... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/12/07 07:29
シラネセンキュウ
11月21日(月曜日)大安   別名;スズカゼリとも言います。 セリ科、シシウド属の多年草です。 本州、四国、九州の山の林縁などの日陰に生えています。 茎は円柱形で、直立し、上部で分枝し、高さ80〜150cmになります。 根生葉は大きく、長柄があり、茎葉は互生し、有柄で、葉柄の基部は袋状です。 葉は3〜4回3出複葉です。 小葉は長さ3〜6cmの卵形〜披針形で、鋭い鋸歯があります。 花期は9〜11月ごろ。 枝先に複散形花序を出し、白い小さな花を多数つけ、花の径は約4mmほど。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/21 07:25
コブクザクラ
11月20日(日曜日) 仏滅   バラ科、サクラ属の落葉小高木です。 観賞用に庭や公園に植えられています。 幹はよく分枝し、高さ2〜4mになります。 葉は狭長楕円形〜卵状楕円形で、深い欠刻状の重鋸歯があり、葉裏は淡緑色で、短毛が多いです。 花期は4月と10〜12月の2回開花します。 花は八重で、白(のち淡紅色)の花を数個ずつつけ、花の径は約1.5cmほど。 雄しべは多数あり、雌しべは2本以上あります。 萼片は5個で、緑色で、短毛があります。 冬の花柄は4月のそれより短い傾向... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/20 07:41
イナカギク
11月19日(土曜日) 友引   別名:ヤマシロギク(シロヨメナの「別名をヤマシロギクとする説が多いようですが、学会ではイナカギクの別名らしいです) 本州中部から九州に分布、平地から里山の日当りの良い草地に生え、背丈30−100cmほどの多年草です。 茎先端で枝分かれし、散房状に花を付けます。 小花の径1.5cm前後で、やや小さめです。 葉は大きさ7−15cm程度で、細い楕円形から被針形で粗い鋸歯、毛が有ってザラついています。 基部に翼がやや茎を抱きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/19 07:25
シマカンギク
11月18日(金曜日) 友引   別名;アブラギク、ハマカンギク。 キク科、キク属の多年草です。 本州近畿地方以西、四国、九州の山麓の日当たりの良いところに生えています。 茎は叢生し、下部は倒れ、上部は立ち上がり、高さ30〜60cmになります。 葉は有柄で、長さ約4cmの卵形で、5中裂し、裏面は淡緑色です。 葉柄の基部に葉状の仮托葉があります。 花期は10〜12月ごろ。 頭花は黄色で、径約2.5cmほど。 総苞片は4列に並び、外片は長楕円形です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/18 07:26
ハマギク
11月17日(木曜日) 先勝   キク科の多年草です。 茎は木化して基部から叢生し、高さ0.5〜1メートル。葉は互生し、匙形で無柄、質は厚く、表面は光沢があります。 9〜11月ころ、径約6センチの頭花をつけます。 頭花は白色の舌状花と黄色の管状花からなり、やや長い柄があり、海岸の崖や砂丘に生え、青森県から茨城県の太平洋側に分布し、江戸時代から栽培されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/17 07:22
ミセバヤ
11月16日(水曜日) 赤口   ベンケイソウ科の多年草です。 日本の原産で小豆島に自生もしていますが、普通は観賞用として鉢植えにして栽培されています。 茎は根茎から叢生し、成長すると垂下し、紅色を帯び、長さ約20センチメートルで、ほとんど分枝しません。 葉は多肉質、扇形で、3枚が輪生し、縁に鈍い鋸歯があり長さ約2センチメートルで、粉白を帯びた緑色です。 10〜11月ころ、茎頂に淡紅色の小花を球状に多数密集してつけ、花は萼片、花弁ともに5枚で、雄しべは10本です。 葉に黄色い斑の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/16 07:25
アベリア
11月15日(火曜日) 大安   スイカズラ科の1属名ですが、園芸上はハナゾノツクバネウツギを通常アベリアとよんでいます。 ハナゾノツクバネウツギは、中国中南部に分布する落葉低木で花が枝先に多数集まって開き、雄しべが花冠より飛び出す。シナツクバネウツギと、中国南部の福建省に分布する常緑低木からできた園芸雑種で、1880年以前につくられ、日本には1919年(大正8)ごろに渡来しました。 スイカズラ科の半常緑低木で高さ1〜2メートルの株立ちになり、葉は対生し、卵形で長さ2.5〜4センチメー... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/15 07:32
キバナコスモス
11月14日(月曜日) 仏滅   黄花秋桜 (オレンジコスモス)のキク科です。 一般的なコスモス(コスモス・ビピンナッス)と同属異種となり、違いをはっきりさせています。 学名はコスモス・スルフレウスと言い、半八重咲きの花とオレンジ色や朱色に近い黄色の花が特徴です。 自生地のメキシコから全世界へ広がったキバナコスモスは、高原より低地に咲き、低地になればなるほど花の高さが高くなるそうで、秋の時期、台風などの強風・高温に一度は花がなくなることがありますが、復活してまた綺麗な花を見せてくれる... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/14 07:10
ウインターコスモス
11月13日(日曜日) 先負   通称 「霜月コスモス」と呼ばれています。 コスモスのような花形で、黄色花を秋から冬にかけて咲かせるので、ウインターコスモスの名前で流通しています。 花弁の先端が白色の品種もあります。 葉は細裂していますが、小葉は極端に細くはなく、草丈は35cm程度です。 寒さには強く、秋冬花壇の栽植に適しています。 切り花にもなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/13 07:43
ゲッキツ
11月12日(土曜日)  友引   ミカン科の常緑小高木です。 葉は互生し羽状複葉、小葉は3〜9枚、卵形で長さ2〜8センチメートルで、枝先に散房花序をつくり数個の花を咲かせます。 花は白色で放射相称。萼片5枚、花弁5枚、雄しべ10本、雌しべ1本からなり、芳香があります。 沖縄以南の東南アジア、熱帯、亜熱帯に分布し、中国名を九里香といい、よく生け垣などにされてます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/12 07:29
ゴレンシ
11月11日(金曜日) 先勝   カタバミ科の常緑小高木です。 インドネシア東部のモルッカ諸島原産で、葉は奇数羽状複葉で、長さ15センチメートルほど。 花は紫色、5〜6ミリメートルで、腋生の小円錐花序につきます。 花柱5、雄しべ10本、うち5本は短く不完全です。 熟果は黄緑色、凹凸のある五稜形で断面は星形です。 一般には英名からとられたスターフルーツという名称で販売されていて、重さ30グラム。甘味、酸味の変異が広く、生食、漬物、ゼリー、ジャムとなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/11 07:37
サガリバナ
11月10日(木曜日) 赤口   サガリバナ科の中高木です。 葉は枝先に束生し、ほぼ無柄、倒卵状長楕円形で長さ10〜30センチメートルで、縁は波状で、若葉は赤褐色を帯びています。 総状花序は下垂して長さ約50センチメートルに達し、花は白ないし淡紅色で、雄しべは多数、刷毛状で長さ3〜4センチメートルです。 果実は卵形で長さ約5センチメートルで、マングローブ林の後背地や湿地に生え、奄美大島以南、および東南アジア、インドに分布しています。 京都府立植物園温室にて ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/11/10 07:25
クラリンドウ
11月9日(水曜日) 大安   クマツヅラ科のクレロデンドルム属 です。 花期は10〜12月ころで、枝先より伸びたツルに蝶が舞っているかのようなたくさんの白い花を咲かせるつる性の品種です。 花序の長さは20〜35cmほど、円錐花序で、萼はやや赤味のある緑色、果実は熟すと黒紫色になり、星状に開いた径2.5cmほどの赤色の萼につくそうです。 株は基部からよく分枝し、葉は光沢のある緑色、披針形〜倒卵形で先が尖っており、対生します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/09 07:29
カワラノギキ
11月8日(火曜日) 仏滅   キク科・多年草です。 関東地方と静岡県東部の河原に生えています。 高さ50〜70センチで、茎は葉を多数つけ、上部でよく分岐し、根生葉や下部の葉は花期には枯れてしまいます。 茎の中部の葉は長さ6〜7センチ、幅3〜5ミリの線形で、先は鈍く、基部はしだいに細くなります。 頭花は直径3.5〜4センチで、舌状花は白色〜淡紫色〜紫がもっと濃いものまであります。 そう果は扁平な倒卵形で、冠毛は帯赤色で長さ4〜5ミリほどで、花期は10〜11月ころ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/08 07:28
ヤブラン
11月7日(月曜日) 先負   ユリ科の常緑多年草です。 短く太い根茎から葉を叢生し、葉は線状披針形で長さ50センチメートル、幅約1センチメートル、先は丸みを帯び、深緑色で、上部は傾いて下がります。 夏から秋、30〜50センチメートルの花茎を直立し、淡紫色で径0.6センチメートルの小花を穂状につけます。 花被片は6枚、雄しべは6本で、果実は裸出した種子が黒紫色に熟します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/07 07:29
ジンジソウ
11月6日(日曜日) 友引   ユキノシタ科、ユキノシタ属の多年草です。 山の湿り気のある岩壁などに生えています。 花茎は高さ10〜35cmになります。 根生葉は束生し、有柄で、長さ5〜15cmの腎円形で、モミジ葉状に7〜11中裂します。 花期は9〜11月ごろ。 集散状の花序に花を多数つけます。 花弁は白で、5枚で、上の3枚が小さく、下の2枚が長さ1.2〜2.5cmの長楕円形で長いです。 上の小さい花弁には黄色の斑紋があり、花軸や小花柄に腺毛があります。 雄しべは10個。葯... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/06 07:16
ウメバチソウ
11月5日(土曜日) 赤口   ユキノシタ科、ウメバチソウ属の多年草です。 野山の日当たりの良い湿った草地に生えています。 根生葉は長柄があり、広卵形です。 茎葉は1枚で、無柄で茎を抱きます。 花茎は高さ10〜40cmになります。 花期は8〜10月ごろ。 花茎の頂部に径2〜2.5cmの白い花を1個、上向きにつけます。 花弁は5枚で、雄しべは5本です。 仮雄しべが5個で、先が糸状に12〜22裂し、先端に小球状の黄色の腺体があります。 雌しべは柱頭が4裂しています。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/11/05 07:18
オトギリソウ
11月4日(金曜日) 赤口   オトギリソウ科、オトギリソウ属の多年草です。 日当たりの良い野山に生えています。 茎は円柱形で、直立し、上部で分枝し、高さ30〜60cmになります。 葉は対生し、互いに茎を抱き、長さ2〜7cm、幅0.7〜2cmの広披針形で、黒点が多いです。 花期は7〜9月ごろ。 茎頂に径1.5〜2.5cmの黄色の5弁花をつけ、花は1日花です。 花弁と萼片に黒点と黒線があり、花弁は微妙に巴状にゆがみます。 雄しべは多数あり、花柱は3個で、萼片は5個です。 ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/04 07:01
サネカズラ
11月3日(木曜日) 大安   マツブサ科の常緑藤本です。 つるは径2センチメートルに達し、葉は互生し、楕円形ですこし厚くて柔らかくつやがあり、裏面は紫色を帯びやすく、まばらに鋸歯があります。 夏、葉腋に径1〜2センチメートルの淡黄白色の花をつけ、雌雄異花でそれぞれ雌しべ、雄しべが多数あります。 果実は集合果で、肉質の果托に球形の赤い液果が多数つき、全体として球形で美しく、濃緑色の葉と赤い実との対照が好まれ、庭園に植えたり生け垣にしたりされています。 山野に普通にみられ、本州から沖... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/03 19:32
エンゼルトランペット
11月2日(水曜日) 仏滅   葉が大きく生育期には十分な水と肥料が必要です。 強風に当たると葉が傷むので強風の当たらない日当たりが適します。 冬になると露地植えのものは枝の先から枯れこみ、地中の太い根が生き残り、春気温の上昇とともに生育し夏になると立派に花を咲かせます。 鉢植えのものは室内に入れると茎も枯れません。 露地植えのものは夏から咲き始め10月から11月には2m位に生育し、多くの花が咲いて見事な開花状態になります。 春に植え替えると生育がよくなります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/02 07:11
アキノキリンソウ
11月1日(火曜日)  先負   キク科アキノキリンソウ属の多年草です。 高さは80cm程度となり、8-11月に総状の黄色い花を多数咲かせます。 葉は互生し、茎の下部の葉は先端がとがり楕円形で、茎の上部では被針状となります。 北海道から九州、それに朝鮮に分布し、山地や丘陵部の日当たりのよい場所に生えています。 かつては里山に囲まれた水田の周辺、ため池の土手などにごく普通に見られ、秋草の代表でありリンドウ等と共に小学校の教科書や絵本などでよく紹介されましたが、しかし、そのような環境の... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/11/01 07:37
マユハケオモト
10月31日(月曜日) 友引   ハエマンサス科の半耐寒性多年草です。 花は細長く、たくさんの雄しべの先に黄色の葯がついています。 名前は、この雄しべが白粉を塗った後に眉毛などについた白粉を払うための眉刷毛に似ているところからきています。 また、オモトと名前がついてますが、まったく違う種類です。 ハエマンサスは球根性の植物で、同じ秋咲き(夏に休眠)に赤い花を咲かせる「コッキネス」が、夏咲き(冬に休眠)に「線香花火」の名前でも知られる球状の赤い花を咲かせる「ムルチフロルス」などがあり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/31 07:35
マリーゴールド
10月30日(日曜日)  先勝   キク科のタゲテス属です。 メキシコ原産の春播きの一年草で、園芸上多く栽培されるのは、アフリカンマリーゴールド、フレンチマリーゴールド、メキシカンマリーゴールド、および近年アメリカで改良されたアメリカンマリーゴールドです。 アフリカンマリーゴールドは矮性種から高性種まで多くの品種があり、高さ30〜80センチメートルほどで、花は大輪系が多く、花径7〜12センチメートルです。 キク咲き、カーネーション咲き、丁字咲きなどがあり、花色は黄、橙、淡黄白色などで... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/30 07:16
ヨメナ
10月29日(土曜日) 赤口   キク科の多年草です。 長い地下茎があり、茎は高さ0.6〜1.2メートル、上部で分枝し、紫色を帯びることが多く、葉は披針形で粗い鋸歯があり、表面はやや光沢があります。 7〜10月、分枝した枝先に径約3センチメートルの頭花をつけます。 痩果は長さ3.5センチメートル、冠毛は長さ0.5ミリメートルで、山野や田の畦などに普通に生え、本州から九州に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/29 07:10
ルクリア(アッサムニオイザクラ)
10月28日(金曜日) 大安   ヒマラヤから雲南にかけての、標高1300m-2500mの高原に自生する常緑の低木〜小高木です。 アッサムニオイザクラの名前で流通します。 日本へは1975年頃に導入され、鉢花として親しまれています。 花色は白やピンク、5枚の花びらを持つ径3cm前後の花を枝の先に20〜30輪、球状に付け芳香を放ちます。 花の持ちは比較的よく、つぼみが次々に開くので1ヶ月は楽しむことができます。 葉はだ円形でやや厚みがあり、長さは20cm前後で裏面に綿毛が生えます。... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/28 07:12
シコンノボタン
10月27日(木曜日) 仏滅   ブラジルが原産の熱帯性の花木ですが、寒さには比較的強い方で暖地では冬でも屋外で育てることができます。 夏から秋にかけて美しい紫色の花を咲かせます。 漢字で書くと「紫紺野牡丹」また雄しべとその先の葯の部分がクモの足のように見えるためにブラジリアン・スパイダー・フラワーの別名もあります。 シコンノボタンは単に”ノボタン”の名前で売られていることもありますが厳密にいうとノボタンはアジア原産で別属の植物になります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/27 07:13
ヨモギギク
10月26日(水曜日) 友引   キク科の多年草です。 ヨーロッパ、シベリアに分布し、北アメリカでは栽培種が野生化しています。 茎は角をもって硬く、直立し、高さ30〜100センチメートルで、赤みを帯びた茎の上部は分枝し、散房花序状に頭花をつけます。 葉は互生し、長さ15〜25センチメートルの長楕円形で、羽状に深裂し、披針形の各裂片と中軸の翼には、はっきりとした鋸歯があります。 頭花は黄金色でほぼ平面に並びます。 ヨモギギクの名前は、舌状花をもたない点がヨモギに似るということからつ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/26 07:16
シュウメイギク
10月25日(火曜日) 先勝   シュウメイギクはキクと言う名前が付いていますが、キンポウゲ科アネモネ属の植物です。 英名はジャパニーズアネモネといいます。 多年性の植物で日本の山野にも自生していますが、これは古くに中国から渡ってきたものが野生化したものではないかといわれています。 野生化と言うところからも判りますように日本の気候には非常にあう植物です。 花色は、ピンク、白などがあり、一重咲きの他に八重咲きのものもあります。 花びらに見える部分は実は萼で、茶花としても親しまれてい... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/25 07:24
ニシキハギ
10月24日(月曜日) 赤口   マメ科のハギ属です。 ニシキハギはビッチュウヤマハギとも呼ばれ、本州中部以西・四国・九州、朝鮮・中国に分布する半低木で、幹の下部は木化して越冬します。 このような場合には上部の枝はやや横に広がりますが、あまり垂れ下がりません。 一度刈り取られて再生したものでは、ほぼ茎は直立します。 葉は両面に毛があり、本種の良い区別点です。 花期は8月から10月で、葉群よりも花序は長いですが、ヤマハギほどは長くないようです。 花は紅紫色で蝶弁と翼弁が色濃く鮮... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/24 07:23
ルリマツリ
10月23日(日曜日)  大安   夏の花で、日本の炎天下の気候の中でも次々と花をつけます。 花の色は涼しげな薄いブルーで、夏にはぴったりです。 成長は早めで、ほおっておくと四方八方に枝を伸ばします。 熱帯の植物ですが寒さには案外強く、0℃以下になっても(葉はすべて落ちますが)枯れることはありません。 氷点下が続くような気候の場所では、室内で管理した方が無難でしょう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/23 07:17
ホトトギス
10月22日(土曜日) 仏滅   ホトトギスは山野草として人気の高い植物で東アジア〜インドに約20種類(内、日本原産のものが10種類)が分布します。 名前の由来は花びらの斑点模様が鳥のホトトギスのお腹の模様に似ているところに由来します。 春の新芽にうす茶色の斑が入るものがありそこから油点草(斑が油のしみに見えるので)の別名で呼ばれることもあります。品種ごとの花の個性が楽しく、色々な種類をコレクションするのもおもしろいかもしれません。 属名のトリルキルティスは「3つの距」という意味で... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/10/22 07:15
ツワブキ
div> 10月21日(金曜日) 先負   本州の暖地や九州、沖縄、中国、台湾などに分布する多年草で、厚みのあるフキのような丸い葉っぱを出します。 葉の表面には光沢があり美しく、日陰でもよく育つので古くから庭園の下草として利用されてきました。 晩秋に花茎を伸ばして一重の黄色い花を数輪〜10輪程度咲かせ、花後はタンポポのような綿毛ができて風が吹くとタネが飛んでいきます。 葉は緑色単色のものだけでなく様々な形の斑のはいるものや、表面がくしゃくしゃと縮れたようになる獅子葉と呼ばれるも... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/21 07:16
ツリフネソウ
10月20日(木曜日)  友引   ツリフネソウ科の一年草です。 茎は多汁質で軟弱、毛はなく高さ約80センチメートル、よく分枝し、柄とともに紅色を帯び、節が膨らみ、葉は有柄で互生し、菱状卵形または狭菱形で長さ5〜15センチメートルです。先端はとがり、基部はくさび形、縁に細かい鋸歯があり、側脈が多いです。 7〜10月、茎の上部の葉腋から腺毛のある紅褐色の花柄を出し、紅色で紫斑のある径3センチメートルの花を咲かせます。 花弁は5枚、両側のものは2裂し、萼片は3枚、下方の1枚は大形で距があ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/20 07:10
ダンギク(段菊)
10月19日(水曜日) 先負   ダンギクはクマツヅラ科、カリオプテリス属の多年草で九州北西部に自生しています。 学名をカリオプテリス・インカナといいます。 節にボール状に重なって花をつけるところからダンギク(段菊)と呼ばれます。 キクという名前が付きますが菊の仲間ではありません。 ダンギクに同属の他の品種が交雑して生まれた落葉低木のハナシキブは、鉢植えとして人気があります。 花色は鮮やかな青紫色です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/19 07:16
ヤクシソウ
10月18日(火曜日) 赤口   キク科の一、二年草です。 全体に無毛で、切ると乳液が出ます。 茎は高さ0.3〜1メートル、やや細く堅く、葉はさじ形で茎を抱き、質は柔らかく、裏面は粉白を帯びます。 8〜11月、黄色で径約1.5センチメートルの頭花を多数つけ、頭花は舌状花のみからなり、花期後に下を向きます。 果実には白色の剛毛状冠毛があり、風により散布されます。 日当りのよい低山に普通に生え、日本および朝鮮半島、中国、インドシナに分布しています。 名前は、葉形が薬師如来の光背に似... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/18 07:09
リンドウ
10月17日(月曜日) 大安    リンドウは本州〜奄美諸島の山野に自生する植物です。 リンドウの仲間は約400種類(日本にはそのうち約18種と8変種がある)が分布しています。変種や亜変種が数多くある上に、切り花向きや鉢植え向きに人間によって改良された品種もあり、実際にはもっとたくさんの仲間がいると思われます。 鉢植えとしてよく栽培されているのはリンドウの亜変種に当たる「キリシマリンドウ」やコンパクトになるよう改良された園芸品種の「シンキリシマリンドウ」などです。 また、ピンク色の花... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/17 07:00
ダルマギク
10月16日(日曜日) 仏滅   キク科の多年草です。 亜低木状で、茎の基部が多少木化し、よく分枝します。 葉は密に互生して、重なり合い、9〜11月、径3〜4センチメートルの頭花を枝先につけます。頭花は青紫色の舌状花と黄色の管状花からなり、海岸の岩上に生え、日本海に面した中国地方、対馬海峡に面した九州北部、対馬、隠岐、および日本海側の朝鮮半島、鬱陵島、済州島などに良く分布しています。 花が美しいので、古くからよく栽培されています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/16 07:28
コスモス
10月15日(土曜日) 先負   キク科の春播き一年草です。 アキザクラ(秋桜)、オオハルシャギク(大春車菊)とも言い、メキシコ原産です。 草丈は2メートルほどになり、葉は対生し、細く裂けた羽状葉をつけ、花は茎頂につき、桃、赤、白色などがあり、径6〜8センチメートルで、一重のほか中心部の管状花が発達した丁字咲きや八重咲きがあります。 元来は短日植物で秋に開花する花ですが、最近は改良が進み、日長に関係なく播種後70日ほどで開花する早咲き品種がつくられ、センセーション、ラジアンス、ベルサ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/15 07:08
アノダ
10月14日(金曜日) 友引   アオイ科アノダ属の多年草です。 アメリカの南西部から中央アメリカに分布しています。 高さは60〜120センチになります。 葉や茎には剛毛が生え、花は6月ごろから霜の降りるまで咲き続けます。 花は淡い赤紫色で切り花にも使えますが、一日花です。 霜が降りると地上部は枯れますが、凍上しなければ越冬します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/14 07:19
シュクシャ
10月13日(木曜日) 先勝   ショウガ科の多年草です。 高さ3メートルに達し、根茎は横走し、偽茎は直立し、葉は線状披針形で長さ15〜35センチメートル、幅4〜7センチメートル、全縁で無毛です。 偽茎から離れて花茎を出し、球形の穂状花序をつけます。 果は堅く、直径約2センチメートルの長卵形、褐色で表面に刺状突起があり、内部は3室に分かれて、各室に12〜16個の種子が入っています。 ベトナム、ミャンマー、タイ、インドネシアに分布し、栽培もされています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/13 07:12
アキノノゲシ
10月12日(水曜日) 赤口   キク科の一、二年草で、低地の草地に普通にみられます。 大形で、直立する茎は太く、高さ1〜2メートルになり、葉は黄褐色を帯び、多くは羽状に分裂します。 8〜10月ごろ径2センチメートルほどの淡黄色の頭花を多数咲かせます。 頭花をつくる小花は舌状花のみで、黒色の痩果には冠毛があり、風散布されます。 和名は、花がノゲシに似て秋に咲くことによります。 日本、朝鮮、中国に分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/12 07:02
ケナフ
10月11日(火曜日) 大安   アオイ科の一年草です。 茎は直立し、高さ3、4メートル、赤色を帯びることもあります。 葉は掌状に深く3〜5裂して先はとがり、夏、葉腋に2、3個ずつ花を咲かせます。 花は径約10センチメートルの白黄色の5弁花で、中心部が暗赤色で美しいです。 アフリカまたはインド原産と考えられ、茎から繊維をとるために熱帯から温帯にかけて栽培されています。 播種後、4〜5か月で収穫し、繊維はジュートに似て、その代用として麻袋や網、ロープなどをつくり、製紙原料ともなりま... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/11 06:42
オオユウガキク
10月10日(月曜日) 仏滅  体育の日   オオユウガキクの花はヨメナと同じく夏の盛りを過ぎた頃から秋に咲きます。 茎の上部が数多く枝分かれして、先端に頭花をつけます。 頭花には筒状花と舌状花があり、内側の筒状花は黄色、外側の舌状花は淡青紫色です。そう果の冠毛はヨメナに比べてやや長く、不等長で、冠毛は開ききった花を分解しないと見ることは出来ません。 オオユウガギクの葉は互生して柄はなく、縁に粗い鋸歯があります。 葉の表面は微短毛があるほか、光沢もあります。 中国地方では、秋に淡... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/10/10 07:20
シュクシャ
10月9日(日曜日)先負   ショウガ科の多年草です。 高さ3メートルに達し、根茎は横走し、偽茎は直立し、葉は線状披針形で長さ15〜35センチメートル、幅4〜7センチメートル、全縁で無毛です。 偽茎から離れて花茎を出し、球形の穂状花序をつけます。 果は堅く、直径約2センチメートルの長卵形、褐色で表面に刺状突起があり、内部は3室に分かれて、各室に12〜16個の種子が入っています。 ベトナム、ミャンマー、タイ、インドネシアに分布し、栽培もされています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/09 07:14
キンモクセイ
10月8日(土曜日) 友引   主に庭木として観賞用に植えられています。 秋になると小さいオレンジ色の花を無数に咲かせ、芳香を放ちます。 芳香はギンモクセイよりも強く、雌雄異株ですが、日本では雄株しか入っていないので結実せず、雄しべが2本と不完全な雌しべを持ちます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/08 07:09
ミゾソバ「別名かえるぐさ」
10月7日(金曜日)先勝   タデ科の一年草です。 茎は地をはい、節から根を出し、高さ30〜70センチ、逆向きの刺があり、葉は互生し、卵状矛形で長さ4〜10センチ、先端はとがり、基部は三角状耳形に張り出します。 葉質は薄く、両面に逆刺と星状毛がまばらに生え、表面は光沢がなく、八字形の黒斑があります。 柄に緑色の狭翼が出ます。 8〜10月、枝先に約10個の白色花または帯紅色花を頭状につけ、花被は五枚で、痩果はソバ(タデ科の一年草)に似た三稜のある卵形で褐色、光沢はなく、宿存する花被に... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/07 07:18
スズムシバナ
10月6日(木曜日) 赤口   キツネノマゴ科のイセハナビ属です。 山地の林下の陰地に生える多年草で草丈は30〜60cm茎は直立し四角形です。 葉は対生し長さ4〜10cm幅3〜6cmの広卵形で、花は枝先に数個つき花冠は淡紫色で長さ約3cmほど。 思っていたよりかなり大きな花で林下でもよく目立ち、花は午前中に咲き午後には萎びてしまう一日花です。 和名は鈴虫の鳴く頃に咲くことから名づけられたと言います。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/06 07:26
カリガネソウ
10月5日(水曜日) 大安   クマツヅラ科の多年草です。 茎は高さ0.8〜1.2メートルで、全草に強い香りがあります。 葉は対生し、広卵形で先は鋭くとがり、縁辺に鈍い鋸歯があり、8〜9月、葉腋に花茎を伸ばし、集散花序をなして青紫色の花を咲かせます。 花冠の基部は筒状、先は唇形状に大きく開き、4本の雄しべと花柱が湾曲して花冠外へ長く飛び出ます。 北海道、本州、四国、九州の丘陵帯や山地帯の渓流の岸や日陰の林縁に生え、朝鮮、中国にも分布しています。 名前は、花の形をカリ(雁)の飛ぶ姿... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/05 07:02
サガリバナ
10月4日(火曜日)仏滅   サガリバナ科の中高木です。 葉は枝先に束生し、ほぼ無柄、倒卵状長楕円形で長さ10〜30センチメートルで、縁は波状で、若葉は赤褐色を帯びます。 総状花序は下垂して長さ約50センチメートルに達し、花は白ないし淡紅色です。 雄しべは多数あり、刷毛状で長さ3〜4センチメートルです。 果実は卵形で長さ約5センチメートルで、マングローブ林の後背地や湿地に生え、奄美大島以南、および東南アジア、インドに分布しています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/04 07:17
キバナアキギリ「黄花秋桐」
10月3日(月曜日)先負   シソ科のアキギリ属で多年草です。 本州〜九州の山地の木陰に生え、茎は四角で高さ20〜40cmになります。 葉は対生し長い柄があり、三角状ほこ形で長さ5〜10cm、幅4〜7cm、鋸歯があります。 茎の先に黄色の唇形花が穂状つき、花冠は長さ2.5〜3.5cmあり、上唇は立ち上がり、下唇は3裂して前に突き出ます。 萼は唇形で、毛が生えていて、花期は8〜10月ごろになります。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/03 11:18
ホソバウンラン
10月2日(日曜日)友引   ゴマノハグサ科のウンラン属です。 ヨーロッパ原産の多年草で、繁殖力が強く、日本には大正初期に渡来し現在では北海道、近畿地方を中心に雑草化しています。 茎は直立し、高さは15−80センチで、葉は互生し長さ2−6センチ、幅1−5ミリのごく細い線形で葉柄はありません。 茎の先に総状花序を付け黄色い花を咲かせ、花には細長い距があり長さ2センチほどで、上下2唇に別れ、下唇には濃黄色のふくらみがあります。 日本のウンランと酷似していて、花期は6−10月で、道路脇き... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2011/10/02 07:08

トップへ | みんなの「花」ブログ

「思うがままに・・・」 花のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる